【凱旋門賞2019無料予想】本命はエネイブルでも日本馬でもないあの馬!

Pocket

2019年10月6日(水)にフランスのロンシャン競馬場で行われる
凱旋門賞の出走予定馬を見ながら
予想(人気馬の評価)と馬券の買い目について話していきたいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は毎日王冠と京都大賞典という
私が大好きなG2レースが2つ行われますが

それ以上に話題となっている

「凱旋門賞」が行われますね。

 

普段はメルマガで限定的に予想をしている私ですが

海外競馬は許容範囲外なので、

今回はブログの中で予想をしていこうと思います。

重賞レースの予想や見解を聞きたい方はメルマガに登録してくださいね。

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

基本的にデータで戦う私にとって

海外競馬は完全アウェーなので、
だいたい勝負レースから除外されるんですが

凱旋門賞は結構好きなんですよね。

 

なぜかといと

好走率がめちゃくちゃ低い日本馬が人気になるから…

 

馬券を買うものにとって、

「来ない人気馬」ほどおいしいものはありません。

今年の凱旋門賞も日本馬3頭が出走という事で

切り馬勝負で予想をしていこうと思います。

 

 

凱旋門賞の傾向

 

まずは凱旋門賞の傾向をおおまかにまとめておきます。

芝2400mでありながら、2分30秒前後の時計がかかるパワー型の馬場

(この馬場への適性の無さで日本馬はほぼ即切り出来ます)

 

59.5kgという軽斤量なので、

56.5kgで出走できる3歳馬

58kgで出走できる牝馬が優勢

(3歳牝馬であればなお良し)

 

この2つですね。

初戦外国馬の力関係なんて分からないので

上の2つの要素で勝負をしていきたいと思います。

 

ちなみに個人的な凱旋門賞の成績を見ると

この2つだけで十分にプラスになっています。

 

では、予想の方にいきましょう。

 

 

凱旋門賞予想

 

まずは枠順を見て頂きましょう。

 

今年は12頭立ての競馬

 

例年の凱旋門賞と比較すると

かなり頭数が少ないので、順当な決着が想定されます。

 

この点を踏まえて、印は以下の通りです。

◎ 12 ソットサス

○ 8 エネイブル

▲ 10 ジャパン

切り馬 6 フィエールマン

切り馬 5 ブラストワンピース

切り馬 4 キセキ

 

各馬の見解は以下の通りです。




 

本命 12 ソットサス

今年のフランスダービー馬で勢いのある3歳馬

前哨戦のニエル賞は5頭立てではありますが
休み明けの条件を4番手から楽々差し切って、
余力のある状態に加えて、勢いもある馬

エネイブルは強敵ですが、勢いの面からも
今回はソットサス期待します。

 

対抗 8 エネイブル

目下、凱旋門賞を連覇しており、
全成績が【13.0.1.0】という正真正銘の化け物

持っている資質が抜けているのは間違いないのですが
日本の競馬を見ても分かる通り
同一GI3連覇と言うのは並大抵のことではありません。

4頭立てだった前走はぶっちぎりましたが
それ以外のレースはそれほど大きな差をつけておらず
今回は隙のある条件だとみて2番手評価です。

 

10 ジャパン

現在GI2連勝中と勢いのある馬

名門オブライエン厩舎で3歳馬

まあ、これだけで買いに値すると判断します。
凱旋門賞の傾向に最もマッチした馬ですね。

 

切り馬 6 フィエールマン

日本馬の筆頭格ですが、どう考えても馬場が合いません。

全く適性の無い馬を出走させること自体が無謀だと思いますし
馬のキャリアを傷つける行動だと思っているので
この遠征は失敗だと思っています。

1桁着順になれば御の字でしょう。

 

切り馬 5 ブラストワンピース

タフでスタミナが豊富な馬ですが
淡泊な性格で、勝負根性がないタイプ

凱旋門賞のようなアウェーは合わないでしょうね。

 

切り馬 4 キセキ

適性や勝負根性などを見てみると
日本馬の中で最もチャンスがある馬だと思っていますが
前走のフォワ賞で3着とそもそもの能力で不安を露呈

抑えようか迷いましたが、日本馬バイアスで売れると思うので
ここは買いません。

 

馬券の方ですが、印が3頭なのでシンプルにいきます。

馬連 8-12 1,500円

馬連 10-12 500円

2点勝負で馬券を買いたいと思います。

上記で挙げた5頭以外の馬も簡単にみていきます。

 

ヴァルトガイスト

前走は勝ちましたが、昨年の凱旋門賞では4着
2走前のキングジョージも3着と
ビッグレースでは一歩足りない印象です。

 

ガイヤース

前走は逃げての圧勝ですが、
これだけのパフォーマンスを見せたのは前走だけ。

逃げがハマった時の強さが出ただけなので
今回はパフォーマンスを落としそうですし
頭数が増えて、相手が強くなる逃げ馬という
厳しい条件なので、買いません。

 

マジカル

名門オブライエン厩舎の馬で
評価をするなら4番手ですが
2走前、3走前はエネイブルに完敗

エネイブルを買う以上、この馬は期待値的に切った
という感じですね。

 

ソフトライト

さすがに実績不足ですね。

武豊騎手の人脈の豊富さに感服です。

 

予想は以上です。

レースが終わって脱力感が増す日曜深夜に
大きな楽しみが増えましたね。

凱旋門賞は
10月6日(日)深夜23時05分に出走を予定しています。

 

 

私が毎週のJRA重賞で注目している馬はブログランキングで公表しています。

他の予想家が殆ど行っていない
毎週買い馬を絞った予想を展開しているので見て下さい。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。