【セントウルステークス2019予想】絶対に馬券を買わないのは前走好走のあの馬

Pocket

セントウルステークス2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

今週の新潟記念では

1番人気の レイエンダ を推しました。

 

新潟記念の切り馬レイエンダについては
結構自信があったので、堂々と話したんですが

「あれっ?新潟記念って他にも切れる馬いるじゃん!」

と、思った事で「おかわり企画」を行い
2頭目の切り馬について取り上げました。

 

2頭目の挙げた馬は ジナンボー

 

そうです、あわや勝つんじゃないかという競馬で
2着に食い込んだ名牝アパパネの子供です。

これぞ「蛇足」ですよね~

 

せっかく1番人気のレイエンダを切って
ちょっとカッコいいところを見せたのに

まさかの後出しじゃんけんをした6番人気に来られるとは…

切なすぎる結末ですが、これも人生です。

 

こんなたった1回の失敗にめげずに

セントウルステークスの危険馬にいってみましょう!!

 

 

セントウルステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

タワーオブロンドン

です。

 

 

タワーオブロンドンは重賞を3勝している実力馬で
1200m戦に挑んでからも

函館スプリントステークス 3着

キーンランドカップ 2着

と、しっかりと実績を残しており

セントウルステークスでも人気になる事が予想されます。

 

そんなタワーオブロンドンがなぜ
セントウルステークス2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

危険視している馬の不安要素

1200m戦は本質的に向いていないか…

タワーオブロンドンは前走のキーンランドカップで2着に入りましたが
スタートダッシュが遅く、ペースについていけていませんでした。

これは2走前の函館スプリントステークスにおいても
同じような事が言えます。

 

タワーオブロンドンはパワーが勝ったタイプの外国馬で
スピードで勝負するタイプではありません。

ですので、初めての1200mとなる
函館スプリントステークスではペースに慣れないかなと判断して
馬券からは切っていたのですが

7頭立てと言う少頭数ながら案の定ペースについていけず
逃げた馬、番手の馬に先着を許してしまいました。

 

1200m戦2戦目となるキーンランドカップでは
実は私はタワーオブロンドンを本命にしていました。

理由としては1200m戦が2戦目となるので
ある程度ペースにも対応して

前走のような不完全燃焼にはならないだろうなと判断したからです。

 

しかし、結果的にはキーンランドカップでも
ペースについていけず、後方からの追走となりました。

 

結果的に前崩れになったので2着に来られましたが

この内容を見ると

「タワーオブロンドンにとって1200mは短い」

と言えます。

 

セントウルステークスは1200m戦の中でも
前が止まらない開幕週でのレース

タワーオブロンドンには最も向かない舞台ですね。

 

 

セントウルステークスで勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料でセントウルステークスの勝負馬と馬券買い目情報を教えます。

セントウルステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

 

 

楽な展開からの臨戦は負担に感じる可能性大

先ほども少し触れましたが、タワーオブロンドンが前走出走した
キーンランドカップは前崩れの展開になりました。

後方12番手という物理的に難しい位置取りから
2着まで差して来られたのは、

逃げ・先行馬が垂れた事が大きな要因となっています。

 

つまり、

「展開に恵まれたレースだった」

と言えます。

函館スプリントステークスではスローペースに
持ち味を殺されてしまったタワーオブロンドンにとって

”苦しい展開の競馬をした後の楽な展開の競馬”

という走りやすい条件でした。

 

 

今回のセントウルステークスは開幕週に行われるレースです。

過去10年の4コーナー順位別成績を見てみると

 

と、明らかに逃げ・先行馬が有利な舞台

タワーオブロンドンにとっては
向かない展開になる事が予想されますし

楽な展開を経験した後だけに、苦しい展開に面すると
よりパフォーマンスが下がる事が想定されます。

今回のセントウルステークスは苦しい条件が揃いましたね。

 




 

以上、2つの理由から

セントウルステークス2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

タワーオブロンドン

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

キーンランドカップ、函館スプリントステークスと
連続で馬券に絡んでいるタワーオブロンドンですが

本質的にスプリント戦は短い馬です。

また、展開が向いたキーンランドカップと比べると
今回のセントウルステークスは前が残る展開になる事が予想され
タワーオブロンドンにとっては厳しい流れになりそうです。

 

タワーオブロンドンにとって前走以上に好走できる要素はなく
パフォーマンスを下げることが予想されます。

セントウルステークスではタワーオブロンドンを切って勝負したいですね。

 

 

MOTOの今週の重賞で注目している馬

私が重賞で注目している馬はブログランキングにて毎週更新しています。
(月曜日から火曜日くらいに更新する予定です)

セントウルステークス2019で私が注目している馬は
近2走は力を出せていませんが、そろそろがありそうなあの穴馬です。

人気急落必至で、良い感じですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ