武蔵野ステークス2019の過去10年データ分析|波乱必至の重賞レース

Pocket

武蔵野ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
武蔵野ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はエリザベス女王杯が行われますが

”秋のGIの中では結構地味な存在”

ですよね。

 

実際に勝ち馬とかを見てみると

リスグラシュー とか マリアライト とか

その後、牡馬混合GIで活躍するような馬が勝っているんですが

「牝馬限定戦」という事に加えて

「京都芝2200m」という舞台設定が

より地味さを増しているような気がします。

 

 

と言う事で、俄然注目を浴びてくるのが

「武蔵野ステークス」と「福島記念」

どちらも波乱度合いが高くて

予想し応えのあるレースなので

しっかりと分析をして当てていきたいですね。

 

という事で、武蔵野ステークス2019の

データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

武蔵野ステークス2019は東京競馬場ダート1600mで行われています。

広くて直線の長い東京競馬場で行われる重賞

かつ、GI前のトライアルレースという事で

スピードと位置取りが問われるコースですね。

 

そんな武蔵野ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

武蔵野ステークス、過去10年のデータ分析

ゆるゆるのトライアルレース、前にいる馬は有利だ!

まず、最初に注目したのは武蔵野ステークスで活躍する馬の脚質です。
以下は武蔵野ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

比較するまでもなく

「先行馬有利」 ですね。

 

直線の長い東京競馬場のダートコースなので
差しが届きそうなイメージがありますが

GI前のトライアルレースという事で
有力馬は勝負を仕掛けてこない展開となり

前にいる馬が展開の恩恵を受ける形になります。

 

 

ここで武蔵野ステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

先行馬が有利な流れな馬ではありますが

上がり3ハロンの脚が遅い馬は

活躍できていません。

 

直線が長いので、上がり3ハロンの脚は必要となります。

ただ、逃げて直線をなだれ込むだけの馬は通用せず

ある程度、脚を溜めての逃げを打って
直線でも伸びることが必要となりますね。

 

 

エリザベス女王杯で勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でエリザベス女王杯の勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

エリザベス女王杯の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

GI前の練習台!下剋上のある波乱必至の舞台

次に武蔵野ステークスの人気別成績を見てみましょう。

 

複勝の回収率を見てみると

1~5番人気が複勝回収率100%を切り

6~9番人気が複勝回収率100%を超えている

という点が目立ちます。

 

先ほども話した通り、武蔵野ステークスはGI前の
トライアルレースなので、有力馬は無理をしません。

その無理をしない状況を利して

伏兵馬が思い切ったレースで好走する。

このパターンが多いのは抑えておきたいですね。

 

 

ちなみに武蔵野ステークスでのレース間隔別成績を見てみると

休み明けでレースを使う、いわゆる

”GI前の一叩き”

的な馬よりも、

レースを使って息が出来ている馬の方が

活躍できているという点が目立ちますね。

 

実績よりも調子・勢い

ここをテーマにしたいですね。

 



 

他に好走するパターンは3つある

次に武蔵野ステークスにおける前走頭数別成績を見てみましょう。

前走から頭数増となる臨戦の馬は苦戦し

前走から頭数減、もしくは同じ頭数の馬が活躍しています。

 

武蔵野ステークスは前の馬が粘り込みやすいので

スタートでの位置取りが重要になるレースですが
多頭数に慣れていない馬にとって頭数増はデメリットだと言えます。

 

 

次に武蔵野ステークスにおける馬体重別成績を見てみると

馬体の大きい馬が圧倒的に強い成績を収めています。

 

基本的にダートは馬体の大きい馬が有利ではありますが

スローペースになりやすく、機動力を必要としない
広いコースでのレースであれば

シンプルに物理的な差が表れる

と言えますね。

 

 

最後に前走着順別成績を見てみましょう。

武蔵野ステークスは勢いも大事なので
前走で1着になった馬の成績は良好なのですが

前走で5着以下に負けた馬の回収率の高さが目立ちます。

 

GIで有力になるような馬よりも

GIでは活躍しづらいワンランク下の馬が強いレースなので

前走で負けているくらいがちょうどよいと言えますね。

 

 

以上が武蔵野ステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

武蔵野ステークスは東京競馬場で行われるレースですが

長い直線の割には、前にいる馬が粘りやすいレースです。

武蔵野ステークスはGI前のトライアルレースなので

有力馬が無理せずに、ペースが落ち着く点が特徴的です。

 

それゆえに人気馬よりも伏兵馬が活躍しやすく
馬券的には波乱が見込めるレースになっています。

それ以外にも

・前走で5着以下に負けている馬

・前走多頭数を経験している馬

・馬体が大きく、パワーのある馬

などなど、活躍できるパターンが多々あるので

このあたりを重視して、予想をしていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が府中牝馬ステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑