【日経新春杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【日経新春杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは日経新春杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

日経新春杯は長距離の古馬重賞ハンデ戦です。


(写真は2019日経新春杯 グローリーヴェイズ)

日経新春杯は長距離の古馬重賞ハンデ戦です。

京都芝2400mというチャンピオンコースでありながら
冬場に行われるレースであるという点や
ハンデ戦であるという点からGIを狙う馬は出づらいレースです。

ただ、昨年は天皇賞春で2着に入ったグローリーヴェイズが勝ち

それ以外でもパフォーマプロミス、ミッキーロケット

サトノノブレス、ルーラーシップ、メイショウベルーガなど

GIでも活躍している馬が勝っているように
ここを機に羽ばたいていく馬も出てきているので
注目しなくてはいけないレースになっていますね。

 

そんな日経新春杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アフリカンゴールド 福永 3.6倍
レッドジェニアル 武豊 4.1倍
レッドレオン 6.9倍
タイセイトレイル 8.0倍
サトノガーネット 9.2倍
メロディーレーン 13.1倍
マスターコード 16.0倍
ロードヴァンドール 17.5倍
プリンスオブペスカ 19.9倍
アクート 22.7倍
モズベッロ 23.5倍
エーティーラッセン 25.0倍
チェスナットコート 50.6倍
ヨシオ 72.3倍
スズカディープ 132倍
サイモンラムセス 173倍
サンアップルトン(出走回避)
ドレッドノータス(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

いよいよ重賞が見えてきた アフリカンゴールド

前走のアルゼンチン共和国杯では1番人気に支持されながらも
3着と勝つまでには至らなかったアフリカンゴールド

昨年の春までは重賞では一歩足りない存在でしたが
ここに来て一気に力を着けて、重賞制覇が見えるところまで来ました。

体力が豊富な馬なので、今回の日経新春杯を勝てば
一気に天皇賞春が見えてきそうですね。

未知の魅力を秘める レッドレオン

前走の比叡ステークスでは先行策から
楽々と抜け出してオープン昇格を決めたレッドレオン

まだキャリアは7戦ながら既に4勝を挙げており勢いのある馬
レースを使うほど消耗してしまうディープインパクト産駒において
レッドレオンはまだフレッシュな状態で出走できる強みがあります。

日経新春杯が行われる京都はディープ産駒が得意な舞台ですし
実績が足りなくても面白い存在ですね。

中日新聞杯勝ち馬の サトノガーネット

前走の中日新聞杯では牡馬を相手にしながらも
後方から豪快に差し切って勝利したサトノガーネット

追い込み一辺倒で展開に左右されるタイプではありますが
毎回しっかりと追い込んでくる点は
ディープインパクト産駒らしからぬタフさを持った馬です。

今回の日経新春杯でも展開次第となりそうですが
前崩れの流れになれば、再びサトノガーネットの出番になりそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。