京阪杯2019の過去10年データ分析|内枠が究極的に良いレース!

Pocket

京阪杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京阪杯2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はジャパンカップの裏で京阪杯が行われます。

実はこのレースには思い入れがあるんですね~

 

その思い入れとは

「昨年、万馬券を的中した!」

という事です。

 

昨年は結構、苦しいシーズンで京阪杯はじまるまでは

マイナス収支だったんですよね~

 

しかし、この京阪杯で本命・対抗で馬券を的中させて

一気にプラス!!

 

しかも、逆に年間プラスを確定するくらいに
大きなプラスを叩き出せたんですよね~

 

馬券でプラスを出すには4000%級の的中が
どうしても必要になるんですが

京阪杯はそんなレースになりました。

 

という事で、私の中のメインレースはジャパンカップではなく京阪杯(笑)

しかも、このレースはデータの偏りが大きいので

2年連続で大的中出来るように頑張りたいと思います。

それでは、行ってみましょう!!

 

 




 

京阪杯2019は京都競馬場芝1200mで行われています。

京都競馬場のスプリントコースという

小回りの設定であるだけに

立ち回りの上手さとスピードが問われるコースになっています。

 

そんな京阪杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

京阪杯、過去10年のデータ分析

究極の前残りレース!差し馬の活躍は皆無だ!

まず、最初に注目したのは京阪杯で活躍する馬の脚質です。
以下は京阪杯での4コーナーでの順位別成績です。

複勝率、回収率共に先行馬の方が圧倒的です。

京都競馬場の1200mは小回りかつ平坦コースなので

どうしても前にいる馬が止まりづらくなります。

差しが利きやすくなった開催終盤でも

このデータであるという事は抑えておきたいですね。

 

 

ここで京阪杯の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン6位以下の馬が

単複の回収率で100%を超えているという異常事態

 

毎週のようにデータをとっていますが

上がり3ハロン6位以下の馬が
100%を超えているのは見た事がありません。

 

このデータからも究極の前残り条件である事は間違いありません。

 

 

ジャパンカップはあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「競馬学会」ですが、
この競馬学会の情報精度を一度体験してほしいので
今週「競馬学会」の無料会員に登録してくれた人には
無料でジャパンカップの極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『競馬学会』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「競馬学会」のジャパンカップ情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  ジャパンカップの予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

究極の内枠有利なレース!4枠と5枠で天国と地獄が分かれる!

次に京阪杯の枠順別成績を見てみましょう。

 

1~4枠の馬の複勝回収率平均が 約180%以上

5~8枠の馬の複勝回収率平均が 約50%以下

ここまで枠順で成績が変わるのは珍しいですよね。

 

昨年の京阪杯を当てたのは、このデータを使ったから

と言っても過言ではありません。

 

それくらいにこのレースは内枠が有利なんですよね。

本命馬は内枠から狙わないといけないですね。

 

 

また京阪杯での馬体重別成績を見てみると

短距離戦で優勢とされている馬体の大きい馬が苦戦していて

機動力のある馬体の軽い馬が活躍をしています。

 

京阪杯は「内枠有利」「先行馬有利」がキーワードなので

内で上手く前の位置を取れる機動力が必要となります。

その機動力を活かせるのは馬体の軽い馬ですね。

 



 

能力よりも器用さ、好走条件を洗ってみる

それでは京阪杯における
年齢別成績を見てみましょう。

3歳馬と7歳以上が回収率100%を切っているように

3歳馬が苦戦している点が特徴的です。

 

3歳馬はキャリアが薄い分、上手くレースを運ぶ能力に欠け

7歳以上は単純にスピード能力が欠けている

ですので、スピードとキャリアのバランスがいい馬を狙いたいですね。

 

 

最後に京阪杯の前走クラス別成績を見てみると

 

GIからの臨戦が不振である点が目立ちます。

基本的にGIは各馬がきっちりと仕上げて狙ってくるレースなので

GI後の出走となると、多かれ少なかれ状態落ちが見受けられます。

 

京阪杯は能力勝負というよりも

”状態勝負”

という感じのレースなので、

このレースで気持ちよく先行できる馬を狙う

という感覚を持っておくと良いですね。

 

 

以上が京阪杯2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

京阪杯は京都競馬場芝1200m内回りコース
という条件で行われるレースですが

前に行った馬がそのままなだれ込みやすい
スピードレースの様相を呈しています。

 

そして、距離ロスのない内を通らないと勝負にならない

という特徴も持ち合わせているので

「先行馬」と「内枠」

この2つがキーワードになるレースです。

 

機動力のある条件や先行できそうな臨戦を考えて

馬券を買っていくといいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が京阪杯2019で注目しているのは
先行力がある馬なので、是が非でも内枠がほしい存在ですね。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑