神戸新聞杯2019枠順確定、枠の有利不利と少頭数競馬の傾向について

Pocket

神戸新聞杯2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた神戸新聞杯2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週も「枠順確定後の有利不利」

というテーマで話をしていきたいと思うのですが

神戸新聞杯は8頭立て

 

正直言って、

「枠順の有利不利なんてないでしょ??」

と、思ってしまうんですが、

少頭数で

”スローペースが予想されると起こりうる展開”

の中でどんな形で予想をすればいいのか?

というテーマを織り交ぜながら話していこうと思います。

 

という事で、菊花賞に向けて注目のレース

神戸新聞杯2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

神戸新聞杯2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

神戸新聞杯(阪神芝2400m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・差し、追い込み馬が圧倒的に強いレース

・人気馬が成績を残しやすいレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、先週とは違い
良馬場で行われそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ジョウショームード

3走前に1勝クラスを勝ちながらも
近2戦は小倉競馬場というローカルな舞台で
4着、5着と勝ちきれなかったジョウショームード

ローズキングダム産駒という事で
切れる脚がないタイプの馬で
速い時計の勝負は厳しく、時計のかかる馬場が理想。

小牧騎手なので、どのような戦法に出るかは分かりませんが
普通に考えれば力及ばずの舞台

持久力を活かした逃げが見たいですし
逃げるには良い枠に入りましたね。

 

2枠2番 ユニコーンライオン

函館のレースを連勝して神戸新聞杯に臨むユニコーンライオン

500kgを超える外国産馬という事で
典型的なパワー勝負の馬。

メンバーを見ると逃げ馬がいないので
今回はこの馬が逃げる展開になりそうです。

少頭数の競馬はスローペースになりやすく
前の馬に恩恵を受けやすいので、
条件としてはベストに近い状態で戦えそうですね。

 

3枠3番 サートゥルナーリア

日本ダービーこそ4着に負けてしまいましたが
現3歳世代ではナンバーワンと目されるサートゥルナーリア

圧倒的なスケール感で勝負をするタイプなので
我慢を強いられる内枠は本質的には得意ではないですが
今回は8頭立てと言う事で、それほど気にする必要はなさそうです。

ここを勝っても菊花賞には向かわないようですが
前向きな気性を持っている馬なので、休み明けでも動けるタイプで
これといったマイナス要素はありません。

 

4枠4番 レッドジェニアル

京都新聞杯を差して勝ったレッドジェニアル

日本ダービーでも上がり3ハロン2位のタイムで
上がってきているように上がり勝負なら互角に戦える存在

ただ、前走で出遅れているように
スタートがそんなに速くない馬。

もう少し頭数が集まって締まったペースになった方が良かったですね。

 

 

強い馬が一目で丸わかり!

うまとみらいと内のコンテンツ
「うまコラボ」の指数をご存知ですか?

毎週のように推奨馬が馬券内に絡むので
見応え十分な指数サイトなんです!

ココは凄くオススメします。

【9月15日(日)の的中率】
コラボ@指数上位6位までを
BOX購入した場合の的中率です。

単勝79.2%
複勝100%
馬連75%
ワイド75%
馬単58.3%
3連複58.3%
3連単50%

日々、的中を積み重ね実績を残してます。

今週末の無料配信は「神戸新聞杯」です。

まずはメールアドレスを登録して、
確認メールが来るのでクリックで登録完了!

▼ログインして検証してみてください▼

うまとみらいとの「うまコラボ」指数はココから見て下さい。

 

 

5枠5番 ヴェロックス

皐月賞2着、日本ダービー3着と世代でもトップの
力を見せつけてきたヴェロックス

本質的に上がり勝負となる神戸新聞杯の舞台は得意ではないですが
今回は8頭立てと言う少頭数の構成で、
例年よりも前が残る流れになりそうです。

差し脚勝負にならなければ、十分に勝負になりそうですね。
条件は恵まれました。

 

6枠6番 シフルマン

勝ち上がりには時間がかかりましたが
勝ち上がってからは堅実な走りを続けているシフルマン

ここ2戦は好位で競馬をしながら
最速の上がりを使っているように
バランスの取れた能力を持っている馬

距離延長も十分に対応出来そうですし
立ち回りも上手く出来る馬なので
少頭数の競馬は向きそうですね。

 

7枠7番 ヴィント

1勝クラスを勝った身ながら、果敢に日本ダービーに挑戦したヴィント

500万条件も逃げて勝ったので
能力的な信頼度も低く、この馬に関しては条件云々ではないかな
という感じですね。

 

8枠8番 ワールドプレミア

メンバー中、唯一のディープインパクト産駒であるワールドプレミア

若葉ステークスはヴェロックスに完敗してしまいましたが
今回はワールドプレミアの得意とする差し脚勝負の舞台

本来であれば、もう少し多頭数でレースをしたかったところですが
切れ味鋭いタイプではないので、徐々に加速できる外枠はプラス

極端な前残りにならなければ…
という感じですね。

 



 

まとめ

神戸新聞杯2019で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠2番 ユニコーンライオン

8枠8番 ワールドプレミア

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

菊花賞へ向けての最重要トライアルレース

サートゥルナーリアがどんなレースを見せるのか、注目ですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がセントウルステークス2019で注目している馬は
前走不器用な競馬ながら好走したあの馬です。

ここは注目ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑