【菊花賞2019予想】絶対に馬券を買わないのは危険な人気馬は末脚自慢のあの馬

Pocket

菊花賞2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

先週の秋華賞では特別版として2頭挙げました。

1頭は1番人気だった ダノンファンタジー

もう1頭は中穴だった ビーチサンバ

を挙げました。

 

結果は…

2頭とも見事に撃沈してくれました!!

 

6番人気以内の馬を2頭挙げると

たいていどっちか1頭が馬券に絡むんですけどね~

今回は上手くいきました!!

 

 

秋の中山・阪神開催は裏目を引くことが多かったですが

東京・京都開催ではいい感じに移っていきそうですね。

 

という事で、菊花賞の危険馬にいってみましょう!!

 

 

菊花賞2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ワールドプレミア

です。

 

 

ワールドプレミアは3歳春からオープンクラスで戦っていましたが
クラシックの権利を獲れず、充電期間を経ていましたが

秋初戦となった神戸新聞杯ではヴェロックスに次ぐ3着に入り
菊花賞の権利を獲得しました。

ディープインパクト産駒らしい末脚を武器にしている上に

サートゥルナーリア、リオンリオンという
有力馬が出走を見合わせた事からも
菊花賞でも上位人気になる事が予想されます。

 

そんなワールドプレミアがなぜ
菊花賞2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

体力勝負に不安アリ!昨年のようなペースにならなければ…

先ほども話しましたが、

ワールドプレミアはディープインパクト産駒なので

スピードと瞬発力を武器にしている馬です。

 

菊花賞は京都競馬場芝3000mという
通常行われる条件ではないので、

本質的には、スタミナと持久力が問われるレースです。

 

 

昨年の菊花賞のように超スローペースで流れれば
ディープインパクト産駒も活躍しやすくなりますが

例年のような3分3秒前後の決着になると

ワールドプレミアにとっては、どうしても分が悪くなってきます。

 

過去10年、ディープインパクト産駒が菊花賞で
馬券圏内に入った馬のデータを見てみると

フィエールマン 1着

ポポカテペトル 3着

サトノダイヤモンド 1着

リアルスティール 2着

サトノノブレス 2着

トーセンラー 3着

 

フィエールマン、リアルスティールはスピードが勝ったタイプですが

そもそも世代で屈指の能力を持っていた馬

サトノダイヤモンドも圧倒的な能力を持っていた馬なので

そういったディープインパクト産駒は
適性云々に関わらず馬券に絡んでいますが

ポポカテペトル、サトノノブレスといった2頭は

体力よりのディープインパクト産駒で
舞台適性を利して馬券圏内に入った馬達です。

 

今年の3歳牡馬の力関係を見てみると

サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー

この3頭が抜けてあとは団子状態といった勢力分布になっています。

 

スピードと切れ味で勝負するワールドプレミアにとって

今回の舞台は間違いなく、辛い舞台になるはずです。

 

 

菊花賞2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
菊花賞はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは菊花賞

TAZUNAでは菊花賞の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

そもそも強いのか?成績と内容が噛み合っていない

ワールドプレミアは神戸新聞杯で3番人気3着

という事で額面だけを見れば

ヴェロックスに次ぐ2番手候補筆頭のような形になっていますが

果たして、本当に強いのでしょうか?

 

神戸新聞杯の走りを見てみると…。

2着ヴェロックスは舞台適性がないところに
本番が次という状態の休み明けとして出走したにもかかわらず

しっかりと1馬身半の差をつけられています。

同じく休み明けで出走したワールドプレミアですが

休み明け得意なディープ産駒に加えて
権利取りが求められる戦いだった事を考えれば

着差以上に力の開きがあった

と言えます。

 

過去に出走したもう一回の重賞、京都2歳ステークスでは

クラージュゲリエ、ブレイキングドーンの2頭に
3馬身半の差をつけられており

完全に力が及んでいないという内容でした。

 

安定感があるタイプなので、成績がまとまっており

菊花賞でも堅実に上位に来そうな感じがする馬ですが

そもそものスケールは大きくない

現時点ではそう判断するしかありません。

 

人気が被りそうな今回は、

完全に期待値の低い存在に落ちてしまいそうですね。

 




 

以上の理由から

菊花賞2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ワールドプレミア

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

前走の神戸新聞杯では休み明けで3着に食い込み
一躍、菊花賞でも有力候補となったワールドプレミア
(サートゥルナーリア、リオンリオンの回避で尚更)

しかし、レースの内容を見てみると

重賞でまともに戦えたレースはなく
そもそもの能力に疑問符がつく馬だと言えます。

 

加えて、今回の菊花賞の舞台である京都芝3000m戦は
ワールドプレミアにとっては向かない舞台

神戸新聞杯よりもパフォーマンスが下がる危険性が高いです。

菊花賞ではワールドプレミアを切って勝負したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

菊花賞2019で私が注目している馬は
前走でGIにメドをつけてきたかなぁ

と、思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ