【シルクロードステークス2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【シルクロードステークス2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではシルクロードステークス2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

シルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦となる重賞レースです。


(写真は2019シルクロードステークス ダノンスマッシュ)

シルクロードステークスは高松宮記念の前哨戦となる重賞レースです。

タフな高松宮記念とは違い、スピード比べとなる
京都競馬場でのスプリント戦なので
高松宮記念との親和性が薄いレースとなっていましたが
近年は高松宮記念で活躍する馬も出てきています。

 

昨年の勝ち馬ダノンスマッシュもGI勝ちこそないものの
今年のスプリント戦の主役となっていた馬ですし

一昨年このレースを勝った ファインニードル

2014年勝ち馬の ストレイトガール

2012年の ロードカナロア

なども、シルクロードステークスからGI勝ちに繋げており

高松宮記念を占う意味で見逃せないレースになっています。

 

そんなシルクロードステークス2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ディアンドル 3.5倍
モズスーパーフレア 4.1倍
レッドアンシェル 5.6倍
アウィルアウェイ 6.0倍
ヴェロックス 7.5倍
セイウンコウセイ 8.1倍
ジョイフル 9.2倍
カラクレナイ 9.8倍
エイティーンガール 10.6倍
シヴァージ 14.5倍
アンヴァル 16.8倍
ダイメイプリンセス 18.9倍
ペイシャフェリシタ 22.4倍
ハッピーアワー 25.0倍
ジャスパープリンス 28.6倍
ディープダイバー 30.3倍
ダイメイフジ 32.5倍
ナランフレグ 丸田 36.1倍
ダイシンバルカン 40.7倍
ラヴィングアンサー 53.6倍
ビップライブリー 68.3倍
エスターテ 78.4倍
ラブカンプー 80.6倍
ブラックムーン 106倍
ティーハーフ 141倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

スプリンターズステークス2着の モズスーパーフレア

昨年の秋はGIスプリンターズステークスで
ダノンスマッシュに先着し、2着に入ったモズスーパーフレア

牝馬ながら大型馬でパワーがあるタイプの馬なので
坂のあるコースだと力を発揮するものの
前走の京阪杯のような平坦コースでの競馬になると脆さが出てきます。

今回のシルクロードステークスは京阪杯と同じく
京都競馬場でのレースになるので
モズスーパーフレアがどこまで走れるのか、注目ですね。

久々の競馬となる レッドアンシェル

昨年のCBC賞に出走してから半年以上の
間隔を空けての出走となるレッドアンシェル

スピードを求められる京都の短距離戦とあって
久々のレースはマイナス要素となりますが
休養に入る前は6戦連続で馬券に絡んでおり
1600万条件、重賞と連勝しているように勢いのある馬

シルクロードステーくスで好走して
高松宮記念の惑星となるか、注目です。

じわじわ力をつけてきた ジョイフル

前走のタンザナイトステークスでは重賞の常連である
ナックビーナスを最後に交わして勝利したジョイフル

後方一手の脚質なので、普通だと成績は安定しづらいのですが
ジョイフルの場合はどんな展開でも確実に差してきて
上位に食い込んできているので、地力はかなり高いと思われます。

今回のシルクロードステークスでは強敵を相手にする事になりますが
今のジョイフルならまとめて差し切る事もあり得そうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。