府中牝馬ステークス2019の過去10年データ分析|毎日王冠と違う傾向が…

Pocket

府中牝馬ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
府中牝馬ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

10月から消費税が10%になりましたね。

消費税ではなくて、法人税などの他の徴税方法があったと思いますが

まったくもって愚の骨頂ですよね。

 

 

貧乏人に厳しい税制なので、私自身の財布も厳しくなる

というのは一つの理由ではありますが、

 

本質的に「日本全体にとって良くない政策」

というあたりに政治家や官僚のレベルの低さを感じます。

 

まあ、人間ですからね~

自分の既得権益を守りたいという気持ちは分かりますし

力と知力があるお金持ちと戦うよりも
頭が悪くて、力のない貧乏人と戦う方が楽

という感覚も分かりますが…

 

それでも、国の税金で給料を貰っているのですから

もう少し日本全体として良くなる政策をやってほしいですよね。

私として抵抗できる事は「消費税減税」「消費税撤廃」を
公言している党に入れることくらいなので、少し抵抗していこうと思います。

 

今後、馬券代に影響が出そうな雰囲気もありますが

競馬ではマイナスにならないように頑張っていきたいですね。

という事で、府中牝馬ステークス2019の

データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

府中牝馬ステークス2019は東京競馬場芝1800mで行われています。

広くて直線の長い東京競馬場芝コースで行われる重賞という事で

スピードと地力が問われるコースですね。

 

そんな府中牝馬ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

府中牝馬ステークス、過去10年のデータ分析

脚質の有利不利は皆無!単純な実力勝負の舞台

まず、最初に注目したのは府中牝馬ステークスで活躍する馬の脚質です。
以下は府中牝馬ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

逃げ・先行勢と差し・追い込み勢の成績を見比べてみると

”全くの互角です”

 

府中牝馬ステークスの1週前に行われる

毎日王冠は開幕週という事もあって、
前に行く馬が若干有利ではありましたが

1週経った府中牝馬ステークスではフラットになります。

 

 

ここで府中牝馬ステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位、2位の馬は成績が良いものの

全体的に平均真っただ中のレベル

 

昨年はディアドラ、リスグラシューという
1,2番人気馬が力を見せているレースですが、

単純な能力勝負になっている事が分かりますね。

 

 

秋華賞はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

考える予想を提案する「SWITCH」ですが、
このSWITCHの情報精度を一度体験してほしいので
今週「SWITCH」の無料会員に登録してくれた人には
無料で秋華賞の極秘情報を公開します。

「馬券でしっかりとプラス収支を出したい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『SWITCH』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「SWITCH」の秋華賞情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  秋華賞の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

 

 

能力勝負もタフな競馬への対応力は必須

次に府中牝馬ステークスの前走レース名別成績を見てみましょう。

 

1位はクイーンステークスから臨んだ馬ですが
好走率・回収率はそれほど良い数字ではありません。

重賞レースから出走してくる馬で活躍している
ローテーションを見てみると

新潟記念、札幌記念、小倉記念、関屋記念

と、牡馬混合の重賞レースが多い事が分かります。

 

また関屋記念以外は府中牝馬ステークスよりも距離の長いレース

関屋記念については直線が長く持久力を求められるレース

という事を考えると、

「タフな舞台での経験値」

が必要である事が分かります。

 

 

ちなみに毎日王冠での枠順別成績を見てみると

7枠、8枠が好成績を収めています。

府中牝馬ステークスの舞台である東京芝1800mは
一般的に外枠が不利な舞台になっていますが

府中牝馬ステークスはタフなレースになるため
外枠の馬が届いている事が分かります。

 



 

能力勝負になるレースの一般的な傾向を掴んでおけばOK

それでは、府中牝馬ステークスにおける前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1着、2着と連対した馬の安定感が目立ちますが

単純に勢いがある馬が強いレース

という事が言えますね。

 

 

最後に年齢別成績を見てみましょう。

4歳馬と5歳馬が突き抜けた成績を残しています。

若い馬が強く、ベテランの馬が弱い

これは能力勝負になっているレースの特徴なので

ここからの予想の捻りが必要ない事が分かりますね。

 

 

以上が府中牝馬ステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

府中牝馬ステークスは東京競馬場芝コースで行われるレースですが

脚質の有利不利はなく、能力がそのまま反映しやすいレースです。

 

ただ、一つタフなレースになりやすいという特徴があるので

牡馬混合戦を走ってきた馬

長い距離、長い直線を経験してきた馬

が、強い上に

外枠が強いというのも特徴の一つですね。

 

全体的な能力勝負になっているレース。

シンプルに予想をしていけば良さそうですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が府中牝馬ステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑