【東京新聞杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【東京新聞杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは東京新聞杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

東京新聞杯は冬の東京で行われる名物重賞レースです。


(写真は2019東京新聞杯 インディチャンプ)

東京新聞杯は冬の東京で行われる名物重賞レースです。

安田記念と同じ舞台で行われる重賞レースですが
かつては安田記念から時期が離れている事で
GI級の馬が参戦する事はありませんでしたが

近年は時期を空けての調整が出来るようになってきたので
有力馬が出走してくるようになりました。

昨年はの東京新聞杯は

2019安田記念の勝ち馬 インディチャンプ が勝利し

一昨年は リスグラシュー が勝利と2年連続で

その後GIを勝つ馬を輩出する注目のレースになっています。

 

そんな東京新聞杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

プリモシーン デムーロ 4.0倍
レイエンダ 5.1倍
ヴァンドギャルド 5.5倍
クリノガウディー 横山典弘 6.7倍
サトノアーサー 田辺 9.0倍
レッドヴェイロン 9.6倍
シャドウディーヴァ 12.0倍
ドーヴァー 14.6倍
ケイデンスコール 15.3倍
ケイアイノーテック 津村 16.9倍
プロディガルサン 18.2倍
クルーガー 22.1倍
ブレスジャーニー 23.7倍
キャンベルジュニア 28.5倍
スウィングビート 64.9倍
モルフェオルフェ 80.6倍
ロワアブソリュー 103倍
ゴールドサーベラス 137倍

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

復活を遂げた ヴァンドギャルド

2歳時は東スポ杯2歳ステークス、毎日杯で3着と
重賞で遜色のない競馬を見せてきたヴァンドギャルド

重賞で賞金を加算する事が出来ずに
アーリントンカップ敗戦後は自己条件に向かいましたが
ここで破竹の3連勝、いよいよ本格化の気配を見せてきました。

中でも前走のウェルカムステークスでは重馬場に加えて
アントリューズら強敵が集まった中で結果を残した点は評価できる内容で
今回の東京新聞杯でも好走が期待出来ます。

重賞初勝利を狙う クリノガウディー

GIである朝日杯フューチュリティステークス2着という
実績を持ちながらも重賞を勝てていないクリノガウディー

昨年の夏に出走した中京記念ではグルーヴィットには負けたものの
ここでも2着に入っており、地力は既に重賞級であることを証明しています。

詰めの甘さが目立つ馬ではありますが
今回の東京新聞杯では横山典弘騎手を鞍上に迎えて必勝態勢

ここで重賞初勝利を収めて、GIへと向かいたいと思います。

不振を極める ケイアイノーテック

3歳時にはNHKマイルカップを勝利したケイアイノーテック

GI馬となって期待された3歳秋以降ですが
9戦して一度も馬券に絡めておらずスランプ状態に入っています。

GI馬になって以降初めて出走したG3戦のチャレンジカップでも
復活の糸口をつかむことが出来ずに7着に敗れてしまいました。

NHKマイルカップと同じ舞台である東京新聞杯で
なんとか復活の糸口を掴みたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。