【菊花賞2019予想】ヴェロックス以外で期待しているのはあの馬

Pocket

菊花賞2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の秋華賞では久しぶりに会心の的中となりました。

 

この「今週の注目馬のコーナー」で取り上げた

カレンブーケドール が2着に入ってくれました。

 

多くの人は「2着に入ったから良し!」

と、思うかもしれませんが

 

個人的には秋華賞でのカレンブーケドールは

「騎乗ミスだった」

と思っています。

 

カレンブーケドールはスイートピーステークスや
オークスでのレースぶりを見れば明らかなように

体力を活かした持久力で勝負してくるタイプ。

 

脚を溜めて、直線で爆発させる競馬が通用しないのは

クイーンカップの競馬で既に証明済

だけれども、秋華賞では脚を溜める競馬をしちゃったんですよね~

 

これが「GIの難しさ」なんですよ。

GIで人気の馬に騎乗すると

「勝てるかもしれないから大事に乗らなきゃ」

という気持ちが表に出てしまうんですよね~

 

ですので、GIでの実績がない津村騎手としては
仕方がない部分があると思うんですが

今回の秋華賞での騎乗でしっかりと反省点を見つけて

今後、GIで活躍できる騎手に成長して欲しいですね。

 

という事で、今週の菊花賞における

「今週の注目馬のコーナー」にいってみましょう!!

 

 

菊花賞2019で
最も注目している馬は

サトノルークス

です。

 

 

サトノルークスは新馬戦で2着した後、

3連勝と一気にクラシック候補制へと登りつめましたが

皐月賞、日本ダービーでは惨敗

しかし、セントライト記念で2着に入ったため

菊花賞では6番人気以内に入る事が予想されます。

 

GIで惨敗した実績と前走で好走した実績を持ち合わせて

走るか走らないのか判断がつきづらい馬ですが

そんなサトノルークスをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

動画で完全版をみたい方は以下からどうぞ

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

今回は適性がある舞台でのレース

秋華賞は京都芝3000m内回りコースで行われます。

3歳馬は走ったことがない未知の距離でのレースという事で

体力を問われるレースになっています。

 

ここでサトノルークスの成績を見てみると

非根幹距離のすみれステークス、セントライト記念で好走していますし、

1800mという末脚勝負の舞台に合っても
上がり3ハロンのタイムが

34.0秒(未勝利戦)

35.5秒(500万条件)

と、33秒台の末脚を使えておらず

いかにも、長距離で持ち味を発揮する馬

という感じの馬です。

 

昨年の菊花賞のように道中超スローペースで流れて

上がりタイムが33秒台を連発するような馬が
多く出るようなレースになってしまうと厳しいですが

長距離レースらしく、上がりタイムがかかるレースであれば
サトノルークスの持ち味を十分に発揮できそうです。

 

また前走好走しているのも好材料です。

こちらは過去10年における菊花賞での
前走着順別成績ですが

と、前走で馬券圏内に絡んだ馬が成績を残しています。

 

つまり、菊花賞は調子のいい馬が力を出しやすいレースという事で

前走の好走で復調気配を見せるサトノルークスは
このままの勢いで好走してもおかしくありません。

 

 

強い馬が一目で丸わかり!

うまとみらいと内のコンテンツ
「うまコラボ」の指数をご存知ですか?

毎週のように推奨馬が馬券内に絡むので
見応え十分な指数サイトなんです!

ココは凄くオススメします。

【10月13日(日)の的中率】
コラボ@指数上位6位までを
BOX購入した場合の的中率です。

単勝79.2%
複勝100%
馬連75%
ワイド75%
馬単58.3%
3連複58.3%
3連単50%

日々、的中を積み重ね実績を残してます。

今週末の無料配信は「菊花賞」です。

まずはメールアドレスを登録して、
確認メールが来るのでクリックで登録完了!

▼ログインして検証してみてください▼

うまとみらいとの「うまコラボ」指数はココから見て下さい。

 

 

活躍するタイプのディープインパクト産駒

ディープインパクト産駒は

「長距離戦が苦手」

という印象がありますが、これは間違っていません。

ただ、菊花賞に限ってはディープインパクト産駒は結果を残しています。

 

以下は菊花賞における過去10年の種牡馬別成績ですが

ディープインパクト産駒は

”複勝回収率100%以上”

という好成績を収めています。

 

菊花賞で活躍するディープインパクト産駒は
2つのパターンがあります。

 

一つは、圧倒的な能力を持ったディープ産駒

サトノダイヤモンド、リアルスティール、フィエールマンが
これにあたりますが、このパターンは

舞台適性の無さを能力でカバーしてしまう事で
菊花賞を好走しているパターンです。

 

もう一つは、体力・パワーに特化したディープ産駒

サトノノブレス、ポポカテペトルが
これにありますが、このパターンは

単純に長距離適性のあって好走しているパターンです。

 

今年の菊花賞において圧倒的な能力を持つディープ産駒はいません。

ただ、サトノルークスは体力・パワーに
特化したタイプのディープ産駒なので

力が足りなくても適性の高さで好走してくる可能性があります。

 

 




 

以上、2つの理由から

菊花賞2019で
最も注目をしている馬は

サトノルークス

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

皐月賞、日本ダービーでは惨敗してしまったサトノルークスですが

今回は3冠レースの中で、最も舞台適性の高い
菊花賞でのレースとなります。

調子のいい馬が活躍しやすい菊花賞において
前走のセントライト記念で好走した点は心強いですし

ディープ産駒ながら、体力とパワーがあるタイプなので
前走以上のパフォーマンスを見せてくる可能性があります。

 

今回はそれなりに人気になると思いますが、

上位に評価をしなくてはいけない存在です。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

菊花賞2019で私が注目している馬はサトノルークス

切ろうと思っている馬はあの人気馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ