ローマンレジェンド、サダムパテックが復活!重賞レース回顧

Pocket

先週行われた重賞中京記念はサダムパテックが久々の勝利。

この馬は気分次第で走る走らないが決まる馬なので
今回は気分が向いた、というのが最大の勝因です。

マイルCSを勝っているようにG3レベルなら能力は上位で
外枠を引けたという点もプラスに働きました。

今後走るかどうかは、サダムパテックの気分次第です。

このタイプは人気の時は外して、人気がない時に買うのが基本ですね。

2着ミッキードリームも中京適性と外枠の恩恵を最大限に生かした印象。

もともと切れ味のあるタイプではなく
程よくパワーが必要となった中京最終週のマイル戦は
おあつらえ向きの舞台だったという事です。

期待したマジェスティハーツは3着

これは展開のアヤですね。
内容としては一番強い内容だったので
今後、一番飛躍の可能性がある馬です。

1番人気クラレントは今回は展開・枠、全てが向かなかった印象です。

ここで負けたからといってさほど気にする必要はありません。
得意の東京コースに戻ってくれば、まだやれる馬です。

ダイワマッジョーレも同様です。

次走は流石に人気を落としてくると思うので
パンパンの良馬場ならチェックが必要です。

3連覇を狙ったフラガラッハも内枠を上手く捌けませんでした。

やはり同一重賞3連覇というのは簡単ではないですね。
これで次走以降人気を落としそうですが、今年は内容がいいので、
中山・阪神あたりで穴を開けてくる可能性は考えておくと良いでしょう。

札幌で行われたエルムSはローマンレジェンドが復活の勝利

中京記念とは対照的にこちらは前残りに競馬となりました。

ローマンレジェンドはもともとスピードが売りのダート馬なので
今回は馬場も味方しましたね。

今回で完全復活と見ずに、時計の掛かる良馬場で
どうなるかはもう少し様子をみた方がいいですね。


クリノスターオーも展開を味方に好走しました。

最後の最後までスピードが鈍らなかった点から
この馬もスピードが売りのダート馬ですね。

パワー型のジュベルムーサ、ソロルは6,7着
今回はコース、馬場、展開と全てが向かなかったので
舞台が変われば巻き返しは十分にあります。

ブライトラインは案外でしたね。

スピード馬で、前に行ける馬なので今回の舞台は
悪くなかったので、状態面に不安がある可能性が高いです。

芝から転戦したアスカクリチャン、アンコイルドは仲良くブービーとビリ。

少し期待していましたが、今回の舞台でダメなら
ダートは難しいですね。