【京都記念2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都記念2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都記念2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都記念は伝統のある古馬中距離重賞レースです。


(写真は2019京都記念 ダンビュライト)

京都記念は伝統のある古馬中距離重賞レースです。

京都記念は非根幹と言われる2200mという
距離設定で行われるレースであるだけに

体力があって、直線の長いコースでの
末脚勝負が苦手な馬が活躍しやすいコースになっています。

昨年は体力勝負に自信のあるダンビュライトが勝利して

その前はクリンチャー、サトノクラウン、ラブリーデイ

デスペラード、トレイルブレイザー、トゥザグローリー

など、スタミナ型の馬が圧倒的に有利なレースになっており

舞台適性に注目の集まるレースです。

 

そんな京都記念2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

クロノジェネシス 2.7倍
カレンブーケドール 津村 2.9倍
クラージュゲリエ 川田 5.8倍
ステイフーリッシュ 岩田 6.1倍
アルメリアブルーム 12.9倍
ドレッドノータス 19.5倍
ノーブルマーズ 高倉 33.6倍
ガンコ 51.2倍
プリンスオブペスカ 75.1倍(ダイヤモンドSと両にらみ)
アメリカズカップ 129
ヴェロックス(出走回避)
パフォーマプロミス(出走回避)
ダンビュライト(出走回避)
ラストドラフト(出走回避)
ソウルスターリング(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ダービー6着の クラージュゲリエ

昨年は日本ダービー6着、皐月賞5着と
一線級を相手に引けを取らない競馬を見せたクラージュゲリエ

GIでは一歩届かなかったものの
京都2歳ステークスを勝利して
共同通信杯3着、札幌2歳ステークス3着と
どんな場所でも常に安定した走りを見せるクラージュゲリエにとって
京都記念の舞台である京都芝2200mも十分にこなせるコース。

天皇賞春や宝塚記念を狙う上で、ここは凡走できない舞台です。

昨年の勝ち馬 ダンビュライト

昨年の京都記念を勝利しているダンビュライト

ルーラーシップ産駒らしいスタミナ型の馬で
ジャパンカップのような舞台よりも
非根幹距離で行われる京都記念の方が断然にいい馬。

一時期は停滞気味の成績になりましたが
昨年は京都大賞典も2着して健在ぶりをみせました。

コース適性を武器に京都記念連覇を狙いたいところです。

天皇賞春3着の実績を持つ パフォーマプロミス

前走の天皇賞春では、フィエールマン、グローリーヴェイズに続く
3着とGIでも通用する力を見せつけたパフォーマプロミス

G2はアルゼンチン共和国杯、日経新春杯で2勝を挙げており
スピード勝負ならGIでも十分に通用する馬。

今回の京都記念では、天皇賞春以来の久々の競馬である事に加えて
体力を求められるコースである点など
超えなくてはいけない壁はいくつかありますが
パフォーマプロミスの地力なら十分に勝負になりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。