2014レパードS、小倉記念予想|当日の天候と馬場が鍵!?

Pocket

今日の重賞はレパードSと小倉記念

双方とも混戦ともいえるメンバー構成である上に
台風の接近に伴う天候の崩れから馬場も微妙。

という非常に難しい条件にあります。

土曜日のレースもそうでしたが直前まで
予想が固まらない状態である事は致し方ないでしょう。

ですが、目安になる予想をここでお届けしたいと思います。

まずはレパードSから

最初に新潟ダート1800m戦の特徴からおさらいです。

新潟ダート1800mデータと特徴

このレースの特徴はスピード馬の活躍です。

ダート戦でありながらサンデー系の種牡馬が幅を利かせている点でも顕著な特徴ですね。

本命は アスカノロマン です。

前々走の鳳雛ステークスで見せたスピードは非常にパフォーマンスの高いものでした。
結果はカゼノコには差されましたが、3着以下は完封。

このスピード能力は現3歳世代では屈指の存在と言えます。
素直に信用しましょう。

相手はサンデー系種牡馬で前でのレースが出来る馬をチョイスします。
ランウェイワルツ、レッドアルヴィス、ナンヨーマーク、
スピナッチ、アムールスキー、ノースショワビーチの6頭

アスカノロマンはかなり人気になる事が予想されますし
メンバー的に見限れない馬が多く、相手を絞れない事から
このレースは勝負には相応しくないと思いますが
買うならこの6点の馬連といったところでしょうか。

もう一つの重賞小倉記念、こちらの方が勝負出来そうなメンツですが
馬場状態はよく確認しておく必要があるでしょう。

最初に小倉芝2000mの傾向を確認します。

小倉芝2000mデータと攻略法

スピードコースですが、平坦コースという事もあり
各馬が早目に仕掛けをはじめ消耗戦となるスタミナ勝負の様相を呈しているのが特徴

その中で外枠に集まったディープインパクト産駒がどのような走りをするか
という事に注目が集まりますが

本命は メイショウナルト です。

当日の馬場が気になるところですが
最内枠を引き当て、コース適性と合わせて
最も恩恵を受けそうなのが、この馬

前走勝っている点で妙味が薄いのが唯一の難点ですが
素直にこの馬の能力を買おうと思います。

対抗は馬場の回復を条件に ラストインパクト

今年の小倉大賞典の勝ち方は強いの一言
今回大外枠でどこまでのパフォーマンスを見せられるかは疑問符がつきますが
スムーズにレースを進められれば、適性と能力のバランスから外せません。

3番手には タムロスカイ

この馬も内枠を引き当てて、今回のレースで最も恩恵を受けそうな1頭
当然能力は足りていませんが、穴を開けるとしたらこの馬です。

サトノノブレスを始めとしたディープ産駒は今回のメンバーでは
当然能力上位ですが、スタミナ勝負で胸を張れる馬が見当たりません。

これらの馬は切るには材料が足りませんが、妙味は少ないでしょう。
妙味がある馬はローゼンケーニッヒ、ミキノバンジョー、マデイラ
この辺りでしょう。

手広く買うならメイショウナルトから上の馬+ディープ産駒への9頭への馬連
メイショウナルト、ラストインパクトからの3連複流し8頭の17点勝負

勝負をするなら、メイショウナルトから上の5頭への馬連流しと
3連複1頭軸の相手5頭の15点勝負

馬場の状態が悪ければ悪いほど、ディープ産駒の成績は下降していくので
大穴狙いが出来そうです。

直前まで様子を伺って判断して下さい。