秋華賞2019の過去10年データ分析|京都内回りコースに求められるのは?

Pocket

秋華賞2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
秋華賞2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は秋華賞が行われますが、今年の秋華賞は

桜花賞馬 グランアレグリア

オークス馬 ラヴズオンリーユー

が不在という事で、かなりの混戦が予想されます。

 

 

桜花賞2着の シゲルピンクダイヤ

オークス2着の カレンブーケドール

桜花賞、オークス3着の クロノジェネシス

と、春のクラシックで上位に入った馬が出走してきますが

こういったGI馬不在の時って荒れる可能性が高いんですよね。


(桜花賞2着の シゲルピンクダイヤ)

 

ただでさえ、京都競馬場の内回りコースは
順当に決まりづらいコースなので

馬券的にも内容的にも非常に楽しみなレース、ですね。

 

波乱を演出するのはいつでも

「このコースに適性のある馬」 です。

 

という事で、秋華賞2019で穴馬を狙うべく

データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

秋華賞2019は京都競馬場芝2000mで行われています。

直線の短い京都競馬場芝内回りコースで行われる重賞という事で

機動力と持久力が問われるコースですね。

 

そんな秋華賞を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

秋華賞、過去10年のデータ分析

機動力重視!逃げるのも溜めるのも得策ではない

まず、最初に注目したのは秋華賞で活躍する馬の脚質です。
以下は秋華賞での4コーナーでの順位別成績です。

逃げ・番手で競馬をする馬も不振ですが

後方で脚を溜める馬も不振

好位で競馬が出来る馬が活躍するレースになっています。

 

秋華賞の舞台は京都内回りで、直線が短いので

各馬の仕掛けが早くなります。

つまり、逃げたり、2,3番手で競馬をするような馬は
後続からのプレッシャーを強く受けることになり
好走しづらくなってしまいます。

逆に差し馬も後方にいる馬は

早めに動かないといけないので、
脚を溜めることが出来ずに末脚不発で終わることが多くなります。

 

上がり3ハロンの順位別成績、脚質別成績を見てみると

差し馬の成績は

【9.4.6.34】

と、圧倒的に馬券に絡んでおり

差し馬の中でも前目のポジションを取れる器用さと
長くいい脚を使い続ける持久力が求められることが分かります。

 

 

秋華賞2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
秋華賞はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは秋華賞

TAZUNAでは秋華賞の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

タフな競馬と言えばロスのない内枠が有利

次に秋華賞の枠順別成績を見てみましょう。

 

1枠と2枠が複勝率35%超え

複勝回収率にして90%超え

と素晴らしい成績を残しています。

 

先ほども話したように秋華賞はタフなレース

スタミナの浪費を抑えられる内枠は
物理的な優位を生むことが分かりますね。

 

次に秋華賞での種牡馬別成績を見てみると

スピードと切れ味を武器にしている
ディープインパクト産駒は1位ながら成績は低迷

スタミナ色の強い

マンハッタンカフェ、キングカメハメハ、ハービンジャー

ハーツクライ、ジャングルポケット

の成績がいいという点も見逃せない材料ですね。

 



 

前走は重賞が必須条件!ローズステークス組で馬券に絡むのは

次に秋華賞における前走クラス別成績を見てみましょう

勝ち馬10頭9頭が重賞となっておりますが
残りの1頭はオープン特別だった頃の紫苑ステークス

事実上、重賞を使っていないと馬券に絡めないことが分かります。

2着馬も8頭、3着馬も7頭いるように
重賞経由の馬で馬券を組み立てるのが定石です。

 

秋華賞での前走レース名別の成績を見てみると

回収率は低いもののローズステークス組が優位です。

阪神芝1800mというのびのびと走れるコースから

京都芝2000mというタフで窮屈なコースへのコース替わり

ローズステークスを好走していても

先ほどの血統や脚質のように
秋華賞での舞台適性があるかどうかの確認が重要となります。

 

最後に、ローズステークスに出走していた馬の着順別成績を見てみましょう。

6着以下に負けてしまった馬はノーチャンス

秋初戦は春からの成長度合いと体調の良さが試されるレースなので

ここで惨敗しているようでは秋華賞への上積みがありません。

 

 

以上が秋華賞2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

秋華賞は京都競馬場内回りコースで行われるレースで

前の位置を取る機動力と混戦を走りぬく持久力が求められるレースです。

それだけに物理的にスタミナロスを避けられる
内枠が有利なレースになっていますし

血統的にスタミナ優位の馬が活躍をしています。

ローテーションとしては前走重賞を使った馬が
圧倒的に馬券に絡んでいるので

重賞経由の馬について適性を確かめていきたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私が秋華賞2019で注目しているのは
前走力を温存した印象があり、ここへの適性も抜群のあの馬です。

人気面の旨味もありそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑