アルゼンチン共和国杯2019枠順確定、人気馬の中で不利な枠を引いた馬はいるのか??

Pocket

アルゼンチン共和国杯2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたアルゼンチン共和国杯2019での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

先週の天皇賞秋は枠順の影響を受けた馬が1頭いましたね。

その馬の名前は ワグネリアン

 

ディープインパクト産駒って、

基本的に体力が不足している分
スピードと瞬発力が優れている

というタイプの馬が多くて、

まさにワグネリアンもそんなタイプの馬なんですが

そういった馬が距離ロスを被って体力を消費する
外枠から走ることはかなりの不利なんですよね~

 

特に東京芝2000mという舞台は

スタートから緩やかなカーブになっているので

外枠が受ける被害は結構大きくなってしまいます。

 

これで惨敗していたら、まあ内枠でも無理だったよね~

という話になってくるんですが

結果は5着だったので

内枠だったら2着争いに加われていたかもなぁ

と、思わせる内容でしたね。

 

やっぱり枠順は大切です。

という事で、今週もアルゼンチン共和国杯の

枠順確定後の見解を話していきたいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

動画では枠順解説の完全版を話しているので
穴馬の評価が気になる方は以下をクリックしてください。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アルゼンチン共和国杯2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

アルゼンチン共和国杯(東京芝2500m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・体力のある馬が強いレース

・7枠、8枠は若干不利なレース

という相反する特徴があります。

また、天気の方ですが、東京競馬場は週末崩れなさそうなので

良馬場でのレースが期待できそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 アフリカンゴールド

前走の六社ステークスでは先行して完勝
そして、ルメール騎手に乗り替わりと
かなり人気になりそうな存在であるアフリカンゴールド

それほどスピードがあるタイプではないので
揉まれてしまう点は不安ですが
先行力がある馬が、距離ロスなく走れる枠に入ったので
ここはプラス評価を与えたいですね。

 

2枠2番 タイセイトレイル

現在、札幌日経オープン、丹頂ステークスと
オープン特別で連続3着となっているタイセイトレイル

とにかくスタミナが勝ったタイプで
どんなにタフな流れになってもバテないという
良さを持っている反面、直線で伸びるスピードもない

というタイプの馬。

外に出して豪快に伸びてくるタイプではないので
今回の内枠はポジティブにとらえたいですね。

 

4枠4番 アイスバブル

前走の小倉記念では前崩れの流れもあって
7着と惨敗してしまったアイスバブル

ディープ産駒ながら、末脚で勝負するタイプではなく
体力を活かして、前々で粘り込むのが得意なタイプ

今回のアルゼンチン共和国杯と同じ
目黒記念でも2着に入っているように、適性のある舞台ですし
前々から粘りやすい内枠を引いたのは好材料ですね。

 

4枠5番 ルックトゥワイス

前走の目黒記念は目の覚めるような末脚で
豪脚を披露して重賞ウィナーとなったルックトゥワイス

休み明けの弱いステイゴールド産駒において
休み明けからしっかりと走れる気象の前向きさを持った馬

不利のない外目の方が良かった面はありますが
今回のアルゼンチン共和国杯の頭数で、この枠なら
十分に戦える枠だと言えますね。

 

 

アルゼンチン共和国杯は混戦ではない!1強レースだ!

競馬セブンではアルゼンチン共和国杯で
飛び抜けた勝負気配を持っている馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてアルゼンチン共和国杯3点勝負買い目も無料公開します!

競馬セブンが持つ極秘情報を堪能して下さい。

アルゼンチン共和国杯3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

 

 

5枠6番 ポポカテペトル

ここ2戦は大敗が続いているポポカテペトル

ディープインパクト産駒ながら
スピード能力に欠如しており
パワーとスタミナで勝負をするタイプ。

内々で粘るしかない枠順がベストの馬なので
今回の内目、偶数枠は条件としては悪くありません。

 

5枠7番 ムイトオブリガード

昨年のアルゼンチン共和国杯では前残りの流れを
ただ1頭豪快に差してきて2着に入ったムイトオブリガード

近走は極端に脚を溜めて、直線勝負する競馬が板についていますが
今回は横山典弘騎手という事で違う戦法が見られそうです。

自在に動ける真ん中の枠順なので
かなり面白い枠に入ったと言えますね。

 

6枠9番 ノーブルマーズ

京都大賞典4着、小倉記念3着、宝塚記念では6着と
と徐々に体制を戻しつつあるノーブルマーズ

昨年の宝塚記念以降は勢いを失った形ですが
ここは勝負の1戦となりそうです。

ただ、この馬は本質的に先行しての粘り込みが
得意なタイプなので、もう少し内目の枠で
先行策を取りたかったですね。

 

8枠12番 オジュウチョウサン

前走の六社ステークスでは成すすべなく
惨敗してしまった障害王オジュウチョウサン

障害で活躍しているように体力はある馬なので
枠順としては外目の枠は悪くないと言えますが
そもそもの能力に疑問符がつくのは仕方がないですね。

 



 

まとめ

アルゼンチン共和国杯2019で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 アイスバブル

5枠7番 ムイトオブリガード

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

どの馬にもチャンスがありそうなハンデ戦!!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が天皇賞秋2019で注目している馬は
枠順イマイチも、ここで期待できるあの馬です。

ここは注目ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑