【京都金杯2020】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都金杯2020】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都金杯2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都金杯は毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。


(写真は2019京都金杯 パクスアメリカーナ)

京都金杯は毎年の年初めに行われる名物重賞レースです。

「競馬の初めは金杯から」

という格言がある事からも分かるように
ただの重賞ではなく、1年の予想を占うゲン担ぎ的なレースとして
扱われている点が特徴のレースですね。

昨年は1番人気のパクスアメリカーナが勝利

川田騎手にとっても幸先のいい出だしとなり
2019年の大活躍につながったレースでした。

このレースで活躍した馬には注目が必要ですね。

 

そんな京都金杯2020にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。

 




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ダイアトニック 3.5倍
メイショウショウブ 5.6倍
サウンドキアラ 6.8倍
カテドラル 武豊 6.9倍
ソーグリッタリング 8.5倍
ブレステイキング 8.7倍
モズダディー 9.7倍
エメラルファイト 12.2倍
ドーヴァー 15.7倍
ハッピーアワー 16.0倍
ロジクライ 17.3倍
キョウヘイ 17.9倍(ニューイヤーSと両にらみ)
ストロングタイタン 20.9倍
エントシャイデン 21.6倍
ボンセルヴィーソ 松山 22.9倍
オールフォーラヴ 27.0倍
ハッピーグリン 29.7倍
テリトーリアル 33.6倍
マイネルフラップ 37.1倍
マルターズアポジー 40.8倍
ストーミーシー 47.3倍(ニューイヤーSと両にらみ)
タイムトリップ 55.5倍
メイケイダイハード 86.1倍
プラチナムバレット 153倍
サイモンラムセス 242倍
トラキチシャチョウ 310倍
シゲルピンクダイヤ(出走回避)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 



 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

抜群の安定感を持つ サウンドキアラ

前走のリゲルステークスでは3着と負けてしまいましたが
常に安定した走りを見せているサウンドキアラ

前走は展開が向かなかった点があり
悲観する内容ではありませんでしたし
格上挑戦で出走したヴィクトリアマイルで7着と
G3では十分に勝ち負け出来る存在。

ハンデ戦の京都金杯なら互角に戦えそうです。

今回が試金石となる エメラルファイト

前走のマイルチャンピオンシップでは単勝万馬券という低評価で
最下位に敗れてしまったエメラルファイト

もともとスピード能力が高くないタイプなので
京都でのGIは厳しい条件でしたが
富士ステークスの競馬はそれほど悪い内容ではありませんでした。

エメラルファイトが今年活躍できるかどうかは
今回の京都金杯での走りにかかっていそうです。

常に安定した走りを見せる ソーグリッタリング

前走のキャピタルステークスでは4着と
久しぶりに馬券圏外へ飛んでしまったソーグリッタリング

キャピタルステークス以前のレースについては
関屋記念3着、エプソムカップ3着を含めて
5戦連続で馬券に絡んでいた超安定株

今回の京都金杯もそれほど強力なメンバーが出走する予定はないので
ソーグリッタリングの安定感が物を言いそうです。

鞍上に武豊を迎える カテドラル

前走のマイルチャンピオンシップでは強敵が揃う中で
6着と健闘して見せたカテドラル

アーリントンカップやNHKマイルカップでも
強烈な末脚を見せて馬券圏内に絡んでおり
展開次第では十分の上位に台頭する可能性は十分

武豊騎手を鞍上に迎えて前進がありそうです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれです。

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。