【マイルチャンピオンシップ2019予想】ダノンプレミアムvsダノンキングリー、どっちが買い?

Pocket

マイルチャンピオンシップ2019に出走を予定している日本の強豪馬2頭
ダノンプレミアム、ダノンキングリーについて

実力が上なのはどっちなのか?

マイルチャンピオンシップという舞台が合うのはどっちかなのか?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は2歳重賞を含めて4つの重賞が

行われていましたが、今週は重賞が2つと寂しいプログラムですね。

しかも、一つが「東スポ杯2歳ステークス」なので

よりマイルチャンピオンシップの存在が浮き出てきます。

 

 

自分がJRAのプログラムを組む担当だったら

こういったプログラムは組まないですね~

先週の日曜日になっていた福島記念を

今週の土曜日に持ってきてバランスをとると思います。

 

そもそも、2歳重賞ってそんなにやる人いないですからね。

私も基本やらないですし、

私の友人も「2歳重賞は重賞じゃないから」

と、言い放っているので、売り上げを挙げたいのであれば

古馬重賞をうまくちりばめるのが妥当ですよね。

 

JRAさん、こんなアイディアどうでしょうか?

 

 

という事で、マイルチャンピオンシップの最大の焦点である

ダノンプレミアム vs ダノンキングリー

果たして、どっちが強いのか?

見解を話していきたいと思いますよ。

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

ダノンキングリーとダノンプレミアム、強いのはどっち?

まず競馬予想の大前提となる能力値について
2頭の比較を行っていきたいと思います。

 

私の結論から話しましょう!

 

強いのは ダノンプレミアム です。

ダノンプレミアムを上にとった
理由を説明していきたいと思います。

 

ダノンプレミアムを上に取った最大の理由は

圧倒的なスピードと能力で見せる

パフォーマンスの高さ、です。

 

安田記念こそ惨敗してしまいましたが
金鯱賞やマイラーズカップで見せた

先行しての押し切りは隙がなく
凄味が伺えるくらいの内容でした。

ダノンプレミアムに自分の形で競馬をされてしまうと

そう簡単には覆せない

というレベルの馬です。

 




 

ただ、圧倒的な強さを持っている反面

として脆さを持っているのがダノンプレミアムの特徴です。

距離については、1600mから2000mくらいが許容範囲で
距離への順応力はそれほどありませんし

日本ダービーや安田記念のようにタフな競馬になると
パフォーマンスを一気に下げてしまうという可能性が出てきます。

 

MAXの能力は高いけれども

パフォーマンスを出せない時もある

というタイプですね。

 

一方のダノンキングリーですが

こちらは皐月賞でインをついて差してきたり

距離延長となるダービーでは先行して粘りこんだりと

どんな競馬にも対応できる自在性が強みです。

 

負けた皐月賞や日本ダービーでも勝ち馬と遜色ない
パフォーマンスを見せていて、

持っている能力は相当に高いと言えます。

 

ただ、レースセンスが高く、順応性が高いという点がウリなので

”凄味”みたいなものは持ち合わせていない馬です。

 

この2頭の能力を比較すると

ダノンプレミアムはレースによって

70~130 の力で走る馬

ダノンキングリーは

90~110 の力で走る馬

だと定義します。

 

能力を最大に出せばダノンプレミアムの方が強い

という意味で

ダノンプレミアム が上だと判断します。

 

 

マイルチャンピオンシップで勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でマイルチャンピオンシップの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

マイルチャンピオンシップの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

ダノンプレミアムとダノンキングリー、
マイルチャンピオンシップの条件が合うのはどっち?

次にダノンプレミアムとダノンキングリー

どっちがマイルチャンピオンシップの条件に合うのかを考えていきます。

 

こちらも私の結論から話しましょう!

 

条件が合うのは ダノンキングリー です。

 

こちらも理由を説明していきたいと思います。

 

まずマイルチャンピオンシップという舞台があうのは

ダノンプレミアム だと言えます。

マイルチャンピオンシップは先行馬有利の舞台ですし

平坦な京都のコースはダノンプレミアムの良さを活かすのに
持ってこいの競馬場なので、適性はダノンプレミアムが上ですよね。

 

ただ、ダノンプレミアムにとってマイナスなのは

休み明けの前走で思い切り走ってしまった

という事です。

 

これはダノンプレミアムに限った話ではありませんが
ディープインパクト産駒は使い減りする馬が多いので

休み明けで好走する馬が多く

激走した後は凡走する馬が多い

という特徴を持った馬が多くいます。

 

ダノンプレミアムもディープ産駒らしい
スピードを持った馬なので

この特徴に漏れることはありません。

 

前走の天皇賞秋を見てみると

たっぷりとレース間隔をとっての出走で
2着をしっかりと死守したように

「休み明けで能力全開」という走りでした。

 

もともと精神的にも脆い部分のある
ダノンプレミアムにとって

休み明けでの激走後はちょっと不安な材料です。

 



 

一方のダノンキングリーの方ですが

こちらも休み明けの毎日王冠で出遅れながら
豪快に最後方から差し切って勝っており

正直なところ、激走後の心配はあります。

 

ただ、ダノンキングリーは皐月賞や日本ダービーで
難しい流れを根性で食いついたレースぶりから

精神力を持っているタイプの馬だと言えますし

まだ、消耗の少なく勢いのある3歳馬

という事を考えれば

ダノンプレミアムよりも条件としては良いと言えます。

 




 

 

まとめ

マイルチャンピオンシップ2019の主役を彩る

ダノンプレミアム と ダノンキングリー

 

能力を比較では

ダノンプレミアム 70~130 の力

ダノンキングリーは 90~110 の力

だと定義しますが、ローテーションを加味すると

 

ダノンプレミアムは100を切るパフォーマンスになりそうで

ダノンキングリーは100近いパフォーマンスを出しそうだ

という形で推理をします。

 

 

以上の考察から

マイルチャンピオンシップ2019において
ダノンキングリーvsダノンプレミアムの評価は

ダノンキングリーが上

だと結論づけます。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

マイルチャンピオンシップ2019で私が注目している馬は
今回は前走の敗戦でたっぷりと舐められそうだな

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ