紫苑ステークス2019の過去10年データ分析|適性の偏りが求められるレース

Pocket

紫苑ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
紫苑ステークス2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

長かった夏競馬も終わり、今週から秋競馬が始まりますね。

秋競馬は私が一年で一番好きな時期なので
この中山開催と阪神開催は意気込みが半端ないです。

 

と、京成杯オータムハンデ、セントウルステークスでも
同じような事をいいましたが

今週行われる紫苑ステークスは注目度の高いレースですよね~

 

昨年の勝ち馬ノームコアは秋華賞には出走しなかったものの
翌年のヴィクトリアマイルを勝利

その前にも、ディアドラ、ヴィブロス、ショウナンパンドラが

紫苑ステークスを経由して秋華賞を勝利。

 

ローズステークス以上に良績を収めているんですよね~


(2017紫苑ステークス ディアドラ)

 

重賞に昇格したこともありますし

ゆったりと走れるローズステークスよりも
激戦になりやすい紫苑ステークスの方が

秋華賞のコースと親和性がある

という理由もあるんでしょうね~

 

今年はローズステークスの方に有力馬が集まっている感じがしますが

紫苑ステークスを使った馬にも注目が必要です。

 

その前にしっかりと紫苑ステークスのデータを
頭に叩き込んでおかないといけないですね。

という事で、紫苑ステークス2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

紫苑ステークス2019は中山競馬場芝2000mで行われています。

開幕週の中山競馬場で行われる重賞という事で

”レースの流れ” と ”中山適性” が重要となるコースですね。

 

そんな紫苑ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

紫苑ステークス、過去10年のデータ分析

開幕週なのに先行馬は不振!タフな流れになるレース

まず、最初に注目したのは紫苑ステークスで活躍する馬の脚質です。
以下は紫苑ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

中山競馬場の開幕週で行われる重賞レースですが

”逃げ・先行馬が苦戦しています”

 

普通、開幕週というと逃げ・先行馬がそのまま残る流れが多くなりますが
紫苑ステークスではそうなっていません。

なぜでしょうか??

 

 

ここで紫苑ステークスの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン1位の馬は単複ともに200%超え

上がりの速い馬が好成績を残しており
上がり3ハロン6位以下の馬が苦戦しているように

差し馬有利の流れになっています。

 

 

中山競馬場はもともとタフなコース設定になっている上に

ローズステークスのように賞金が十分に足りている馬が出ず
秋華賞への権利獲りを狙っている馬が出てくるので

激しい流れになりやすい、という事が分かりますね。

 

 

紫苑ステークス、勝利宣言が出ているのはあの馬!

今週「GLORIA(グロリア)」の無料会員に登録してくれた人には
紫苑ステークスの厳選情報を無料で提供します。

「GLORIA(グロリア)」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「GLORIA(グロリア)」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「GLORIA(グロリア)」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

有力馬が避ける激しいレースでスタミナは必須

次に紫苑ステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

 

前走で500万条件、1000万条件を走った馬が
馬券絡みの6割以上を占めています。

 

先ほども話した通り春に実績を出した有力馬は
消耗度合いの低いローズステークスを選択するので
オープンクラスの馬はどうしても手薄になります。

その分、条件戦を走っていた馬に有利になります。

 

 

次に紫苑ステークスの過去10年における種牡馬別成績を見てみると

2位にディープインパクトの名前がありますが
回収率を見てみると苦戦傾向にあります。

 

その分、シンボリクリスエス、ハービンジャー、マンハッタンカフェ

といったスタミナを保有した馬が活躍をしています。

 

中山芝2000mは難しい舞台ですからね。

スタミナと精神的なタフさは必須ですね。

 



 

夏場を制した勢いがあるとGood!!

次に紫苑ステークスの前走着順別成績を見てみましょう。

回収率の面でいうと、前走6~9着の馬が良いですが
前走1着だった馬の成績はとても優秀です。

これは条件戦上がりの馬が、前走を勝って
紫苑ステークスも勢いのままに好走している事が分かります。

 

紫苑ステークスの舞台は純然たる能力勝負という形ではなく

気持ちのタフさが必要な舞台になっているので
前走を勝った勢いというのは大きな武器になります。

精神力よりのレースである事が分かりますね。

 

ちなみに枠順別の成績を見てみると

全体的に大きな差はありませんが

5~7枠が安定した走りを見せています。

 

かなりタフな流れになるので
揉まれない外目の枠の方がスムーズに競馬出来そうですね。

 

 

以上が紫苑ステークス2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

紫苑ステークスは開幕週の中山競馬場で行われるレースですが
逃げ・先行馬には厳しい舞台になっています。

タフなコース設定なので、体力に優れた馬が活躍して居ますし
精神力にもタフな馬の方が強いレースですね。

 

春に実績を残した馬はローズステークスへ向かいがちなので
紫苑ステークスに適性のありそうな体力よりの馬を
狙っていくと高い期待値の馬券を買えそうですね。

 

 

私が紫苑ステークス2019で注目しているのは
このレースで好走する条件を兼ね備えたあの馬です。

人気薄での一発を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑