【共同通信杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【共同通信杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは共同通信杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

共同通信杯はクラシックと密接に関わる重賞レースです。


(写真は2019 ダノンキングリー)

共同通信杯はクラシックと密接に関わる重賞レースです。

東京芝1800mという瞬発力勝負の舞台で
かつては皐月賞よりも日本ダービーにつながる
レースとして知られていましたが、
最近は皐月賞で活躍する馬を輩出するレースとなりました。

昨年の勝ち馬ダノンキングリーは皐月賞3着、日本ダービー2着と
勝ちこそなかったものの主役の1頭として活躍をしました。

イスラボニータ、ゴールドシップ、ディーマジェスティ

の3頭が近年では共同通信杯から皐月賞を制しており

それ以外にも、スワーヴリチャード、リアルスティールなどの
GI馬を輩出しているレースなので

共同通信杯の勝ち馬はそれだけで注目が必要ですね。

 

そんな共同通信杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

マイラプソディ 武豊 1.5倍
フィリオアレグロ デムーロ 4.3倍
サトノインプレッサ 8.0倍
ダーリントンホール ルメール 8.4倍
ビターエンダー 9.5倍
ココロノトウダイ 10.1倍
マートルフィールド 13.6倍
シングンバズーカ 15.9倍
コンバットマーチ 16.7倍
エン 21.7倍
スウィートメリナ 35.3倍
アジュバント 69.8倍
シコウ 141倍
サトノゴールド(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

京都2歳ステークスを完勝した マイラプソディ

前走の京都2歳ステークスを単勝1.5倍という
圧倒的な人気応えて完勝したマイラプソディ

新馬戦から3戦続けて単勝1倍台で出走して
どのレースでも結果を出してきました。

今年は牡馬も牝馬もハーツクライ産駒の当たり年となっていますが
マイラプソディもクラシックで主役を張れる資格を備えた馬です。

共同通信杯でしっかりと結果を出して
皐月賞、日本ダービーへと向かいたいところです。

3戦2勝の ココロノトウダイ

新潟競馬場、福島競馬場とローカルな場所しか
勝てていないものの3戦2勝と可能性を見せるココロノトウダイ

いずれのレースも上がり3ハロンのタイムで最速を記録しており
地方場所からの臨戦でありますが、ここは通用する可能性があります。

東京競馬場では良績を見せるエイシンフラッシュ産駒
共同通信杯では最大の惑星になりそうです。

サトノクラウンの弟 フィリオアレグロ

キャリアは1戦のみとなっていますが
ディープインパクト産駒で素質が認められるフィリオアレグロ

母親がジョコンダ、サトノクラウンの弟という事で
より一層の素質が期待出来ますが
サトノクラウンが父マルジューだったのに対して
フィリオアレグロは父ディープインパクト。

共同通信杯のようなスピード馬場への適性は
フィリオアレグロの高そうなので、ここは期待をしてみたいですね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング