【神戸新聞杯2019予想】サートゥルナーリアvsヴェロックス、どっちが上?

Pocket

神戸新聞杯2019に出走を予定している主役2頭
サートゥルナーリア、ヴェロックス
について

どの馬が能力が高いのか?

神戸新聞杯での好走率はどっちが上か?

という点について、根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週ブログでYouTubeで実施しているコーナーである

「私が絶対に馬券を買わない危険な人気馬」のコーナー

 

ビッグレースは特に注目が集まるので、神戸新聞杯でも

「おーし!やったるぞ~!」

「人気馬をバシッと切ってやるぞ~!」

と、思っていましたが、人気馬を見ていると

「切る要素がない…」

 

菊花賞の最重要トライアルースだというのに
なんとも寂しい感じになってしまいました。

 

ただ、このまま人気馬を放置しておくのも
予想家としては癪に障る。

という事で、今回は神戸新聞杯で人気になるであろう

サートゥルナーリア

ヴェロックス

この2頭についての見解を話していき

2頭の徹底比較を行っていきたいと思います。

 

競馬予想家MOTOらしい見解を見せているので、是非楽しんでください。

それでは、いってみましょう!!

 

動画で完全版を話しているので、
完全版を見たい方はこちらからご覧ください。

URL

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

サートゥルナーリアvsヴェロックス、徹底比較

そもそもの能力はどっちが上

今年の神戸新聞杯で人気になる事が予想される
サートゥルナーリアとヴェロックス

 

まずはこの2頭の能力比較から行っていきたいと思います。

サートゥルナーリアは皐月賞1着、日本ダービー4着

ヴェロックスは皐月賞2着、日本ダービー3着

と、 実績的には ”ほぼ互角” です。

 

実績が互角の中、サートゥルナーリアとヴェロックス

そもそもの能力は、どっちが上なのか?

という点について話していきたいと思います。

 

私は「サートゥルナーリアの方が上」と結論を出します。

 

もちろん武器としている能力が違うので
条件が違えば、力関係が変わってくる訳ですが

春に直接対決をした皐月賞、日本ダービーを見てみると

サートゥルナーリアの方が一枚上かなと思っています。

 

理由は皐月賞、ダービーでの走りの内容です。

2頭の適性から得意な舞台を割り出して見ると

皐月賞はヴェロックスが得意な舞台

日本ダービーはサートゥルナーリアが得意な舞台

だったと言えます。

 

それぞれが得意な舞台で負けているのですが

皐月賞は休み明けのサートゥルナーリアが
順調にレースを使ってきたヴェロックスを力でねじ伏せたレース

日本ダービーは超高速馬場から後方に位置した
サートゥルナーリアが早めの仕掛けをうってバテて負けたレースで

ヴェロックス自身はロジャーバローズ、ダノンキングリーに完敗しており
力で勝ち取った3着という内容ではありませんでした。

 

つまり、相手の得意な舞台でねじ伏せたサートゥルナーリアと

相手の自滅に近いレースでヴェロックス

 

この違いがあるので、

”サートゥルナーリアの方が一枚上”

だという判断をしています。

 




 

神戸新聞杯という舞台ではどっちが上

先ほどは「お互いに持っている武器が違う」

という話をしましたが、

ヴェロックスとサートゥルナーリアの
得意条件について話していきたいと思います。

 

サートゥルナーリアはロードカナロア産駒で
兄にエピファネイア、リオンディーズを持っているように
スケールの大きさで戦う馬

それゆえに広くて、直線が長いコースで
のびのびと走れる競馬が合っています。

 

対するヴェロックスはジャスタウェイ産駒で
母父にモンズーンを持ち、パワーとスタミナで勝負するタイプ

内回り戦だった若駒ステークス、若葉ステークスを圧勝しているように

力の要る条件で持久力を求められるレースが合っています。

 

ここで神戸新聞杯の舞台である

阪神競馬場芝2400m

という条件を見てみると

阪神競馬場の外回りコースで、

「広くて、のびのびとしたコースで、末脚勝負となる舞台」

 

この条件を見てみると

サートゥルナーリアの方が有利な舞台

という事が言えますね。

 



 

菊花賞という舞台ではどっちが上

今回を行われているレースは神戸新聞杯ですが

このレースを使った後に出走する菊花賞についても

見解を話していきたいと思います。

 

菊花賞が行われる舞台は

京都競馬場芝3000m

という条件で行われています。

菊花賞は京都競馬場の外回りで行われるレースですが
1年で1度しか行われない特殊条件という事に加え

・距離が非根幹である点

・有力馬の出入りが激しく、ペースが落ち着かない点 など

「持久力とスタミナを求められる舞台」

 

この条件を見てみると

ヴェロックスの方が有利な舞台

という事が言えますね。

 

 

広告

 

 

まとめ

ここまで神戸新聞杯の主役となる
サートゥルナーリアとヴェロックスの2頭を比較してきましたが

全体能力はサートゥルナーリアが上

神戸新聞杯ではサートゥルナーリアが上

菊花賞ではヴェロックスが上

という結論を出したいと思います。

 

サートゥルナーリア、ヴェロックス

この2頭にダノンキングリーも加えて
3頭の力は肉薄しており、良いライバルだと言えます。

ダノンキングリーは中距離路線に向かいましたが

サートゥルナーリア、ヴェロックスの2頭で

3歳クラシックを盛り上げてほしいですね。

 

 

神戸新聞杯2019で私が注目している馬はあの馬

オールカマーの注目馬も見てくださいね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ