オールカマー2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの伏兵馬だ!

Pocket

オールカマー2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたオールカマー2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週は3日間開催でしたが、的中ならず

「1日2レース」

という鉄の法則で馬券を買っているので
3日間で6連敗という結果になってしまいました。

 

しかも、先々週も3週前も的中ならなかったので

今のところ14連敗中です。

 

2019年の年明けは悪夢の22連敗スタート

という経験があるので、実はそんなに焦っていません。

 

22連敗スタートしても一時は収支が100%を超えましたからね。
(14連敗で再びマイナスになってしまいましたが…)

どこかで一回当てればチャラになる

それが競馬の魅力ですし、

そういう買い方をしないとプラスにはならない。

というのが、20年以上馬券を買い続けて学んだことですね。

 

今週行われるオールカマーや神戸新聞杯では

”一発当てて一気にプラス”

とはならなさそうですが、

勢いをつけるためのレースになれば良いですね。

 

という事で、秋の古馬GIに向けて注目のレース

オールカマー2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

オールカマー2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

オールカマー(中山芝2200m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・先行馬が圧倒的に強いレース

・上がりの速い馬が強いレース

という相反する特徴があります。

また、天気の方ですが、今週は雨予報

稍重か重馬場でのレースになりそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ミッキースワロー

前走の七夕賞ではミッキースワローらしい
捲って最後まで押し切るような競馬が出来ましたが
インで脚を溜める競馬も出来る馬なので
枠順としては1枠でも問題はありません。

ただ、問題はまだ若い菊沢騎手が内からの競馬で
うまくミッキースワローの力を出し切れるか?

というところですね。

 

2枠2番 ゴーフォザサミット

青葉賞勝ちの実績を持つゴーフォザサミット

ハーツクライ産駒らしくエンジンのかかりが遅い馬で
小回りコースよりも広くてノビノビと走れるコースが理想ですが
今回の中山外回りの内枠と言う条件は歓迎できません。

東京に替わった時に狙いたいタイプですね。

 

3枠3番 クレッシェンドラヴ

前走の七夕賞では後方から猛然と追い込んできて2着
重賞でも戦えることを証明したクレッシェンドラヴ

ステイゴールド産駒らしく、パワー勝負の舞台で
力を発揮するタイプで内枠も好材料

前走ミッキースワローに完敗しているだけに
能力的には一枚劣りそうですが
条件としては良い枠を引きましたね。

 

4枠4番 グレイル

京都2歳ステークスの勝ち鞍があるグレイル

その後は今一歩の競馬が続いていますが
ゴーフォザサミットと同様にエンジンのかかりが遅いタイプ

ただゴーフォザサミットと違うのは
ロングスパートをかけられるタイプの馬であるという点

今回は少頭数なので、枠順はそれほど影響がないですし
条件としては悪くないですね。

 

 

オールカマー2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
オールカマーはあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはオールカマー

TAZUNAではオールカマーの無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

7枠7番 ウインブライト

もともと中山マイスターとしてスプリングステークスなどを
勝利していた馬ですが、今年は破竹の重賞3連勝

ステイゴールド産駒の典型馬で中山競馬場はこの馬の庭。
ただ、距離は本質的には2000m以下の方が良さそうですし
内枠で上手く立ち回りたい馬なので、条件は決して良くありません。

そのあたりがどうなるかがポイントになりそうですね。

 

7枠8番 レイデオロ

宝塚記念は5着と見せ場なく負けてしまったレイデオロ

昨年秋は大活躍を見せましたが
春シーズンはイマイチの結果に終わってしまいました。

スケール感で勝負するタイプの馬なので
加速を邪魔されない外枠はプラスですし
中山芝2200mという舞台も問題なし

条件としては文句なしなので、あとは気持ち一つですね。

 

8枠9番 スティッフェリオ

今年の春はGIに挑戦をしましたが
大阪杯7着、宝塚記念7着とGIの壁にぶつかったスティッフェリオ

典型的なランクホースで、GIだと壁にぶつかって
G2以下だと自分の力を出してくるタイプ

体力型の馬なので、オールカマーの舞台はあいますし、外枠もプラス
ここはいい条件を引きましたね。

 

8枠10番 ショウナンバッハ

8歳と大ベテランになりながらも
常に速い上がりを使って追い込んでくるショウナンバッハ

この馬については条件云々よりも
差しが届く展開になるかどうかだけ。

前崩れの展開になれば面白いですね。

 



 

まとめ

オールカマー2019で良い条件の枠をゲットしたのは

8枠9番 スティッフェリオ

3枠3番 クレッシェンドラヴ

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

秋のGIに向けて注目のレース

どの馬が勝つんでしょうか?

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がオールカマー2019で注目している馬は
この舞台が最適だと言えるあの馬です。

ここは注目ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑