【根岸ステークス2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【根岸ステークス2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは根岸ステークス2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

根岸ステークスはフェブラリーステークスの前哨戦となる重賞レースです。


(写真は2019根岸ステークス コパノキッキング)

根岸ステークスはフェブラリーステークスの前哨戦となる重賞レースです。

差し・追い込みが利きやすい東京ダート1400m
という舞台なので、末脚自慢の馬が出走しやすいレースです。

過去にはフェブラリーステークスを勝った ノンコノユメ

フェブラリーステークスで1番人気になった カフジテイク

フェブラリーステークスで2着になった シルクフォーチュン

など、追い込み自慢の馬が勝ち馬に名を連ねます。

今年の根岸ステークスはどの馬の末脚がさく裂するのか?

 

そんな根岸ステークス2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

コパノキッキング マーフィー 2.6倍
ミッキーワイルド デムーロ 3.9倍
ワンダーリーデル 8.1倍
モズアスコット ルメール 9.0倍
スマートダンディー 9.8倍
テーオージーニアス 11.9倍
ワイドファラオ 福永 13.0倍
ドリームキラリ 15.2倍
ダノンフェイス 17.7倍
ブルベアイリーデ 18.5倍
スマートアヴァロン 19.8倍
カフジテイク 20.6倍
ジャスパープリンス 33.5倍
テーオーヘリオス 38.1倍
ヨシオ 45.4倍
アードラー 51.9倍
ノボバカラ 55.6倍
ドリュウ 67.4倍
ロワアブソリュー 71.7倍
クリノケンリュウ 80.4倍
イーグルバローズ 134倍
サングラス 155倍
ヤマニンアンプリメ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

ダート初挑戦となる モズアスコット

今回ダート初挑戦となるモズアスコット

芝では安田記念勝利があり、スワンステークスも2年連続で2着と
圧倒的な実績を持っていますが、ダートでの実績は未知数。

伸るか反るか微妙な点はありますが
モズアスコットにダート適性があれば
根岸ステークスをぶっこ抜いて勝利する事は可能です。

逃げれば力を出せる ドリームキラリ

重賞の勝ち鞍こそないもののエルムステークス2着など
重賞でも掲示板に入る安定感を持っているドリームキラリ

純然たる逃げ馬なので、展開がハマるかハマらないかで
出せるパフォーマンスは違ってきますが
舐められれば舐められるほどドリームキラリの逃げが光ります。

差し馬有利の流れになりやすい根岸ステークスですが
展開次第で台頭するドリームキラリには要注意です。

前走は圧勝だった スマートダンディー

前走のギャラクシーステークスでは
直線に入ってスッと抜け出して、完勝して見せたスマートダンディー

2走前の霜月ステークスでは枠順や直線の不利などもある上に
もともと休み明けは走らない馬

今回の根岸ステークスでも状態を上げて出走できそうな
スマートダンディーはここでも一発をかます可能性は十分です。

JBCレディスクラシック勝ち馬 ヤマニンアンプリメ

JBCレディスクラシックでは逃げたゴールドクイーンを
楽々と捉えて完勝してみせたヤマニンアンプリメ

大和ステークスで勝利を収めて以降
地方交流重賞に出走していますが

地方場所では6戦して【3.2.1.0】とパーフェクトな成績

再びの中央場所という点で未知数な部分はありますが
今のヤマニンアンプリメの勢いなら
根岸ステークスも通過点とする可能性は十分です。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。