チャンピオンズカップ2019の過去10年データ分析|勝ち馬は全て〇〇経由の馬だった!

Pocket

チャンピオンズカップ2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
チャンピオンズカップ2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬をやっていると

”惜しい決着で終わるレース”

って、結構ありますよね。

 

私が先週の土曜日に買ったキャピタルステークスも
そんなレースの一つでした。

本命にしたのは単勝56.1倍で12番人気という

超人気薄馬のサトノフェイバー

 

前走は激流に巻き込まれての敗戦で
悲観する内容ではなかったという点と

ゼンノロブロイ産駒の休み明け、外枠

と、良い材料が揃っていたので、

サトノフェイバーから馬券を買ったんですよね~

 

相手は人気馬である

レッドヴェイロン、ソーグリッタリング、サトノアーサーの3頭

そして、重賞2戦で悪い内容ではなかったドーヴァーを加えて4点勝負

 

レースが始まるとサトノフェイバーが、

大逃げする馬の2番手につけて
良い感じで直線伸びてくる

そして、内からドーヴァーが伸びてきて

「これは大万馬券か!?」

という決着を夢見た刹那、外からレッドヴェイロンが差して2着…

 

あまりにも悔しすぎるハズレを経験してしましました。

 

相手4頭だったら3連複1頭軸流しの6点で

941.9倍を手にすることが出来たんですよね~

ただただ、絶望という内容のレースでした(笑)

 

相手を絞ったなら3連複もありだったなぁ
(ワイドは回収率を下げるので微妙)

という事で、今後の糧にしていこうと思った次第です。

 

という事で、今週はチャンピオンズカップが行われますね。

レベルが高く、勢いのある馬が揃っているので

なかなか難しいメンバー構成です。

こういった時に役立つのがデータなので

チャンピオンズカップのデータ分析に行っていき、

馬券的中への道を築いていきたいと思います。

 

 




 

チャンピオンズカップ2019は中京競馬場ダート1800mで行われています。

中京競馬場のダートコースの花形ではありますが

若干トリッキーなコース設定になっていて

先行力と体力が問われるコースになっています。

 

そんなチャンピオンズカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

ちなみに中京ダート1800mという条件になってから
(チャンピオンズカップという条件が確立してから)

まだ5年しか経っていないので、
実際は5年間のデータでお話をしていこうと思います。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

チャンピオンズカップ、過去10年のデータ分析

中京ダート1800m戦は先行馬を買うべし

まず、最初に注目したのはチャンピオンズカップで活躍する馬の脚質です。
以下はチャンピオンズカップでの4コーナーでの順位別成績です。

複勝率の面でも、回収率の面でも

先行馬が圧倒的に有利です。

中京ダート1800mというコースは
中京競馬場を1周する設定になっているので

後方に控えて、外目を追走する馬は
大きな距離ロスの抱えることになります。

 

加えて、中京競馬場の4コーナーは
他の競馬場と比較すると傾斜がきついので

差し馬は二重にロスを抱える形になります。

 

 

ここでチャンピオンズカップの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

先行馬が有利な条件の割には

上がり3ハロン1位、2位の馬が好成績を収めています。

 

ただ、過去5年の結果で馬券に絡んでいる

約4割の馬が上がり3ハロン6位以下

と、実際の数字を見てみると

先行馬有利の傾向に間違いはありません。

チャンピオンズカップは先行馬有利

 

この原則を抑えておきたいですね。

 

 

チャンピオンズカップ、勝利宣言が出ているのはあの馬!

今週「GLORIA(グロリア)」の無料会員に登録してくれた人には
チャンピオンズカップの厳選情報を無料で提供します。

「GLORIA(グロリア)」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「GLORIA(グロリア)」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「GLORIA(グロリア)」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

チャンピオンズカップ勝ち馬は全て地方交流重賞経由

次にチャンピオンズカップの人気別成績を見てみましょう。

1番人気馬の複勝率は60%、複勝回収率は94%

と、上々の成績を残しています。

 

ただ、勝ち馬の人気を見てみると

1番人気から8番人気までばらけています。

このデータは50倍以下で取っているので勝ち馬は4頭ですが

2015年に単勝66.4倍(12番人気)で勝利した

サンビスタを入れても、かなり勝ち馬はバラエティーに富んでいると言えます。

 

一見すると、統一性のない勝ち馬達ですが
ここには一つルールがあります。

それは前走で地方交流GIを使っているという点

 

チャンピオンズカップにおける過去10年の
前走出走レース別成績を見てみると

 

JBCクラシック経由が2勝

南部杯経由が2勝

JBCレディスクラシック経由が1勝

と、全て地方交流GIを経由しています。

 

チャンピオンズカップはダートの頂上決戦である事に加えて

中距離の1800mという事もあり

かなりタフなレースになります。

 

深いダートでレベルの高い相手と戦った馬は

タフな競馬に耐えられる土壌があるという事ですね。

 

 



 

混戦に向きやすい条件を選ぶべし!

チャンピオンズカップはタフなレースになる

という点については前述した通りですが

タフなレースに対応できるローテーションを経由した馬は

如実に活躍する傾向にあります。

 

チャンピオンズカップにおける前走頭数別成績を見てみましょう。

前走少頭数でレースをした馬は

複勝回収率 45%

前走多頭数(同頭数)でレースをした馬は

複勝回収率 100%以上

と、明確に差が出ています。

 

少頭数で揉まれない競馬をした馬は厳しいですね。

 

次にチャンピオンズカップの年齢別成績を見てみましょう。

競走馬として、最も旬な時期と言える

3歳馬、4歳馬が苦戦をしている反面

5歳馬、6歳馬が優秀な成績を残しています。

 

キャリアが豊富で、我慢強さを持ち合わせている

ベテラン馬が顔を利かせる舞台だと言えますね。

 

 

最後にチャンピオンズカップの種牡馬別成績を見てみると

 

シンボリクリスエス、キングカメハメハ、ジャングルポケット

ネオユニヴァース、ゼンノロブロイ、クロフネ

と、芝でも活躍馬を出している血統が活躍

 

馬群から抜け出すことの出来るスピードを

持っている馬が活躍している

という点も見逃せませんね。

 

 

以上がチャンピオンズカップ2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

チャンピオンズカップは、中京競馬場ダート1800mという
コースを1周する条件で行われるレースなので

前に行った馬が有利だと言えます。

かなりタフな条件で行われるレースなので

激しい競馬になる地方交流GI経由の馬が活躍しています。

 

それ以外にも

多頭数競馬の経験があったり、キャリア豊富なベテランであったり

芝でも通用するスピードを持っている馬が活躍できる

という好走条件があるので

そのあたりをしっかりと考慮したいですね。

 

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がチャンピオンズカップ2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑