【ジャパンカップ2019予想】絶対に馬券を買わないのは危険な人気馬はあの馬!

Pocket

ジャパンカップ2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

2019年の下半期も張り切って
このコーナーをやっていますが・・・

MOTO絶不調です!!

 

 

指名する馬、指名する馬、どんどん馬券に絡んできて

もうお手上げ状態です(苦笑)

 

私の場合、切り馬が全体の回収率に影響するタイプなので

本命馬の単複回収率ってそれほど
収支に影響しないんですよね~

 

ですので、いつになく調子が良い

本命馬の単複回収率が何か
歯車を狂わせているような気がします。

 

とはいえ、やることはただ一つ

全力を尽くして予想する事です!!

 

2019年もあと1ヶ月半で終わりですが

残りの期間も全力を尽くしたいと思いますよ!

 

という事で、ジャパンカップの危険馬にいってみましょう!!

 

 

ジャパンカップ2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ムイトオブリガード

です。

 

 

そもそもムイトオブリガードがそんなに人気になるの?

という疑問を持つ方が多いと思いますが

一応、某サイトのジャパンカップ想定オッズを見てみると・・・

1番人気 ワグネリアン

2番人気 ユーキャンスマイル

3番人気 レイデオロ

4番人気 ムイトオブリガード

5番人気 カレンブーケドール

 

となっていたので、この想定オッズを信頼して

”一応は人気馬ですよ”

という想定で話をしていきたいと思います。

 

前走でアルゼンチン共和国杯を勝って、
勢いに乗っている上に、

今回はルメール騎乗

というムイトオブリガードがなぜ
アルゼンチン共和国杯2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

前走120%のパフォーマンス!そもそもの地力は??

ムイトオブリガードは前走のアルゼンチン共和国杯で
初の重賞制覇を飾っていますが

このレースはムイトオブリガードにとって

120点の競馬だったといえます。

 

ムイトオブリガードの近2走を見てみると

後方で脚をためての直線勝負に賭けて届かず

という競馬が続いていました

 

しかし、前走のアルゼンチン共和国杯では

一変して先行策をとり、鮮やかに押し切っています。

 

条件戦を勝ち上がった時も逃げたり
追い込んだりと様々な脚質を披露しており
自在性のあるムイトオブリガードですが、

”変化をつけて勝った”

というレース内容は実力以上のものが出たと判断すべきです。

 

ちなみにムイトオブリガード
アルゼンチン共和国杯以外の重賞レースを見てみると

日経新春杯 6着

金鯱賞 7着

大阪杯 8着

目黒記念 5着

そもそもGI級といえる成績を残せていないムイトオブリガードが

前走メイチでG2を勝った後となれば

ルメールの騎乗でも難しいでしょう。

 

 

ジャパンカップで勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でジャパンカップの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

ジャパンカップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

ルメール騎乗で過剰人気必至か??

冒頭でも話をしましたが

実績としては前走で重賞を勝っただけの
ムイトオブリガードは人気にはならないだろうから

そもそも切り馬として挙げるのは微妙かなぁ

と、思っていました。

 

ただ、想定では4番人気になっている背景には

レイデオロ、ワグネリアンなどの近走パッとしないレース内容

ピークを越えてしまったであろうシュヴァルグラン、スワーヴリチャード

という ”実績馬の評価が微妙である”

点が影響しているのは明らかですが

 

ルメール騎乗で人気に支持されている

という点は否めません。

 

ルメール騎手は素晴らしい騎手ですし
実際にムイトオブリガードの戦力も上がるはずですが

そもそもの能力が劣っていれば馬券には絡めません。

 

馬券に絡めない場合でも
ルメール人気は発生するわけで

人気になる分、期待値は下がってしまいます。

 

ルメール騎乗による好走率のアップよりも

ルメール騎乗によるオッズダウンを

上位にとるとムイトオブリガードは

”旨味のない存在”だといえます。

 




 

以上の理由から

ジャパンカップ2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ムイトオブリガード

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

前走のアルゼンチン共和国杯を完勝して
勢いに乗るムイトオブリガードですが

前走は120点の競馬をした事を考えると

今回のジャパンカップでの上積みはほぼないといえます。

 

アルゼンチン共和国杯以外の重賞では
活躍できていませんし、そもそもの地力が疑われる中

今回はルメール騎乗という事で、

過剰に人気になりそうな存在なので

今回のジャパンカップでは
ムイトオブリガードを切って勝負したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

ジャパンカップ2019で私が注目している馬は
今回は勢いと実力がバランスよく配分されている上に
配当的な妙味もありそうなあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ