直線得意ライコウ!2014アイビスSD、クイーンSレース回顧

Pocket

先日行われた重賞アイビスサマーダッシュ、クイーンステークスは
非常に内容のあるレースでした。

まずアイビスサマーダッシュはセイコーライコウが圧勝

道中中団に控えて、ラスト3ハロンでは徐々に進出
最後は余裕をもって抜け出すという圧勝。
直線レースの適性は本当に高い馬ですね。

函館スプリントSを見ていると
馬の能力はズバ抜けているようにも思えませんので
今後、他でも即通用かといわれると微妙でしょう。

2着にはフクノドリームが入着

直線レースとしては比較的前崩れの流れになったので
恵量を生かしてなだれ込んだという形。
3着アースソニックもそうですが、
今回の結果で特段プラス評価となるものはなさそうです。

人気のフォーエバーマークは早々に失速

前走の内容が悪かったので、馬の状態が悪いのか
一時の力を保てなくなっているのか
いずれにしてもスランプですね。

狙ったパドトロワはしんがり負けでした。

この結果は致し方ありません。
格が通用しなかったということでしょう。

札幌で行われたクイーンステークスは
キャトルフィーユが完勝しました。

スタートからオツウが果敢に逃げを打ち
かなり速いペースでレースが推移しました。

その中を好位で折り合い、最後もうひと伸びした
キャトルフィーユは相当に強い内容です。

瞬発力勝負で分が悪いのは間違いありませんが
ある程度流れるレースならGIでも通用するレベルの走りでした。

2着アロマティコも前走同様、鞍上の好騎乗に助けられて伸びました。

この馬も普通に力を出せれば、重賞は勝ち負け出来る馬です。
展開の助けがいるタイプで、あまり人気になるようなら
リスクが増すタイプの馬ですが
ハイペースと踏めば勝負出来ます。

3着スマートレイアーはスピード勝負が最後響いた恰好

阪神や中山なら着順を一変させる事は可能でしょう。
ただ、この馬も展開の助けは欲しいですね。

この展開で上位に来られなかったディアデラマドレの敗戦は
若干疑問符が残ります。

切れ味があるので、スローからのヨーイドンでしか
力を出せないのか…

そのあたりはよく吟味する必要があるでしょう。

狙ったアイスフォーリスは4着。

この馬なりに力を出しましたが、いかんせん展開が向きませんでした。
ハイペースと見て後方に下げたローウィラー騎手の判断は
素晴らしかっただけに、今回は仕方ありません。

ケイアイエレガントはスピードに対応出来ませんでした。
この馬はパワー型なので、まだ見限る必要はありません。