【小倉大賞典2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【小倉大賞典2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは小倉大賞典2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

小倉大賞典は冬場に行われる名物のローカル重賞レースです。


(写真は2019小倉大賞典 スティッフェリオ)

小倉大賞典は冬場に行われる名物のローカル重賞レースです。

小倉競馬場芝1800mという小回りコースで行われるので
当然、ある程度先行力を持った馬の方が上位に来るレースになります。

その中でもただの適性があるだけでは勝てない結果になっているのも特徴的です。

昨年の勝ち馬 スティッフェリオ は重賞3勝を挙げていますし

それ以前の勝ち馬を見てみても

マルターズアポジー、カレンブラックヒル

アルバートドック、ラストインパクトなど

重賞を複数勝っている馬が名を連ねており

適性と能力のバランスを考える必要がありそうですね。

 

そんな小倉大賞典2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ヴェロックス 川田 2.0倍(京都記念・中山記念と両にらみ)
レイホーロマンス 4.9倍(ダイヤモンドSと両にらみ)
ジナンボー 6.7倍
カデナ 8.5倍
テリトーリアル 9.8倍
エメラルファイト 12.0倍
タニノフランケル 19.1倍
ナイトオブナイツ 23.9倍
ドゥオーモ 24.5倍
アロハリリー 26.1倍
アウトライアーズ 40.6倍
ミライヘノツバサ 48.0倍
アンノートル 56.7倍
ランスオブプラーナ 85.9倍
サイモンラムセス 152倍
インビジブルレイズ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

小回りで改めての カデナ

昨年は小回りコースで活躍をしていたカデナ

前走の中山金杯では、前が残る競馬になっており持ち味を発揮できず
前々走の天皇賞秋では力負けとここ2戦は結果を出せていませんが
小倉大賞典の舞台である小倉芝2000mはカデナにとってフィットした舞台

適性のある舞台である今回はカデナにとって
今後を占う一戦になりそうですね。

名牝アパパネの子供 ジナンボー

前走のジャパンカップでは流石に荷が重くて
惨敗してしまいましたが、2走前の新潟記念では2着と
重賞で勝ち負け出来る能力を見せたジナンボー

牝馬3冠レースを制した名牝アパパネの子供で
底知れないスケール感を持った馬ですが
走る時と走らない時の差が激しい気分屋気質

新潟記念での走りが出来れば、
今回の小倉大賞典でも十分に勝ち負け出来ます。

復活が待たれる エメラルファイト

前走の京都金杯では自分の競馬が出来たものの
勝ち馬には届かず6着に敗れてしまったエメラルファイト

3歳時はスプリングステークスで勝利しているように
小回りコースで持ち味を発揮するタイプの馬

負けたレースでも惨敗はしておらず
どこかで一発穴を開けそうな雰囲気が漂っているので
小倉大賞典でも気になる伏兵になりそうですね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。