京都大賞典2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

京都大賞典2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた京都大賞典2019での
傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る馬は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る馬は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ラグビーワールドカップが盛り上がっていますね~

強豪アイルランドに勝利したという事で
ジャンアントキリングを成し遂げた
日本代表に拍手喝采なわけですが

ごめんなさい、まったく見ていません!!

 

今みたいに熱中できることを見つける前は

国際的なスポーツ大会は夢中で見ていたんですけどね~

 

自分がこれだと思って頑張ることを見つけてからは

プレイヤーとしての自分以外に
それほど興味がなくなってしまいました。

 

ただその分、プレイヤーとして頑張っている選手たちを
応援する気持ちも大きくなっているので

日本代表には頑張ってほしいですし

各選手もこれを機に収入を増やして
裕福になってほしいなと思います。

 

京都大賞典に出走する馬たちもトップアスリートですからね。

馬券云々の前にリスペクトの気持ちを持って応援したいですね。

 

という事で、秋の京都開幕週である

京都大賞典2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

京都大賞典2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

京都大賞典(京都芝2400m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・差し、追い込み馬が強いレース

・スタミナが求められるレース

という相反する特徴があります。

また、天気の方ですが、今週は晴れ予報なので

良馬場のレースが期待できそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ノーブルマーズ

2018宝塚記念では3着に入り、
GIでも通用する力を見せつけたノーブルマーズ

宝塚記念以降はイマイチな競馬が続いていますが
本質的に先行しての粘りこみが武器の馬なので
今回の京都大賞典の枠は良い枠だと言えますね。

 

2枠4番 エタリオウ

菊花賞2着とメンバーの中でも
最上位の実績を持つエタリオウ

天皇賞春では最後方ポツンという異端戦略に出たように
気持ちの難しい馬なので、馬群に包んでもらえる内枠は悪くありません。

能力は上なので、前向きな気持ちになれるかどうかが
エタリオウの好走か凡走かを左右しそうですね。

 

3枠6番 シルヴァンシャー

破竹の勢いで連勝を重ねるシルヴァンシャー

ディープインパクト産駒らしい
しっかりとした末脚を中心に安定した走りをする馬

体力勝負は厳しそうなタイプなので
距離ロスの大きい外枠は避けたかったところですが
今回は内目の偶数枠、文句のない枠順ですね。

 

4枠8番 パリンジェネシス

前走の目黒記念では重賞の壁にぶつかってしまったパリンジェネシス

体力を活かした先行力がウリの馬なので
高速馬場だと辛い側面はあるので、前走の負けは仕方のないところ。

今回は先行しやすくて、周りも見られる枠という事で
パリンジェネシスにとっても言い訳の出来ない条件だと言えますね。

 

 

京都大賞典はあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で京都大賞典の予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

5枠9番 エアウィンザー

昨年から一気に頭角を現して重賞を勝つと
金鯱賞3着、宝塚記念5着とGIでも
遜色のない走りを見せてくれたエアウィンザー

総合力で勝負するタイプなので極端な内や
極端な外は避けたかったところですが
今回は真ん中の枠を引けました。

条件は良いので、鞍上の三浦皇成騎手が
どのようにエアウィンザーを操るのか注目です。

 

5枠10番 ウラヌスチャーム

持続力のある末脚を武器に
重賞でも勝ち負けしているウラヌスチャーム

この馬の戦法としては後方に位置しての追い込み一手なので
進出を邪魔されない外目の枠は好材料だと言えますね。

 

7枠14番 ダンビュライト

今年の京都記念を勝ち、健在ぶりをアピールしたダンビュライト

体力よりの馬ではありますが
脚を溜めても味がないタイプなので

もう少し前目のポジションを取りやすい
内目の枠の方が良かったですね。

 

8枠16番 グローリーヴェイズ

天皇賞春2着、日経新春杯1着とメンバーの中でも
今年最も充実した実績を誇るグローリーヴェイズ

ディープインパクト産駒らしく軽い走りをする馬なので
ロスの少ない内目の枠を引きたかったところですが
今回は外枠を引いてしまいました。

条件はかなり悪いので、この馬の真価が問われるレースになりそうですね。

 



 

まとめ

京都大賞典2019で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 ウラヌスチャーム

7枠14番 ダンビュライト

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

秋のGIへとつながる注目のレース

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が京都大賞典2019で注目している馬は
この舞台が最適だと言えるあの馬です。

ここは注目ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑