天皇賞秋2019の過去10年データ分析|3歳馬と4歳馬どっちが強い?

Pocket

天皇賞秋2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
天皇賞秋2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は天皇賞秋が行われますが

「今年で一番豪華なGI」

と言えると思います。

 

なんといっても

アーモンドアイ vs サートゥルナーリア ですよね。


(主役の アーモンドアイ)

 

ここにダービー馬の ワグネリアン

そして、卓越したスピードを持つ ダノンプレミアム

が、出走とあって、白熱した戦いが期待できます。

 

アルアイン、アエロリット、スワーヴリチャード

が、完全なわき役になるんですから

 

超豪華メンバーですよ。


(伏兵馬の アルアイン)

 

超豪華メンバーである理由はもう一つ

まだ勝負付けのついている戦いではない

という事ですよね。

 

これでアーモンドアイとかサートゥルナーリアが圧勝するようだと

次からは「1強レース」になってしまいますからね。

 

という事で、超豪華メンバーで行われる天皇賞秋2019の

データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

天皇賞秋2019は東京競馬場芝2000mで行われています。

広くて直線の長い東京競馬場芝コースで行われるGIという事で

スピードと地力が問われるコースですね。

 

そんな天皇賞秋を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

天皇賞秋、過去10年のデータ分析

長い直線を舞台にしたサバイバルゲームなら有利なのは差し

まず、最初に注目したのは天皇賞秋で活躍する馬の脚質です。
以下は天皇賞秋での4コーナーでの順位別成績です。

逃げ・先行勢と差し・追い込み勢の成績を見比べてみると

好走率 = 先行

回収率 = 差し

という図式が成り立ちます。

 

天皇賞秋の舞台である東京芝2000mは
持久力勝負になりやすいコース

この前提に加えて、GIという事で各馬が勝負騎乗に出る訳ですから

当然、差し馬の方が成績が良くなりますね。

 

 

ここで天皇賞秋の過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位、2位の馬は

”複勝回収率200%オーバー”

 

複勝率に関しては

上がり3ハロン1位の馬が 93%

上がり3ハロン2位の馬が 71%

と、上がりの速い馬は確率も高い事が分かります。

 

天皇賞秋はタフな流れを差せる馬を選びたいですね。

 

 

情報を厳選すると天皇賞秋はあの馬1択!!

様々な競馬予想を集めと
天皇賞秋はあの馬1強である事が分かった!

今週の「天皇賞秋」も無料で予想を公開しているので
以下をクリックして見て下さいね!!

ナツミの買い目無料情報はコチラから

 

 

東京芝2000mは外枠が不利、ここはベタにいこう

次に天皇賞秋の枠順別成績を見てみましょう。

 

パッと見て、外枠が不利である事が分かります。

 

東京芝2000mはスタートからすぐにカーブを曲がるコース

単純に距離ロスを被るコース形状になっていますし

良いポジションを取りづらい枠になっています。

 

差しが有利なレースだと、
外枠の馬が活躍することが多いですが

タフなレースになりやすい天皇賞秋については

脚を溜められる内枠が有利である

という事が言えますね。

 

 

ちなみに天皇賞秋での人気別成績を見てみると

1,2番人気の馬が複勝回収率100%超え

そして、5~7番人気の馬が複勝回収率100%超え

と、強い馬が強い競馬をしたのちに

力のある伏兵馬が馬券に絡む激走をしています。

 

実力勝負なので、力のない馬は台頭出来ないですし

実力勝負で打ち砕かれる人気馬と勝ち残る人気馬が分かれる

という事が分かります。

 



 

王道ステップは3パターン

それでは天皇賞秋における前走レース名別成績を見てみましょう。

メインとなるステップは3パターン

毎日王冠、宝塚記念、札幌記念

この3つのレースが、圧倒的に好成績を収めています。

 

逆に天皇賞秋と求めらえる適性の違うレースである

オールカマーや京都大賞典は成績を残せていません。

 

神戸新聞杯経由のサートゥルナーリアはイマイチなローテ

安田記念経由のアーモンドアイにとっても

それほど良いデータではありませんが

今年の主役、2頭はどうなるでしょうか?

 

 

最後に年齢別成績を見てみましょう。

4歳馬と5歳馬が突き抜けた成績を残しています。

3歳馬が弱い

これは体力的にも精神的にもタフなレースになっている

という事なので、このあたりも考えていきたい材料ですね。

 

 

以上が天皇賞秋2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

天皇賞秋は東京競馬場芝コースで行われるレースですが

タフなレースになりやすので、

前に行く馬よりは差し馬の方が有利なレースです。

 

精神力が充実していて、能力を維持できている4,5歳馬

距離ロスなく、体力を温存できる外枠以外の馬

スピード勝負にも耐えられるローテーション

このあたりを重視して、予想をしていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が府中牝馬ステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑