2014中京記念、エルムS出走予定有力馬紹介とレース展望

Pocket

今週の重賞レースは中京記念とエルムS

中でも中京記念は良いメンバーが揃いそうです。

登録馬を見ると主役となるのはマジェスティハーツでしょう。

前走のエプソムカップは見せ場なく敗戦しました。
前が残るような展開を後方から進めた分で
さほど気にする必要はないでしょう。

本来であれば展開を気にする必要がない好位での競馬が出来るかという点が
課題となりますが、後方で進めた時の展開は心配材料でしょう。

逆に前で競馬出来そうな実力馬がクラレントです。

この馬の実力はG3レベルでは最上位レベルで能力的な心配はありませんが
後方が有利になる中京競馬場で激流に飲まれる心配はあるでしょう。

もう1頭G3レベルでは勝ち負けが出来る馬はダイワマッジョーレ

堅実な馬ですが、ここ2戦はらしい走りが出来ていません。
メンバーがグッと落ちて、本来の走りが出来るかどうかが焦点となります。

あとは中京マイルマイスターのフラガラッハ

前走は阪神でも好走したように今年は内容がいい走りを続けています。
ハンデとの兼ね合いはありますが、当然無視が出来ない馬です。

その他、久々のトーセンレーヴ、良血馬サトノギャラント
展開が向けば1発のあるクロフネサプライズ
能力確かなマウントシャスタなどの争いになるでしょう。

もう一つは新装札幌競馬場で行われるエルムS

こちらは実績馬が復活できるかが焦点となります。

昨年のフェブラリーS馬グレープブランデー
一昨年の東京大賞典勝ち馬ローマンレジェンド

2頭とも力は間違いありませんが、極度のスランプに陥っています。
共に精神的な問題でしょうが、復活の可能性を考えれば
ローマンレジェンドの方に分がありそうですが、レース内容に注目です。

その他の馬で実績上位なのはブライトライン

この馬の持っているスピードはメンバーでも随一で
スムーズなレースさえ出来れば勝ち負けできそうです。

上がり馬という点ではソロル、タイセイスティングが台頭してきそう。

メンバーのレベルも低くて、有力馬の状態も不安定という
レースを買うには向かないレースですね。