【紫苑ステークス2019予想】カレンブーケドールを脅かすのはあの馬!

Pocket

紫苑ステークス2019に出走を予定している
出走予定メンバーの中で、最も注目している馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

夏競馬が終わり、いよいよ秋競馬ですね~

今年の春競馬は競馬界を背負う主役たちが
思うような活躍が出来なかった季節だと思うんですよね~

 

日本ダービーで断然人気を背負いながら4着に負けた 

サートゥルナーリア


(日本ダービー勝ち馬の ロジャーバローズ)

 

 

現役最強でGI5連勝の後に出走した安田記念で3着に敗れた

アーモンドアイ


(安田記念勝ち馬 インディチャンプ)

 

馬場の問題もあったと思うんですが
強い馬が勝てないような競馬が続いたので

秋も一波乱あるんじゃないかと思っています。

 

今週行われる紫苑ステークスで断然人気が予想される
カレンブーケドールもオークスで大穴を開けた馬

一躍トップホースの仲間入りをしましたが

秋初戦となる紫苑ステークスを無事にクリアできるのか?

 

レースが待ち遠しいですが

私が紫苑ステークスで注目している馬を挙げたいと思います。

 

それでは行ってみましょう!!

 

 

紫苑ステークス2019で
最も注目している馬は

レッドベルディエス

です。

 

 

レッドベルディエスはまだキャリア4戦で
上がり目の見込める馬ですが

唯一出走した重賞クイーンカップでは5着と
クロノジェネシス、ビーチサンバに完敗しているので

今回の紫苑ステークスでも
3~5番人気あたりに収まりそうな存在です。

 

そんなレッドベルディエスをなぜ注目しているのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

注目できる理由とその根拠について

底が見えないディープ産駒で上昇が見込める1戦

冒頭でも話した通りレッドベルディエスは
まだ4回しかレースに出走していません。

 

レッドベルディエスの父親はディープインパクトですが

ディープインパクト産駒はレースを使えば使うほど
消耗していくという特徴があります。

 

ですので、毎年3歳時には大活躍するディープインパクト産駒も
古馬になると徐々に成績を落としてくるのがパターンです。

 



 

しかし、レッドベルディエスはまだ4回しか出走しておらず
重賞レースに関してはまだ1回しか出走していません。

消耗度の少ない下級条件とあっさりと負けてしまった重賞

加えて間隔をしっかりと空けてレースを使っている事を踏まえると

レッドベルディエスはまだフレッシュな状態で
紫苑ステークスを迎えることが出来ます。

 

レッドベルディエスの馬体重を見てみると

デビュー戦は438kgだった馬体が
1戦ごとに徐々に馬体を増やしていき

4戦目だった前走では460kgまで増えています。

 

これはレッドベルディエスが成長している事を示していますし

更なるパフォーマンスアップが期待できます。

 

前走の織姫賞は前残りの流れを
後方から差し切って勝っていて

着差以上に余裕のある内容でした。

今回の紫苑ステークスではレッドベルディエスの能力が開放され、
100%に近いハイパフォーマンスが期待できます。

 

 

紫苑ステークス、勝利宣言が出ているのはあの馬!

今週「GLORIA(グロリア)」の無料会員に登録してくれた人には
紫苑ステークスの厳選情報を無料で提供します。

「GLORIA(グロリア)」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「GLORIA(グロリア)」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「GLORIA(グロリア)」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

上位陣とは違った武器を持っている点

今回の紫苑ステークスの想定オッズを見てみると

1番人気 カレンブーケドール

2番人気 パッシングスルー

となる事が予想されます。

 

2頭とも強い馬ですが、両馬とも
持久力を活かして粘り込むタイプの馬です。

 

紫苑ステークスは上がりの脚を使える馬の方が活躍するレースです。

過去10年の紫苑ステークス上がり3ハロン順成績を見てみると

 

と、上がりの脚が速い馬が活躍しています。

 

レッドベルディエスの過去4戦の上がり
3ハロンのタイムと順位を見てみると

前走 織姫賞 36.4秒(3位)

2走前 クイーンカップ 33.8秒(5位)

3走前 未勝利戦 33.6秒(2位)

4走前 新馬戦 33.7秒(2位)

負けたクイーンカップは平凡な上がりですが
好走したレースは毎回上位の上がりを使っています。
(極端な位置から競馬をしないので1位にはなっていませんが)

 

今回の紫苑ステークスではレッドベルディエスの
末脚が生きる流れになる可能性は高く

持っている武器(末脚)の違いで上位に入る可能性は十分にあります。

 




 

以上、2つの理由から

紫苑ステークス2019で
最も注目をしている馬は

レッドベルディエス

だと結論づける事が出来ます。

 

 

まとめ

春シーズンはトップホース達に完敗していたレッドベルディエスですが、
間隔を空けて大事に使われているので

消耗度合いは皆無で、逆に成長が見込めます。

今回人気上位になるであろう

カレンブーケドール、パッシングスルーとは

脚質が違うので、2頭が先頭争いをして
バテたところを差してくる

というシーンは十分に考えられそうです。

 

ある程度人気になると思いますが、
今回は上位に評価をしなくてはいけない存在です。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

紫苑ステークス2019で私が注目している馬はもう1頭の有力馬

こっちの馬も無視しちゃいけないですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ