【天皇賞秋2019予想】アーモンドアイ、サートゥルナーリア以外で期待しているのはあの馬

Pocket

天皇賞秋2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の菊花賞では秋華賞のカレンブーケドールに続いて

このコーナーで推した サトノルークス が2着に走ってくれました。

 

 

 

ただ、自分の馬券を見直して見ると

自信の切り馬だった ワールドプレミア が快勝

 

軸のヴェロックスは3着を確保しただけに

1着 切り ワールドプレミア

2着 注目馬 サトノルークス

3着 本命 ヴェロックス

という何ともバランスの悪い馬券になってしまいました。

 

自信の切り馬が馬券から飛んでも

本命馬、相手馬がこなきゃ馬券は当たらないですし

今回のように穴馬が来ても、切り馬が来ると当たらない…

これが競馬の奥深さであり、難しさですね。

 

まあまあ、こんな事は普通にある事なので

めげずに予想をしていきたいと思います。

 

という事で、今週の天皇賞秋における

「今週の注目馬のコーナー」にいってみましょう!!

 

 

天皇賞秋2019で
最も注目している馬は

ワグネリアン

です。

 

 

ワグネリアンは東スポ杯2歳ステークスで
初めての重賞を制して、

翌年の日本ダービーでは先行策に出て勝利

福永祐一騎手のダービージョッキーの栄冠をもたらせてくれた馬です。

 

常にGIでも主役を張ってきた馬ですが

今回はアーモンドアイ、サートゥルナーリアという
強烈な2頭がいるため、3~5番人気あたりが予想されます。

 

今年に入ってからの2戦は大阪杯3着、札幌記念4着と

精彩を欠いている部分があるので

走るか走らないのか判断がつきづらい馬ですが

そんなワグネリアンをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

反動の大きいディープ産駒、今回は走りやすいローテ??

ワグネリアンは言わずと知れたディープインパクト産駒です。

ディープ産駒の特徴と言えば

「耐久性が弱い」

という点です。

 

ワグネリアン以外のディープインパクト産駒を見てみても

キズナ、マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティ

などなど、クラシックが終わって古馬になってしまうと

パフォーマンスが落ちる馬ばかりです。

(特に末脚を武器にしているようなタイプは特に…)

 

ワグネリアンも前例にもれず

今年は3着と4着という一歩足りない競馬になっていますが

体質が弱いがゆえに、今回走れるローテーションである

という事が言えます。

 

順調さを欠いてぶっつけ本番となった大阪杯

一応予定通りだったローテーションながら
まったくしゃんとしたところを見せられなかった札幌記念

ワグネリアンの余力は十分に余っていると言えます。

 

ワグネリアンの持っている力を出せるのは今回の天皇賞秋

という事が言えると思います。

 

 

天皇賞秋で来るのは関東馬ではなく、あの関西馬!

チェックメイトでは天皇賞秋において

“絶対的な主役となる関西馬”
の存在を掴んでいます。

その馬は “陣営が最強馬への道を確信している期待馬” です。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
天皇賞秋で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

 

 

末脚を十分に活かせる舞台

ワグネリアンは日本ダービーを先行策で押し切り
札幌記念でも前々から競馬を見せましたが

本質的には後方で脚を溜めて末脚勝負をする馬です。

 

天皇賞秋の舞台である天皇賞秋ですが
差し馬の方が活躍出来る舞台になっています。

以下は天皇賞秋における過去10年の4コーナー順位別成績ですが

回収率の面で圧倒的に差し馬が有利です。

 

 

天皇賞秋における過去10年の上がり3ハロン別成績を見てみても

上がり3ハロンのタイムが速い馬が活躍をしています。

 

ずっと先行策に出てきたワグネリアンですが

今回は本来のワグネリアンの騎乗が出来る舞台

 

アーモンドアイ、サートゥルナーリア以外とは
能力差がないメンツなので

得意な舞台での巻き返しは十分に考えられます。

 

 




 

以上、2つの理由から

天皇賞秋2019で
最も注目をしている馬は

ワグネリアン

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

今年は大阪杯、札幌記念と惜敗が続いており
3歳の頃のインパクトが薄れつつあるワグネリアンですが

今年一度もまともに走っていないので
天皇賞秋で能力を全て開放する可能性が高いです。

また、差し馬が有利な天皇賞秋なので

ワグネリアンが持っている本来の武器を発揮できる可能性が高く
パフォーマンスが上げてくることが期待できます。

 

ローテーション、舞台適性と2つの要素が揃っているので

今回はそれなりに人気になると思いますが、

上位に評価をしなくてはいけない存在です。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

天皇賞秋2019で私が注目している馬はワグネリアン

切ろうと思っている馬はあの人気馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ