アルゼンチン共和国杯2019の過去10年データ分析|圧倒的に必要とされるのは○○の能力

Pocket

アルゼンチン共和国杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
アルゼンチン共和国杯2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はGIが一休みの週

メインレースが

「アルゼンチン共和国杯」と「みやこステークス」

という何とも地味な週になっています。

 

それだけに東京競馬場も空いているところ

という事で、MOTOは3日に東京競馬場へ行ってきます。

 

おそらく指定席ではないところの

どこかにいますので、もし見たら声かけてくださいね。

 

という事で、1年に2度しかない条件で行われる

「アルゼンチン共和国杯」

 

ハンデ戦という事で、よりデータが必要になってくると思いますので

早速、データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

アルゼンチン共和国杯2019は東京競馬場芝2500mで行われています。

目黒記念と並んで、重賞でしか行われない
東京芝2500mという舞台は、

日本ダービーからたった100m延びるだけですが
スタミナが問われるコースになっています。

 

そんなアルゼンチン共和国杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アルゼンチン共和国杯、過去10年のデータ分析

長い直線を舞台にしたサバイバルゲームは体力に注目

まず、最初に注目したのはアルゼンチン共和国杯で活躍する馬の脚質です。
以下はアルゼンチン共和国杯での4コーナーでの順位別成績です。

複勝率、回収率共に先行馬の方が優勢です。

ただ、この成績を見て前々から粘り込む馬が強いのかと思いきや

実はそうではありません。

 

 

ここでアルゼンチン共和国杯の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬は

”複勝率90%オーバー、複勝回収率200%オーバー”

 

上がり3ハロン4位以下の馬は

大した活躍が出来ていません。

 

ある程度、前につけている馬が、直線でも鋭い末脚を使う。

体力がない馬から脱落していく

という傾向になっています。

 

アルゼンチン共和国杯はスタミナ豊富な馬を選びたいですね。

 

 

アルゼンチン共和国杯で買えるのはあの馬だけ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「ターフビジョン」

今週のメインレースはアルゼンチン共和国杯

ターフビジョンではアルゼンチン共和国杯の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「ターフビジョン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ターフビジョン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

 

 

タフな馬が強いので、まずは血統に注目

次にアルゼンチン共和国杯の種牡馬別成績を見てみましょう。

 

ディープインパクト産駒の成績が低迷していて

ゼンノロブロイ、ハーツクライといった

長距離専門のサンデー系種牡馬が活躍しています。

 

ただ末脚が鋭いだけではなく

スタミナに裏打ちされた体力が求められます。

 

差しが有利なレースだと、
外枠の馬が活躍することが多いですが

タフなレースになりやすい天皇賞秋については

脚を溜められる内枠が有利である

という事が言えますね。

 

 

ちなみにアルゼンチン共和国杯での馬体重別成績を見てみると

479kg以下の馬が見るからに苦戦しています。

競馬においてのみならず、人間の世界でもそうですが

”体の小さい方が体力が劣る”

というのは鉄則なので、

長距離適性の判断がつかない馬は

馬体重を見てみると参考になると思いますよ。

 



 

体の温まっている馬か、体力を温存している馬

それではアルゼンチン共和国杯におけるレース間隔別成績を見てみましょう。

中2週以内で出走している馬と

10週以上間隔を空けて出走している馬

成績が良くなっています。

 

先ほども話したように

アルゼンチン共和国杯は体力の必要な舞台

連戦で使われて、勢いのある馬、か

長く休みを取って、体力を残している馬

どちらかのパターンが狙い目ですね。

 

アルゼンチン共和国杯はハンデ戦なので
過去10年における斤量別成績を見てみましょう。

 

ぶっちゃけ、ハンデはあまり関係ありません。

 

 

あともう一つ、過去10年における人気別成績を見てみると

 

2着以内の馬は、ほぼ4番人気以内

ハンデ戦ではありますが、

馬の個体の能力が重要になるレースだと言えますね。

 

 

以上がアルゼンチン共和国杯2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

アルゼンチン共和国杯は東京競馬場芝2500m
という条件で行われるレースですが

タフなレースになりやすいのが特徴です。

タフなレースゆえにサバイバルゲームの様相を呈しており

体力のある馬が有利となっています。

 

ローテーション的に体力を残せる馬

血統的に体力のある馬

が、好走しているレースなので

そのあたりをピックアップしておきたいですね。

 

またハンデ戦ではありますが、斤量はそれほど関係ないので

体力と能力がある馬を選びたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がアルゼンチン共和国杯2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑