【ダイヤモンドステークス2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【ダイヤモンドステークス2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではダイヤモンドステークス2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

ダイヤモンドステークスは東京で行われる最長距離の重賞レースです。


(写真は2019ダイヤモンドステークス ユーキャンスマイル)

ダイヤモンドステークスは東京で行われる最長距離の重賞レースです。

東京競馬場において唯一行われる芝3400mという
長距離のレースなので、生粋のステイヤーが出走してきます。

昨年はユーキャンスマイルが勝利を収め
中距離である新潟記念や天皇賞秋でも活躍しましたが

過去6年でフェイムゲームが3勝

2017年にはステイヤーズステークス3勝の
アルバートがダイヤモンドステークスを勝利

それ以外でもトゥインクル、アドマイヤラクティなど

長距離に特化した馬が活躍をしている点が特徴的です。

 

そんなダイヤモンドステークス2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

タガノディアマンテ 川田 3.1倍
オセアグレイト 5.5倍
タイセイトレイル 6.1倍
レイホーロマンス 7.0倍(小倉大賞典と両にらみ)
ロサグラウカ 8.9倍
メイショウテンゲン 池添 10.2倍
ダノンキングダム 津村 13.1倍
サトノティターン 13.5倍
バレリオ 14.6倍
ヴァントシルム 16.8倍
ポポカテペトル 17.3倍
リッジマン 18.4倍
レノヴァール 四位 21.0倍
ノチェブランカ 33.4倍
ホウオウドリーム 46.4倍
ステイブラビッシモ 52.2倍
ララエクラテール 66.8倍
アドマイヤジャスタ 74.9倍
ミライヘノツバサ 90.3倍
ウインテンダネス 131倍
マコトガラハッド 160倍
タイセイモナーク(出走回避)
プリンスオブペスカ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

スタミナ豊富な ロサグラウカ

ルーラーシップ産駒らしくスタミナを武器に走るロサグラウカ

精神的な弱さを持っている馬なので
凡走と好走の差は激しいタイプではありますが
前走のグレイトフルステークスは完勝。

軽ハンデが予想されるダイヤモンドステークスでも
一発をかませる可能性は十分にあります。

勝負の年になる メイショウテンゲン

3歳時は弥生賞こそ勝利したものの
クラシックではことごとく惨敗してしまい
一線級で活躍する事が出来なかったメイショウテンゲン

母親メイショウベルーガが示す通り、未勝利戦でのレースぶりは
将来性を感じさせるもので、古馬になって成長していけば、
大輪の花を咲かせる可能性はあります。

前走のステイヤーズステークスでは4着
今回のダイヤモンドステークスで結果を出すことが出来れば
再びGI戦線での戦いに挑めそうなので
メイショウテンゲンにとっては重要な1戦となります。

抜群の長距離適性を持つ リッジマン

2018年のステイヤーズステークスでは
1番人気に応えて勝利をしているリッジマン

ダイヤモンドステークスでも2着の実績があるように
長距離では抜群の安定感を持っている馬です。

昨年の秋は京都大賞典、ステイヤーズステークスと
凡走してしまいましたが、レースを使って
更に上昇してすれば、復活は十分に有り得ます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。