【オールカマー2019予想】1番人気レイデオロよりも期待値が高いのはあの馬?

Pocket

オールカマー2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

秋競馬が始まり、大一番の影が見えてきましたね。

クラシック最終戦となる菊花賞や秋華賞と共に
(秋華賞は正式にいうとクラシックではありませんが…)

注目なのは古馬の王道GIと言える

天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

ですよね。

 

昨年のオールカマーを勝ったレイデオロは
その後天皇賞秋を勝利して、有馬記念で2着となりましたが

かつてはマツリダゴッホがオールカマーで3連覇を成し遂げたように

有馬記念との関連性が強いレースです。


(2018有馬記念勝ち馬 ブラストワンピース)

 

今年のメンバーを見てみても、
断然人気が予想されるレイデオロはともかく

有馬記念向きの馬が集まってきました。

 

そんな先を見据えて行われるオールカマーにおいて

私が注目している馬を挙げたいと思います。

 

それでは行ってみましょう!!

 

 

オールカマー2019で
最も注目している馬は

ミッキースワロー

です。

 

 

ミッキースワローは前走の七夕賞で久しぶりの勝利を収めましたが

今回はGI2勝馬である レイデオロ

香港GIで勝利を収めた中山マイスター ウインブライト

この2大巨頭がいるので、3番人気になる事が予想されます。

 

 

圧倒的な実績、実力を示している2頭を相手に

力が及ばない可能性もあるかな?

と、考えられなくもありません。

 

そんなミッキースワローをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

最も適性がある舞台、最も実績を残してきた舞台でのレース

オールカマーは中山芝2200mで行われます。

「中山競馬場の鬼」と言えば

中山記念2勝、中山金杯、スプリングステークス

と、中山重賞で4勝を挙げているウインブライトが頭に浮かびますが

こと中山芝2200mという舞台への適性は

「ミッキースワローが一番高い」と言えます。

 



 

まずはパッと見て分かる実績を見てみると

ミッキースワローは中山芝2200mの重賞に2回出走しています。

セントライト記念 1着(2番人気)

AJCC 2着(1番人気)

共に人気に推されて好走をしています。

 

セントライト記念では1番人気のアルアインを
並ぶ間もなくあっという間に差し切って完勝

AJCCでは出し抜かれた形で先に出た
ダンビュライトを捉えられずに2着

どちらもいい内容で、実績を残しています。

 

ミッキースワローはディープインパクトの子供である
トーセンホマレボシ産駒でディープのスピードは持っておらず

パワーとスタミナを武器にしている馬です。

それゆえに中山芝2200mは絶好の舞台だと言えますね。

 

 

オールカマーはあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でオールカマーの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

狙いすましたローテーション、叩き台の馬とは仕上がりが違う

今回のオールカマーに出走する有力馬を見てみると

”秋のGIへ向けての叩き台”

という意味合いが強いのは明白です。

 

レイデオロは昨年もここから天皇賞秋と有馬記念を使ったように
GIを勝ってナンボというレベルの馬

地力の高さは認めても、

オールカマーにおける勝負度合いは決して高くありません。

 

ウインブライトは昨年3連勝して一気にGIホースにのし上がりました。

GI馬となった立場や期待度からも

秋は天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

この辺りを狙ってくるはずで、
帰国後初戦となるここでの勝負度合いは高くないはずです。

 

スティッフェリオについても重賞連勝でGIを2回使った馬なので
オールカマーはステップとして使うはず。

 

天皇賞秋やジャパンカップへの舞台適性がない上に
エプソムカップ、七夕賞と重賞を使ってきた

ミッキースワローには、ここで力を出す競馬が期待できます。

 

加えて言うと、今回ミッキースワローは56kg

レイデオロ、ウインブライトは58kgである事を考えると
斤量面でのアドバンテージもあり、ここは好材料が揃っていると言えます。

 

 




 

以上、2つの理由から

オールカマー2019で
最も注目をしている馬は

ミッキースワロー

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

昨年の有馬記念では10着と敗れ
GIだとやや気後れしてしまう感のあるミッキースワローですが

オールカマーが行われる中山芝2200mの舞台は
最も得意としている舞台であり、実績のあるコースです。

夏場もエプソムカップ、七夕賞と続けて使っており
ローテーションとしても、
オールカマーでフルに力を発揮できる状態だと言う事を踏まえると

オールカマーで最も注目度が高い馬だと言えますね。

 

今回は人気になると思いますが、

上位に評価をしなくてはいけない存在です。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

オールカマー2019で私が注目している馬はミッキースワロー

そして、神戸新聞杯で注目しているのはあの馬

こっちの馬も無視しちゃいけないですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ