スプリンターズステークス2019の過去10年データ分析|パワー条件かと思いきや…

Pocket

スプリンターズステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
スプリンターズステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は2019年秋、初戦のGIレースとなる

スプリンターズステークスが行われます。

昨年は高松宮記念を勝ったファインニードルが
スプリンターズステークスも制して
春秋スプリント界制覇に成功しました。

 

今年の高松宮記念はミスターメロディが勝ちましたが

「この馬、正直あまり強いと思えない」

ファルコンステークスを勝った時から

「ミスターメロディって、強くないよね??」

という思いが、ずっと続いていて

高松宮記念もめちゃめちゃ軽視していた訳ですが
終わってみればスルスルと抜け出して完勝

 

「なんだよ、思ったよりも強いのかなぁ」

と、思ったところでセントウルステークスに出てきたので

「メンバーも弱いし、ここは買っておこう」

と、思ったところ見せ場なく8着に惨敗

 

「いやいや、弱すぎだろ??」

と、改めて思ってしまいました。

 

今回のスプリンターズステークスは適性のある舞台なので
叩いての一変がありそうな気もしなくはないですが

「弱いと思う馬は、買っちゃダメだ!」

と、改めて学んだので、今後

 

”ミスターメロディとグルーヴィットは買いません!!”

(とばっちりを喰らったグルーヴィット)

 

という事で、スプリンターズステークス2019の

データ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

スプリンターズステークス2019は中山競馬場芝1200mで行われています。

コース形状がトリッキーな外回りコースで行われる重賞という事で

能力のほかにコース適性が重要になるレースですね。

 

そんなスプリンターズステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

スプリンターズステークス、過去10年のデータ分析

中山の短い直線は前残り傾向が顕著!

まず、最初に注目したのはスプリンターズステークスで活躍する馬の脚質です。
以下はスプリンターズステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

パッと見て分かるように

”逃げ・先行馬が優勢です”

 

スプリンターズステークスは中山競馬場の外回りコースで
大きな三角形のような形をした舞台で行われます。

三角形の頂点からスタートするような形で
スタートしてからずっと緩やかなカーブが続くコースです。

4コーナーの角度もキツイので、コーナーでも加速がつけづらく
後方の馬には不利な条件が揃っているレースです。

 

 

ここでスプリンターズステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬は過去7頭いて馬券に絡んだのは3着の1頭のみ

平均的な数値と比べると著しく、低調な数値で
ある程度、前のポジションを取ることが必要である

という事が分かりますね。

 

逆に上がり3ハロン6位以下の馬の複勝回収率は89%

ここまで6位以下の数値の高いのは見た事がありません。

 

「究極の前残りレース」

と言ってもおかしくありません。

 

 

スプリンターズステークスで断然の存在はあれ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「ターフビジョン」

今週のメインレースはスプリンターズステークス

ターフビジョンではスプリンターズステークスの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「ターフビジョン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ターフビジョン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

 

 

パワーコースでも求められるのはスピード

次にスプリンターズステークスの年齢別成績を見てみましょう。

 

複勝回収率を見てみると

3歳、4歳が複勝回収率100%超えを果たしており
5歳以上の馬が100%以下

と、若い馬が有利なレースとなっています。

 

若い馬が活躍するレース=スピードレース

このブログでは何度も話している事ですが

タフな中山競馬場のレースでありながら
パワーではなくスピードが求められるのがスプリンターズステークス

このように定義することが出来ますね。

 

ちなみに馬体重別の成績を見てみると

一番成績が良いのが460kg~479kgのカテゴリ

一般的に短距離戦で強さを見せる大型馬(500kg以上)は不調で

この面からもスピード重視のレースである事が分かります。

 



 

セントウルステークス、キーンランドカップ組はどう??

次にスプリンターズステークスにおける前走レース名別成績を見てみましょう。

1位セントウルステークスと2位キーンランドカップで

【6.6.5.49】

と、大半以上をこの2つのローテーションから生んでいることが分かります。

 

では、セントウルステークス組とキーンランドカップ組

この2つの臨戦で活躍しているのはどんな馬なのか?

という事について確認してみましょう。

 

この傾向を見るのに関連性が高いのが
各ステップレースの「着順」です。

 

セントウルステークス組の着順別成績を見てみましょう。

このレースで連対している馬は回収率が100%前後の好成績を残しています。

全体を見てみると4着馬までは走破圏内。

”5着以下はノーチャンス”

と、見てよさそうです。

セントウルステークスからスプリンターズステークスは
期間が短い事もあり、勢いが大切なことが分かりますね。

 

 

もう一方のキーンランドカップ組の着順別の成績を見てみましょう。

こちらはセントウルステークスと比べると
全体レベルが下がるので、

「1着の馬以外はちょっと弱いかな」

という感じがします。

ただ、2着以下で馬券に絡んだ馬は

複勝500円を超える大穴馬

穴を狙うのであれば、キーンランドカップ負け組は狙えますね。

 

 

以上がスプリンターズステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

スプリンターズステークスは中山競馬場外回りで行われるレース

逃げ・先行馬が強いレースで、
とにかく前に行って粘り込む馬が好成績を残しています。

パワー系のコースですが、直線が短く、コーナーの角度もキツいので
スピードを持っている馬、馬体の小さい馬も十分に狙えるレースです。

主な臨戦はセントウルステークスとキーンランドカップなので
このレースで好走した馬をシンプルに買いたいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

私がオールカマー2019で注目しているのは
レイデオロではないあの馬です。

かなり面白い存在ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。