【セントライト記念2019予想】1番人気濃厚のリオンリオン、信頼性は?

Pocket

セントライト記念2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

秋競馬が始まり、クラシックの雰囲気が漂ってきましたね。

今年の牡馬クラシックは日本ダービー馬ロジャーバローズが早々に引退を決定

 

皐月賞3着、日本ダービー2着のダノンキングリーは

毎年クラシックにだけは強く、古馬になると
パフォーマンスが下がるディープインパクト産駒

という事で、ちょっと怪しい雰囲気が漂ってきました。

 

世代トップの力を持っている目される

サートゥルナーリアはダービーでコロッとしまいましたが
この馬とヴェロックスがどこまで世代を引っ張ってくれるかが

この世代のレベルを決定づけそうですね。

 

ちょっと怪しい雰囲気が漂う世代であるだけに

今週行われるセントライト記念に出走する馬も
十分にチャンスを秘めた存在だと言えそうですね。

 

そんな興味深いセントライト記念において

私が注目している馬を挙げたいと思います。

 

それでは行ってみましょう!!

 

 

セントライト記念2019で
最も注目している馬は

リオンリオン

です。

 

 

リオンリオンは前走の日本ダービーこそ惨敗しましたが
2走前の青葉賞では逃げを打って、そのままゴールまで駆け抜けました。

今回は日本ダービー5着のニシノデイジーや
弥生賞勝ち馬のメイショウテンゲンなどが出走しますが

実績で上回るリオンリオンが1番人気になる事が予想されます。

 

とはいえ、前走大惨敗しているだけに

1番人気で馬券を買うにはちょっと怪しさが残る馬だとも言えますね。

そんなリオンリオンをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

前走の日本ダービー惨敗は完全にノーカウントだと定義づけられる1戦

リオンリオンを評価する上で
最も気になる要素と言えば

「日本ダービーで15着に敗れている」

という事です。

 

日本ダービーは1000m通過が57秒8

というハイペースで逃げたので、

惨敗も仕方なし

という見方もあるかもしれませんが

2番手を追走していたロジャーバローズが
1着でそのままゴールに駆け込んだことを考えると
一概に展開のせいだとは言えません。

 



 

ただ、私はリオンリオンの日本ダービーは完全にノーカウントだと思っています。

その理由は「横山武史騎手が騎乗したからです」

横山武史騎手はデビューからまだ3年目の若手騎手で
GIはおろか重賞の勝ち鞍もありません。

 

そんな騎手が競馬の祭典である日本ダービーに騎乗したとあれば
平常心で騎乗できる訳がありません。

過去に色々な名騎手が日本ダービーについて語っているのを
聞いたことがありますが、

日本ダービーは騎手ならず競馬関係者にとって特別な存在

だという事がよく語られています。

普通のレースとも違うし、他のGIとも重みが違います。

 

横山武史騎手の騎乗内容は決して悪かったわけではありませんが

騎手が動揺していたり、緊張していたり、

という感覚は、競走馬に敏感に伝わると言われています。

 

ましてやリオンリオンは青葉賞を勝っており
日本ダービーを勝つ確率が見込める馬とあれば
さらに騎手にはプレッシャーがかかります。

この事を考えれば、

日本ダービーでのリオンリオンは
自分の持っている力を出せなかった

と解釈しない方が不自然です。

 

日本ダービーをノーカウントとして
リオンリオンの実力を考える必要がありそうです。

 

 

セントライト記念2019、
あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
セントライト記念はあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはセントライト記念

TAZUNAではセントライト記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

逃げてこその馬!本当に実力は2~4走前の成績だ!

リオンリオンの成績を見てみると

未勝利戦を勝ちあがるのに3戦を要し

500万条件を勝ちあがるのに更に3戦を要しています。

 

これだけを見るとただの詰めの甘い馬に見えますが

リオンリオンの過去のレースを見てみると

4走前の水仙賞からグッとパフォーマンスが上がっています。

 

デビュー戦から5戦目の若駒ステークスまでは
福永祐一騎手が手綱を取っており

リオンリオンに道中は控えて折り合い
直線で末脚を伸ばす競馬に終始していました。

 

ただ、祖母であるGI馬トゥザヴィクトリーが脚を溜めても
全くいい脚が使えなかったように

リオンリオンも脚を溜めて良いタイプではありません。

 

そして、4走前に横山典弘騎手が手綱を取ってからは

リオンリオンに溜める競馬ではなく、
前々でスタミナを活かす競馬をさせるようになりました。

水仙賞は今まで逃げた経験がなかった事からも
スタートしてからすぐに後ろに下げてしまった中

1コーナーまでに強引に先行集団に取り入り
終始外々を回りながらハイペースを追走して
最後は後方の馬に差されてしまう

という全てが裏目に出たような競馬をしながらも0.2秒差の3着

負けはしましたが、ワンランク上のパフォーマンスを見せてくれました。

 

そして、3走前の大寒桜賞を完勝すると

2走前の青葉賞でもランフォザローゼスを抑えて勝利と
リオンリオン本来の力を発揮できるようになりました。

 

この2~4走前の成績とレース内容がリオンリオンの真の力だと言えますし

今回も横山典弘騎手が手綱を取ってくれるので
青葉賞と同様のパフォーマンスを発揮してくれることが期待できます。

 

1番人気でもマークしなくてはいけない存在だと言えますね。

 




 

以上、2つの理由から

セントライト記念2019で
最も注目をしている馬は

リオンリオン

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

日本ダービーでは果敢に逃げたものの
15着と大敗してしまったリオンリオンですが

鞍上横山武史騎手のキャリアを考えると
負けて仕方なしの競馬だったと言えます。

青葉賞、大寒桜賞、水仙賞と脚質を逃げに変更してからは
ワンランク上のパフォーマンスを見せており

セントライト記念でも十分に力を発揮してくれることが期待されます。

 

今回は1番人気になると思いますが、
上位に評価をしなくてはいけない存在です。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

セントライト記念2019で私が注目している馬はもう1頭の有力馬

こっちの馬も無視しちゃいけないですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ