エリザベス女王杯2019の過去10年データ分析|勝負に参加出来ないのは○○な馬

Pocket

エリザベス女王杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
エリザベス女王杯2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の「アルゼンチン共和国杯」「みやこステークス」
というGIの谷間感が全開の週を超えて

再びGIウィークになってきました。

ここから有馬記念までノンストップですからね。

楽しい競馬を堪能したいと思います。

 

今週はエリザベス女王杯が行われますが

私が競馬を始めた頃はエリザベス女王杯は
3歳牝馬のGIレースという

今で言うところの秋華賞の位置づけだったんですよね~

 

オールドファンなら分かると思いますが

外国産馬でクラシックに出走できなかった ヒシアマゾン

オークス馬で女王として望んだ チョウカイキャロル

この2頭の戦いを鮮明に覚えています。

(競馬を始めて間もなかったので、なおさら覚えている感じです)

 

そんなエリザベス女王杯も今や

”古馬牝馬最強” を決めるレースになりました。

第一回の勝ち馬ダンスパートナーが懐かしい昨今ですが

このレースはかなり傾向が偏っているので

データ分析に行っていき、馬券のヒントを掴んでいきたいと思います。

 

 




 

エリザベス女王杯2019は京都競馬場芝2200mで行われています。

外回りコースながら、

2200mという非根幹距離で行われる条件なだけに

スタミナが問われるコースになっています。

 

そんなエリザベス女王杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

エリザベス女王杯、過去10年のデータ分析

純然たる体力勝負で、直線の一気差しはほぼ無理

まず、最初に注目したのはエリザベス女王杯で活躍する馬の脚質です。
以下はエリザベス女王杯での4コーナーでの順位別成績です。

複勝率、回収率共に先行馬の方が圧倒的に優勢です。

エリザベス女王杯の舞台である京都芝2200m戦は
外回りコースで直線の長いコースではありますが

タフさが問われる舞台でスタミナが必要となります。

 

それゆえに4コーナーで10番手以下にいる馬は
ほとんど馬券に絡めていません。

逃げ・先行馬は勝ち切れてはいませんが

馬券に絡む確率が高く、回収率も高い点は抑えておきたいですね。

 

 

ここでエリザベス女王杯の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬こそ好成績を収めていますが
2位から5位の馬は成績が優れず

”上がりの脚がなくても好走できる条件”

であることが分かります。

 

末脚勝負ではなく、持久力勝負の舞台である

という事を前提に予想を組み立てたいですね。

 

 

エリザベス女王杯2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
エリザベス女王杯はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはエリザベス女王杯

TAZUNAではエリザベス女王杯の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

総合力が問われる舞台でベテランには厳しい舞台

次にエリザベス女王杯の年齢別成績を見てみましょう。

 

活躍しているのは3歳馬と4歳馬のみ

といっても、過言ではないくらいに

ベテランの馬が苦戦を強いられています。

 

最近は昔と違って古馬になっても活躍できるようになってきましたが

競走馬のピークはやはり3歳秋から4歳まで

タフさを求められるGIレースという事で

ピークを越えた馬が活躍するのは厳しい条件であるといえます。

 

 

またエリザベス女王杯での前走着順別成績を見てみると

前走6着以下に負けてしまった馬は

複勝率と複勝回収率がガクッと落ちています。

 

先ほど、ピークの出来にある馬が強い

という話をしましたが、

前走で大敗するような勢いのない馬は好走が難しい

という事もデータは示していますね。

 



 

牝馬の頂上決戦!格のない馬は通用しない!

それではエリザベス女王杯における
前走クラス別成績を見てみましょう。

1000万条件の馬が2頭馬券に絡んでいるものの

”GIかG2を使った馬しか馬券に絡んでいない”

といって良いくらいに偏りがあります。

 

先ほどから話しているように

”エリザベス女王杯は牝馬の頂上決戦”

ですので、格のない馬、力の劣る馬はなかなか通用しません。

 

不気味な上がり馬は基本的に放置で良さそうです。

 

エリザベス女王杯の前走レース名別を見てみると

 

3歳馬は秋華賞経由がほとんどですね。

注目なのは、京都大賞典のようなスタミナを要するレースよりも

G2に昇格した府中牝馬ステークスのような
スピードも求められるレースから出走した馬の方が活躍している

という点です。

 

 

最後にエリザベス女王杯の
過去10年における人気別成績を見てみましょう。

 

勝ち馬は1番人気から7番人気まで勝っていて
かなり波乱傾向にあるという事が分かります。

人気になりがちな3歳馬の回収率がそれほど良くないので

”3歳馬の取捨が大切になる”

という事を押さえておきたいですよね。

 

 

以上がエリザベス女王杯2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

エリザベス女王杯は京都競馬場芝2200m外回りコース
という条件で行われるレースですが

タフなレースになりやすいのが特徴です。

タフなレースゆえに後方から差す馬よりも
先行して粘る馬の方が有利な形態になっており

”穴を狙うなら逃げ・先行馬”

だといえます。

 

また、タフな条件での頂上決戦なので

前走で大きく負けている馬の巻き返しは難しく

年齢的にもフレッシュが残っている

3歳馬、4歳馬を狙っていきたいレースですね。

 

格を持っている馬が強いレースではありますが
堅く収まらない傾向になるので

穴党としては、このコースを得意とする馬を狙って
一発をかましたいところですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がアルゼンチン共和国杯2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑