有馬記念4着の実績でラブイズプーシェが勝利!2014函館記念

Pocket

先日行われた函館記念はラブイズプーシェが勝利しました。

この馬は小回りとパワー型の馬場が得意な馬ですね。
有馬記念4着の実績もダテではありません。

この勝利をもって秋はGI戦線に殴り込みだと陣営は鼻息が荒いところですが
天皇賞やジャパンカップはちょっと厳しいでしょう。

適性が小回りとパワー型の馬場に特化していますからね。

その適性を覆してGIを勝つほどの力はないので
秋に強い相手を揉まれて来年どれくらいやれるかが焦点となりそうです。

その前に札幌記念に出走しますね。
どれだけのメンツが出るかわかりませんが
今回と同じレベルであればそこそこにやれそうです。

2着にはダークシャドウが入りました。

展開が向いた点はありますが、トップハンデでのこの結果は底力ですね。

底力重視で期待していた7着ナカヤマナイトよりもこっちでした。

ナカヤマナイトについては内で折り合っていましたが、ちょっとポジションを下げてしまいました。
最後は追う事も出来なかった形で、完全に脚を余してしまいました。
うまく外に出せれば勝ち負け出来たように思えるので勿体ないレースでした。

まだ、終わっていないですね。

1番人気グランデッツァは先行からズルズル後退して10着

逃げたトウカイパラダイスが9着
先行したゼロスやバウンスシャッセが15,16着に敗れるなど
先行馬には厳しい展開でしたが、それにしても負け過ぎです。

潜在能力は間違いなくGI級ですが、まだコンスタントに力を出し切るには至らないようです。

今の段階では軽く走れる京都競馬場があっています。
このまま成績が不安定なままマイルCSに出走する事があれば
爆穴となる可能性がありますね。

このことは覚えておきたいです。

あと有力馬で気になったのは13着に敗れたアンコイルド

この馬については状態がイマイチなのが今回の走りでわかりました。
夏シーズンでの回復は難しいように思います。

もう少し様子を見ましょう。

勝てば人気が上がり、負ければ人気が下がる。

当然の事ですが、この人気差を上手くついていくことが高配当馬券の醍醐味です。

1つのレースの的中・不的中で浮き沈みするのではなく
終わったレースを踏み台にして、さらに狙っていきましょう。