【天皇賞秋2019予想】絶対に馬券を買わないのは危険な人気馬は圧倒的なスピードを持つあの馬!

Pocket

天皇賞秋2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

先週の菊花賞では自信の1頭を挙げましたよ。

その馬の名前は

ワールドプレミア

 

 

神戸新聞杯3着って言っても

そんなに強い競馬をしたわけじゃないし

そもそも京都芝3000mという舞台も合わないでしょ!?

 

という事でですね。

声高らかに危険馬として名乗りを挙げたんですが

見事に来られてしまいました。

 

昨年と同様の3分6秒台というスローペースで
ワールドプレミアが苦手なスタミナ勝負にならなかったことに加えて

武豊騎手が内にべったりとくっついて
距離ロスなく、スタミナを温存する騎乗をしたので

見事に力を出し切りました。

 

ここまで上手くやられたら敗れて悔いなしですね。

ただただ完敗の一言です。

 

まあこれにめげずに天皇賞秋でもがっつりと

人気馬を切っていこうと思いますよ。

 

という事で、天皇賞秋の危険馬にいってみましょう!!

 

動画で完全版を話していますので、もう少し詳しく聞きたい方は
以下をクリックして見て(聞いて)下さいね。

 

 

天皇賞秋2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ダノンプレミアム

です。

 

 

ダノンプレミアムは2歳時に
朝日杯フューチュリティステークスを圧勝

3歳初戦となった弥生賞でもワグネリアンを下しており
クラシックの第一候補として、名乗りを上げていましたが
故障によりダービーをぶっつけ本番で挑んで惨敗

前走の安田記念も惨敗したものの
今年は金鯱賞、マイラーズカップとG2を圧勝しており

アーモンドアイ、サートゥルナーリアに続く

3番人気グループに入ることが予想されます。

 

そんなダノンプレミアムがなぜ
天皇賞秋2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

成績的に弱い??GIという大舞台は不向きか!?

ダノンプレミアムの成績、そしてレース内容を見てみると

勝つときは圧倒的な強さを見せて

負けるときは脆くも敗れ去る

という極端な成績になっています。

 

前走の安田記念については最下位に敗れています。

「敗因は?」と聞かれるとスタートしてから
すぐにロジクライに寄られてしまった

という事を挙げる人が多いですが

後方から諦めずに競馬をして
直線でも必死に追ったうえで全く伸びませんでした。

 

その他のレースを見れば、
能力的に劣っているわけではない事は明らかなので

ダノンプレミアムが勝手にレースを止めてしまった。

と、解釈するのが自然です。

 

金鯱賞やマイラーズカップはG2という事で

精神的に楽な競馬だったことを考えれば

ダノンプレミアムは自分のリズムで競馬が出来ないと

脆さが出てしまう精神的に弱い馬

だと、判断できます。

 

ここで今回の天皇賞秋のペースや内容を見てみると

持久力が必要なタフな競馬

になっている事が多く

ダノンプレミアムにとっては
非常に走りづらい舞台であることが予想されます。

 

 

天皇賞秋2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
天皇賞秋はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは天皇賞秋

TAZUNAでは天皇賞秋の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

先行脚質が苦戦する天皇賞秋、果たして粘れるのか?

ダノンプレミアムが勝ったレースを見てみると

2,3番手の好位から抜け出しての粘りこみ

で結果を出しています。

 

この脚質が天皇賞秋ではあまり合いません。

 

過去10年の天皇賞秋における
4コーナーでの順位別成績を見てみると

 

と、複勝率的には健闘しているものの

”期待値は非常に低くなっています”

本当に強い馬しか来ていない

という事ですね。

 

また、過去10年の天皇賞秋における
上がり3ハロンの順位別成績を見てみると

上がり1,2位の馬が圧倒的な成績を残しています。

 

後方からの競馬になった安田記念では
まったくやる気を見せなかっただけに

ダノンプレミアムにとって差し馬が台頭しやすい

天皇賞秋は合わない舞台である

と言えます。

 




 

以上の理由から

天皇賞秋2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ダノンプレミアム

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

朝日杯、金鯱賞、マイラーズカップをはじめ

重賞を5勝しているダノンプレミアムですが

高い能力の反面、精神的にもろい部分が多く

自分の競馬が出来ないと弱い面があります。

 

今回出走する天皇賞秋の舞台は
持久力勝負になりやすく、タフな舞台で行われるうえに

ダノンプレミアムが得意としている先行策が
通用しづらい舞台設定となっているので

ダノンプレミアムの欠点が露出する可能性が高いと言えます。

天皇賞秋ではダノンプレミアムを切って勝負したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

天皇賞秋2019で私が注目している馬は
今回は差し脚を存分に活かせそうだな

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ