【天皇賞秋2019予想】アーモンドアイvsサートゥルナーリア、どっちが上?

Pocket

天皇賞秋2019に出走を予定している日本の強豪馬3頭
アーモンドアイ、サートゥルナーリアについて

実力が上なのはどっちなのか?

天皇賞秋という舞台が合うのはどっちかなのか?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ちょっと前の話になりますが、ツイッターで

「12年間、手取り14万円が続いている。日本オワタ」

というツイートが話題になっていましたよね。

 

このツイートを見て、ホリエモンが

「日本じゃなくて、お前が終わってんだよ」

というリツイートをして、ちょっとした炎上をしていました。

 

私はホリエモンの意見に同調しているんですが

「今の時代を理解しているか?」

という点が大きな考え方の違いになっていると思うんですよね。

 

 

日本は閉鎖的な社会で、特に昔は閉鎖的でしたから

転職をしてしまうと裏切り者、みたいなレッテルを貼られてしまいましたし
自分で独立起業、もしくは副業なんて出来ない環境にありました。

それだと、手取り14万円でも我慢せざるを得ない

という状況になってしまうと思いますが、

今は違うんですよね~

 

副業なんて手軽にできるし、副業の手段なんて五万とあるし

転職サイトもたくさんあるし、情報も昔よりも通るようになってきたし

と、まあ自由度が圧倒的に変わってきています。

 

 

その情報を得ているのか、得ようとしているのか?

得たら自分を変えようと動いているのか?

まあ、ここのマインドセットの差ですね。

 

この情報格差をよく国のせいだとか、自己責任だとか言いますが
何を言っても現状は変わらないわけですから

なんとでもフォローできると知った時点で
自分が動くしかないんですよね。

 

間違っても馬券を副業にしようとしてはダメですよ。

ブログやYouTubeなら全然OKです。

 

という事で、天皇賞秋の最大の焦点である

アーモンドアイvsサートゥルナーリア

果たして、どっちが強いのか?

見解を話していきたいと思いますよ。

 

動画で完全版を見てみたい方は以下からどうぞ

 

 

< MOTOの競馬メールマガジン >

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アーモンドアイとサートゥルナーリア、強いのはどっち?

まず競馬予想の大前提となる能力値について
2頭の比較を行っていきたいと思います。

 

私の結論から話しましょう!

強いのは アーモンドアイ です。

 

くしくも2頭ともロードカナロア産駒ではありますが

なぜ、アーモンドアイの方を上位に取っているのか??

理由を説明していきたいと思います。

 

アーモンドアイを上に取った最大の理由は

どんな競馬にも対応できる

「順応力」

に差があるから、です。

 

アーモンドアイは桜花賞のような
強烈な末脚を見せて差してくる印象が強いですが

オークスやジャパンカップでは先行しているように

脚質の対応力があります。

 

また、1600mから2400mで勝ち鞍を挙げているように

距離への順応力もあります

ドバイ、東京、京都、阪神などで勝っているように
競馬場への対応力もあります

良馬場から重馬場で勝っているように馬場への対応力もある。

スローペースでもハイペースでも結果を残しているように
ペースに対する対応力もあって

GIを続けて勝つだけの精神力もある

 

という事で、隙がありません。

 

一方のサートゥルナーリアですが
勝ってきたレースはスローからの上がり勝負が多く

唯一、ハイペースで激しい競馬になった日本ダービーでは

ペースへの対応が出来ずに最後はバテてしまっています。

 

まだキャリアが浅いので、完全に決められませんが

ゆったりとした流れで、自分のリズムで走れないと
力を出せないという内容の走りを見せています。

 

この順応力の差で

アーモンドアイ が上だと判断します。

 

 

天皇賞秋で勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で天皇賞秋の勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

天皇賞秋の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

アーモンドアイとサートゥルナーリア、天皇賞秋の舞台が合うのはどっち?

次にアーモンドアイとサートゥルナーリア

どっちが天皇賞秋の舞台に合うのかを考えていきます。

 

こちらも私の結論から話しましょう!

舞台が合うのは アーモンドアイ です。

 

こちらも理由を説明していきたいと思います。

 

天皇賞秋は東京芝2000mという舞台で行われていますが

毎年持久力勝負になる舞台設定になっています。

 

過去10年の天皇賞秋における4角順位別成績を見てみると

好走率は大して変わりませんが、期待値を見てみると

「圧倒的に差し馬が有利です」

 

 

また過去10年の天皇賞秋における種牡馬成績を見てみると

ディープインパクト産駒の回収率が良くありません。

 

ディープインパクト産駒は末脚に優れている馬ですが
スローペースからのヨーイドンが得意なタイプで

速いペースで脚を溜められない競馬では
力を発揮できない馬が多いのが特徴です。

 

つまり、天皇賞秋は速いペースで瞬発力よりも

持久力が問われるタフな競馬になりやすいと言えます。

サートゥルナーリアが唯一負けた

日本ダービーに似た流れになる事が予想されるので

 

天皇賞秋は 

アーモンドアイの方が舞台適性が高い

と考えます。

 

 




 

以上の理由から

天皇賞秋2019において
アーモンドアイvsサートゥルナーリアの評価は

アーモンドアイが上

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

天皇賞秋2019の主役を彩る

アーモンドアイ と サートゥルナーリア

どちらも能力が高く、素晴らしい馬ですが

総合力では アーモンドアイが上 だと言えます。

 

また、天皇賞秋の舞台は持久力勝負になりやすく、
タフな舞台で行われるので、

サートゥルナーリアにとっては不安のある舞台

天皇賞秋においてはアーモンドアイを上位にとりたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

天皇賞秋2019で私が注目している馬は
今回は差し脚を存分に活かせそうだな

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ