【京都牝馬ステークス2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都牝馬ステークス2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都牝馬ステークス2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都牝馬ステークスはヴィクトリアマイルを目指す馬が集まる重賞レースです。


(写真は2019京都牝馬ステークス デアレガーロ)

京都牝馬ステークスはヴィクトリアマイルを目指す馬が集まる重賞レースです。

GIを狙う立ち位置にある重賞レースではありますが
平坦である京都競馬場に加えて
非根幹である1400mという事もあり

ヴィクトリアマイルとの親和性は
それほど高くないレースになっています。

過去の勝ち馬を見てみると

ミスパンテール、レッツゴードンキ、

クイーンズリング、ウリウリ、ドナウブルー

と実力馬が名を連ねますが、適性はそれぞれで

実力重視のレースになっているのが特徴ですね。

 

そんな京都牝馬ステークス2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

サウンドキアラ 松山 2.8倍
ドナウデルタ 3.7倍
シゲルピンクダイヤ 4.4倍(京都金杯と両にらみ)
リナーテ 7.9倍
ビーチサンバ 8.0倍
ディアンドル 9.5倍
プールヴィル 10.9倍
アルーシャ 12.2倍
メイショウショウブ 四位 15.7倍
プリディカメント 19.3倍
アマルフィコースト 22.0倍
メイショウグロッケ 22.9倍
ディメンシオン 24.8倍
ノーワン 27.9倍
モアナ 33.5倍
リバティハイツ 50.7倍
ネリッサ 79.1倍
メイショウケイメイ 130倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

安定感が持ち味の リナーテ

昨年は重賞勝ちこそなかったものの
重賞で安定した成績を残したリナーテ

前走の京阪杯では、5着と馬券圏内に入ることは出来ませんでしたが
展開と枠順が向かなかっただけで悲観する内容ではありません。

京王杯スプリングカップで2着
キーンランドカップではタワーオブロンドンと差のない3着と
持っている能力は十分に足りているので
そろそろ重賞勝利を収めたいですね。

昨年の京都牝馬S3着馬 アマルフィコースト

昨年の京都牝馬ステークスでは13番人気と
超人気薄でしたが、3着に粘ったアマルフィコースト

昨年の京都牝馬ステークスを機に阪神牝馬ステークスでも2着
オープンクラスでも常に勝ち負け出来る力を手に入れました。

前走のタンザナイトステークスでは久しぶりの1200m戦で
4着と粘り切れませんでしたが、1400mに戻れば
アマルフィコーストのパフォーマンスは上がっていきそうです。

京都金杯勝ち馬の サウンドキアラ

前走の京都金杯ではスピードを見せつけて
見事に勝利したサウンドキアラ

昨年のヴィクトリアマイルでは格上げ挑戦の身でありながら
7着と健闘したその素質を十分に見せましたが
京都金杯で完全に才能が開花しました。

春の目標はヴィクトリアマイルですが
今回の京都牝馬ステークスを勝って勢いをつけたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。