菊花賞2019枠順確定、人気馬の中で不利な枠を引いた馬はいるのか??

Pocket

菊花賞2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた菊花賞2019での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は変則4日間開催で疲れましたね~

JRA的には売り上げの問題も合って
3日間開催を少しずつ増やしていますが

個人的には反対です。

 

なんとなく、新聞の印を見て
運で馬券を買うような人はいいと思いますが、

私は1レースを予想するのに1時間くらいかけるので

ちょっと疲れちゃうんですよね~

 

運否天賦でいいから、とりあえず馬券を買いたいんだ!

だから良いじゃないか!?

という主張をする人もいると思いますが

そんな人は普通に負け組になるだけです。

 

私は昔、ずっと負け組だったので
負けたくないんですよね~

そして、真剣勝負をしたいんです!!

 

今週末に行われる菊花賞は真剣勝負が出来そうなメンツですよね。

ヴェロックスが圧倒的な人気になると思いますが

この1強レースをどう攻略するのか?

 

ビッグレースという事で、

木曜日に枠順が確定となりましたので
枠順確定後の見解を話していきたいと思います。

 

それでは、行ってみましょう!!

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

菊花賞2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

菊花賞(京都芝3000m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・差し馬(捲りを含む)が強いレース

・前走で好走した馬が強いレース

という相反する特徴があります。

また、天気の方ですが、京都競馬場は土曜日こそ崩れそうですが

日曜日は晴れそうなので、良馬場か稍重馬場のレースが期待できそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。

 

動画では全頭評価をしていますので
穴馬をチェックしたい方は以下からどうぞ。

 




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ザダル

セントライト記念では内から粘り込んで
3着を確保してくれたザダル

セントライト記念では最後サトノルークスに差されたように
体力には若干の疑問がある馬なので
今回引いた最内枠はザダルにとっては好条件だと言えますね。

 

1枠2番 ニシノデイジー

前走のセントライト記念では内でインで脚を溜めた馬が
上位を独占する中、大外をぶん回して5着まで突っ込んできたニシノデイジー

セントライト記念に限らず、数々のレースで
騎乗ミスと言えるような内容で凡走を続けてきたニシノデイジーですが
今回は勝浦騎手からルメール騎手へバトンタッチ

東スポ杯2歳ステークスの内容を見る限り
勝負根性もあり、内から馬群を割る競馬も対応できる馬なので
菊花賞という長丁場で、ロスをなく走れる内枠は絶好の条件

騎手が替わってどこまでパフォーマンスを伸ばすのか注目ですね。

 

3枠5番 ワールドプレミア

神戸新聞杯ではディープインパクト産駒らしい末脚で3着に入り、
一躍菊花賞の有力候補に躍り出たワールドプレミア

典型的なディープインパクト産駒という感じの馬で
体力に不安のあるタイプなので
外枠から常に外を回るような競馬は避けたかったところですが
今回は5番枠という内枠をゲット

鞍上に名手武豊騎手を迎えてのレースで
上手く立ち回ってのレースが期待できそうですね。

 

4枠7番 ヒシゲッコウ

条件戦では素晴らしい末脚を披露して
圧勝してきたヒシゲッコウ

2年前の菊花賞を制したキセキと同じルーラーシップ産駒
と言うこともあり、体力で勝負するタイプの馬です。

内で馬群に揉まれるよりも、自分のリズムで競馬をしたいタイプなので
極端な内枠を引かなかった点は良かったですね。

名手スミヨン騎手を背にいきなりのGIで
どこまで通用するのか、注目ですね。

 

 

菊花賞で勝利を確信しているのはあの馬!

ここは抜群の仕上がりで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で菊花賞の勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

菊花賞の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

6枠12番 レッドジェニアル

前走の神戸新聞杯では先行策に出たものの
最後は甘くなってしまい4着に敗れてしまったレッドジェニアル

スタミナで勝負するタイプの馬なので
馬群に揉まれない外枠が良かったところ
今回は外目の偶数枠を引くことが出来ました。

今回は溜める競馬に転じそうなので
一発があってもおかしくないですね。

 

7枠13番 ヴェロックス

神戸新聞杯ではサートゥルナーリアに敗れたものの
きっちりと2着を確保して地力を見せつけたヴェロックス

前走は阪神芝2400mという合わない条件の競馬でしたが
今回は京都芝3000mという特殊条件での競馬で
パフォーマンスアップが期待できる条件です。

推進力を武器としている馬なので
枠順としては外目が良いタイプですが
今回は臨んだ枠順を引けましたね。

 

7枠14番 サトノルークス

皐月賞、日本ダービーは惨敗したものの
セントライト記念2着と復調気配を見せたサトノルークス

ディープインパクト産駒ながら、パワーと体力を武器にして
レースを走る馬なので、菊花賞の舞台は合っていると思いますが
前走のように内で脚を溜めての競馬の方が合う馬

枠順はちょっと残念な感じになっちゃいましたね。

 

7枠15番 ホウオウサーベル

前走は2勝クラスを圧勝して長距離適性を見せたホウオウサーベル

ハーツクライ産駒らしく長くいい脚を使うタイプの馬で
前が邪魔にならない外目の枠を引いたのは良かった点だと言えます。

あとは地力が通用するかどうかですね。

 



 

まとめ

菊花賞2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 ニシノデイジー

7枠13番 ヴェロックス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

3歳牡馬クラシック最後の熱き戦い!!

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が京都大賞典2019で注目している馬は
この舞台が最適だと言えるあの馬です。

ここは注目ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑