富士ステークス2019の過去10年データ分析|東京のレースなのに○○が必要

Pocket

富士ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
富士ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

最近「株式投資」の勉強をしています。

よく「競馬で副業」とか「競馬でがっつり儲けて」

みたいなフレーズで広告を打っている会社がありますが

「ぶっちゃけ競馬で儲けるのってかなり難しいです」

 

”控除率25%”

という時点で半分以上無理ゲーなんですよね。

 

 

私は世間に情報発信をしている競馬予想家の一人なので

勉強を始めてからの馬券収支は

過去6年で年間プラス5回

という成績ではありますが、

プラスにするのってそう簡単ではありません。

 

競馬で儲けようと思っている時点で、

ちょっと頭が弱いと思うので、そういう考えはやめて

『楽しく競馬をやって勝てたらいいな』

くらいの気持ちでいると良いですよ。

 

一方の株式投資は、株だけで飯を食っている人がごまんといる世界

そもそも控除率という概念はないですし(手数料はありますが)

世界の人口が増えていくのだから、
世界全体で見れば徐々に増えていく

という追い風の中で行われるギャンブルです。

 

どっちがいいのか、という事は一目瞭然ですよね。

という事で、楽しいゲームとして参加する

富士ステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

富士ステークス2019は東京競馬場芝1600mで行われています。

広くて直線の長い東京競馬場芝コースで行われる重賞という事で

スピードと地力が問われるコースですね。

 

そんな富士ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

富士ステークス、過去10年のデータ分析

確率は五分でも、期待値で見れば差し馬!

まず、最初に注目したのは富士ステークスで活躍する馬の脚質です。
以下は富士ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

逃げ・先行勢と差し・追い込み勢の好走率を見比べてみると

”全くの互角です”

 

ただ、回収率の面で見ると

”差し・追い込み馬がやや有利です”

 

 

ここで富士ステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

こちらも好走率でいえば、脚質不問ではありますが

前で粘るタイプの馬の期待値の低さが目立ちます。

 

東京芝1600m戦はスタートから最初のコーナーまで

距離がありますし、広くて直線も長いので

脚質的な有利不利はありません。

 

フラットな条件である事。

そして、期待値の面ではやや差し馬が有利な点を抑えておきたいですね。

 

 

菊花賞はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「SWITCH」ですが、
このSWITCHの情報精度を一度体験してほしいので
今週「SWITCH」の無料会員に登録してくれた人には
無料で菊花賞の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『SWITCH』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「SWITCH」の菊花賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  菊花賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

能力勝負もタフな競馬への対応力は必須

次に富士ステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

 

前走から距離を延長してくる馬の馬券絡みは0で

前走から距離を短縮してくる馬の回収率が高い事が分かります。

距離を縮めてくる馬が強いという事は

「スタミナを問われている」

という事です。

 

 

もう一つ、富士ステークスでの年齢別成績を見てみると

3歳馬の好走率及び回収率が低い点が目立ちます。

一般的に単純な能力勝負であれば、若い馬の方が強いのですが

富士ステークスはタフなレースになるため
精神力とキャリアのある古馬の力が好成績を収めています。

 

脚質的はフラットで能力勝負となる舞台ですが

地力勝負(底力勝負)であるだけに

タフさが問われることが分かります。

 



 

富士ステークス時点での余力に注目

それでは、富士ステークスにおける前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1~3着と馬券に絡んだ馬の回収率は50%前後

対して、6~9着馬の回収率が80%

10着以下に敗れた馬の回収率が140%

と、前走で負けていればいるほど

富士ステークスでは好走している事が分かります。

 

前走でボロ負けして、体力を残している馬の方が

良いという事が分かりますね。

 

 

最後に枠順別成績を見てみましょう。

東京芝マイル戦は、基本的に枠順の有利不利がない舞台ですが

富士ステークスについては明確に

「外枠有利」となっています。

 

タフなレースなので、内で揉まれず

体力を温存できる馬が良いという事が分かりますね。

 

 

以上が富士ステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

富士ステークスは東京競馬場芝コースで行われるレースですが

脚質の有利不利はなく、能力がそのまま反映しやすいレースです。

 

ただ、一つタフなレースになりやすいという特徴があるので

・長い距離を経験してきた馬

・前走、惨敗して力を余している馬

・3歳馬ではなく、キャリアのある古馬

が、強い上に

”外枠が強い” というのも特徴の一つですね。

 

全体的な能力勝負になっているレース。

シンプルに予想をしていけば良さそうですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が富士ステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑