ステイヤーズステークス2019の過去10年データ分析|最長距離重賞で活躍出来る馬とは??

Pocket

ステイヤーズステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ステイヤーズステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ今年最後の開催となる

中山、阪神、中京開催が始まりますね~

 

最後の中山開催となると

有馬記念の様子が気になってきますよね。

 

今年の有馬記念はここを最後に引退する馬達が多数いて

感慨深いレースになりそうです。

宝塚記念勝ち馬の リスグラシュー

昨年の2着馬である レイデオロ

昨年の3着馬である シュヴァルグラン

安田記念2年連続の2着 アエロリット

エリザベス女王杯2年連続の2着 クロコスミア

 

リスグラシューなんてまだ一年やれそうですけどね。

ただ、無事に引退してもらうのも

ファンの願いなので、怪我なく走ってほしいですね。

 

なんとなく好きな馬を買いたくなるメンツですが

私はプロ予想家なので、高い期待値を出すべく馬券を買いたいと思います。

 

 

さて、今週は中山開催の名物重賞レース

ステイヤーズステークスが行われます。

こちらは年に一度しか行われない舞台なので

過去のデータを参考にしながら、データ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

ステイヤーズステークス2019は中山競馬場芝3600mで行われています。

年に一度、そしてJRA史上最長距離のレース

という特徴だらけのコース設定であるだけに

スタミナと舞台適性が問われるコースになっています。

 

そんなステイヤーズステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ステイヤーズステークス、過去10年のデータ分析

マラソンレースでも差し・捲りが通用するレース

まず、最初に注目したのはステイヤーズステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はステイヤーズステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

4コーナーでの成績だけを見ると
先行馬に分があるように見えますが

実はステイヤーズステークスは先行馬有利のレースではありません。

 

 

ここでステイヤーズステークスにおける過去10年の
3コーナーでの順位別成績を見てみましょう。

このデータを見ると明らかに差し有利

レースが2周目から動き始めて

後続の馬が前にいる馬を潰して直線を押し切る

という形が見えてきますね。

 

 

ここでステイヤーズステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

JRA最長のコースである割には

上がり3ハロン1位、2位の馬が好成績を収めています。

 

中山芝3600m戦ははっきりとしたスタミナ比べになっています。

スタミナのない馬が中途半端に先行しても

スタミナのある馬の末脚に屈してしまう

という点を前提として考えておきたいですね。

 

 

チャンピオンズカップで買えるのはあの馬だけ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「ターフビジョン」

今週のメインレースはチャンピオンズカップ

ターフビジョンではチャンピオンズカップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「ターフビジョン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ターフビジョン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

 

 

体の重い馬はマラソンレースに適さない?

次にステイヤーズステークスにおける馬体重別成績を見てみましょう。

 

データを見ると一目瞭然で

”馬体の軽い馬が強い”

という事が分かります。

 

人間でもマラソン選手は体が軽く、短距離選手は体が大きい

という特徴があるように、

競走馬も体が軽い方が長距離はこなしやすい

という事が分かりますね。

 

またステイヤーズステークスの前走レース名別成績を見てみると

前走で2400m以上のレースを使った馬の

成績が良いという点が目立ちます。

 

3600m戦でなくてもタフな中山競馬場ですので

やはりスタミナは必要です。

特に格式が高くて、レース間隔を置くことが出来る

京都大賞典組の活躍は見逃せないですね。

 

 



 

無理な穴狙いは禁物!力通りに決まりやすい条件!

ステイヤーズステークスはJRAでも唯一の条件で

行われるレースなので、この舞台への適性は重要です。

 

ステイヤーズステークスにおける種牡馬別成績を見てみましょう。

アルバートが3連覇しているのでアドマイヤドン産駒が3勝

デスペラードが連覇しているのでネオユニヴァース産駒が2勝

トウカイトリックが5年連続で走っていてエルコンドルパサーが上位

と、特殊な条件であるゆえに、決まった馬が活躍しています。

 

俗にいう「リピーターレース」ですね。

今年はアルバート、リッジマンなどの過去の勝ち馬が出走を予定して

去年の3着馬であるモンドインテロも出走を予定

近走は冴えを見せていない上記3頭ですが

無視することが出来ない馬達ですね。

 

最後にステイヤーズステークスの人気別成績を見てみましょう。

1番人気馬の単複回収率も素晴らしい数値ですが

4番人気以内の馬の成績を見てみると

【8.7.8.17】

と、堅実な成績を残しています。

 

長距離適性を十分に把握したうえで

陣営は馬を出走させてくるので

特殊条件だからこそ、堅い決着になっている。

という事を抑えておきたいですね。

 

 

以上がステイヤーズステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

ステイヤーズステークスは中山競馬場芝3600mという
JRAで唯一の条件で行われるレースなので

当然、スタミナが豊富な馬が強くなります。

上がりの速い馬が上位に入ってくる
差し・捲りが有利なレースなので

まずは長距離で差せる馬を選ぶ

という事が大切になります。

 

また、馬体の軽い馬が強い。

リピーターが強い、堅い決着になりやすい

という特徴があるので、それらも活かしたいですね。

 

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がステイヤーズステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味はありませんが、一番確率が高いと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。