カペラステークス2019の過去10年データ分析|注目すべきポイントは3つ!!

Pocket

カペラステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
カペラステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は阪神ジュベナイルフィリーズが行われますね。

個人的には相性のいいレースなんですが

やっぱり2歳戦だとちょっとやる気が起きないんですよね~

 

そんなやる気の薄いGIであることを見越してか

今週の中山競馬場メインでは
G3カペラステークスが行われます。

これはナイスな選択ですね!!

 

ダート1200mの重賞って後にも先にも
カペラステークスしかないので

まあ、ここを狙ってくる馬たちがやってきて
毎年のように激戦が繰り広げられます。

激戦が繰り広げられるという事は

”レースの傾向が偏りやすい”

という事なので、是非ここは的中させたいレースです。

 

そんなカペラーステークスのデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

カペラステークス2019は中山競馬場ダート1200mで行われています。

前述した通り、ダート重賞としては唯一の1200m戦です。

トリッキーな中山競馬場のコースと相まって

どれだけタフなレースに耐えられるか?

という事が問われるコースになっています。

 

そんなカペラステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

カペラステークス、過去10年のデータ分析

異端のダート戦!差し馬が台頭するレース

まず、最初に注目したのはカペラステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はカペラステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

回収率の面で見てみると

脚質の有利不利はないように思えますが
好走率の面を見てみると差し馬が有利です。

 

基本的にダートは逃げ・先行馬が有利なので

だいたいどのコースでも先行馬の方が好走率は良いのですが

カペラステークスに限っては逆の傾向を見せています。

 

唯一の1200m重賞という事で

各馬がレースの主導権を握ろうと先頭争いに加わり
流れが激化することで、後方からの馬が届きやすい

という状況が生まれています。

 

 

ここでカペラステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン6位以下の馬は連対が出来ていません。

 

ダート戦ではありますが

しっかりとした末脚を持っている馬を上位に取りたいですね。

 

 

阪神ジュベナイルフィリーズはあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で阪神ジュベナイルフィリーズの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

タフなレースこそ距離短縮臨戦がベスト!

次にカペラステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

前走で1200m戦を走った馬と
前走で1400m以上のレースを走った馬は

複勝率と複勝回収率で倍近い差があります。

 

何度も話していますが、

カペラステークスは激戦になる1200m戦

通常の1200m戦よりも体力を消耗するレースになっています。

 

ですので、前走で1200m戦を使い
一般的な1200mのペースに慣れた馬が出走すると

最後にバテてしまいます。

スタミナを要するレースの経験が大切ですね。

 

カペラステークスにおける
過去10年の前走着順別成績を見てみると

 

前走で10着以下に負けた馬は苦戦傾向にあります。

激流を乗り越えるためには

前走で好走した勢いも必要だというデータが出ています。

 

ここはシンプルに前走内容を評価して予想をしたいですね。

 

 



 

動ける体制での出走は必須!レース間隔を空けての出走すは苦戦

次にカペラステークスにおけるレース間隔別成績を見てみましょう。

レース間隔が1ヶ月以内で出走している馬は

回収率が100%を超えている反面

1ヶ月を超えると途端に成績が悪くなります。

 

口が酸っぱくなるくらいに話をしていますが
カペラステークスは激しいレースになる傾向にあるので

直近にレースを経験して

心も体も動ける体制にあることが大切です。

人間が連休明けの月曜日にテストをしても

頭が働かないのと同様に、

馬も大一番を迎えるにはそれなりの準備が必要になります。

 

次にカペラステークスの牝馬の成績を見てみましょう。

牝馬は14頭出走して馬券絡みが2頭

こういったタフなレースは牝馬向きではありません。

 

最後にカペラステークスの年齢別成績を見てみましょう。

5歳馬がもっとも好成績を収めていて

4歳馬、6歳馬がそれに続いていきます。

 

タフなレースゆえに3歳馬がメンタル面で苦戦をして

スピード勝負の1200m戦なので
7歳以上はスピード負けする

というシンプルな構造になっています。

 

 

以上がカペラステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

カペラステークスはタフな中山競馬場で行われるうえに
唯一の1200mの重賞レースという事で

相当にタフなレースになっています。

 

通常の1200m戦とは勝手が違うので

1400m以上のレース経験があった
馬の方が乗り切りやすくなっています。

また、ペース激化により差し馬が届きやすいのも特徴です。

 

それ以外にも

牝馬が苦戦している点

レース間隔を詰めて出走した馬が好走している点

など、タフなレース特有の傾向が出ているので

そのあたりをしっかりと考慮したいですね。

 

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がカペラステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑