2014アイビスサマーダッシュ、クイーンステークス予想

Pocket

今週の重賞レースはアイビスサマーダッシュとクイーンステークス

金曜日に枠順が発表されましたが
非常に魅力的な枠順となりました。

今週の2つのレースは狙って面白そうですね。

最初は新潟競馬場の直線レース
「アイビスサマーダッシュ」から見てみましょう。

今年のこのレースの特徴は「レベルの低さ」でしょう。

恐らく1番人気はセイコーライコウ、2番人気はフォーエバーマークとなりますが
その他の馬は近走不振であったり、実績が足りない馬が多く
重賞としてはちょっとメンツが足りてない印象を受けます。

という事を踏まえて

予想に入る前に、まずこのレースの傾向を見てみましょう。

新潟芝1000mの傾向と特徴

以前は最終週に行われていましたが、今は開幕週に行われるようになり
内枠の馬にもチャンスはありますが、やはり外枠有利は動きませんね。

その中で1番人気になるであろうセイコーライコウ
2番人気になるであろうフォーエバーマークが共に内枠。

好走率は依然この2頭が高いであろうと思われますが
内に入ったことで馬券期待値は下がったと判断できます。

本命は パドトロワ 

近走は2桁着順が並び、斤量も抜けて重い59kg
見た目、買い要素はないように感じますが
この馬は一昨年に勝ったように実績が抜けています。

最初に話した通り、今年はとりわけメンバーのレベルが低いので
この格はプラスに働く可能性があります。

上の理由で人気もまったく無いでしょうし、狙うには十分です。

対抗は内枠でも セイコーライコウ です。

前々走の韋駄天ステークスは圧巻の勝ち方
適性・能力面から勝利最右翼である事は間違いありません。

あとはどこを狙っても差がないメンバーなので
実績上位のフォーエバーマークを始め6~8枠の馬6頭を抑えます。

直線レースはスピードよりもパワーが必要なので
ディープ産駒のバーバラは美味しくないですね。

馬券の方はパドトロワから馬連8点と
パドトロワ、セイコーライコウから3連複流し7点の計15点で勝負します。

オッズ次第では単勝も加えてもいいですね。

もう一つの重賞クイーンステークス

こちらは展開が鍵になりそうなレースです。

まずは札幌芝1800mの傾向を見て下さい。

札幌芝1800mの傾向と特徴

ポイントとなるのは前が有利な点とスピード勝負になるという点ですね。

その点を踏まえて

本命は アイスフォーリス です。

前走のマーメイドステークスはステイゴールド産駒という事で
パワー勝負OKと踏んで、この馬を本命にしましたが
この馬はステイゴールド産駒でもスピード型だという事が良く分かりました。

今回、前のポジションを取れてスピードを活かせそうな好枠を引いたので
再度この馬から勝負をしようと思います。

前走の敗戦で人気も落としそうですからね。

相手は ディアデラマドレ

この馬は今年2戦していますが、どちらも内容が秀逸です。
能力は相当高いでしょうし、勢いもあるので外せない存在ですね。

3番手は キャトルフィーユ

この馬は追って味がないタイプでスピードを保ったままなだれ込む形のレースをします。
そういう意味で今回の舞台、枠順などは絶好と言えます。

最後に ケイアイエレガント

この馬はパワー型なので舞台は微妙ですが、最内枠はいいですね。
今回のメンバーを見て、展開は前に恩恵がありそうなので抑えが必要でしょう。

相手はこの3頭です。

1頭気になるのは連勝中のオツウ
もしかしたらこの馬を加えるかもしれませんが、今の段階では3頭としておきます。

スマートレイアーは力のある馬ですが、パワー型のどん尻勝負という点で
ここは非常にリスクの高い馬だと判断して外します。

アロマティコについてもほぼ同様に評価ですね。
来るとしたらこちらの確率の方が高いと思いますが…

馬券はアイスフォーリスから馬連で3点と3連複1頭流しの3点、合計6点勝負。

本命を中穴として、人気馬も切っているので、的中時の配当は期待できるでしょう。