キーンランドカップ2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬はあの馬だ!

Pocket

キーンランドカップ2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた札幌記念2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週の札幌記念はブラストワンピースが勝ちましたね~

本質的に得意ではない、最内枠でどんな競馬をするのかなぁ

と、思っていましたが、ほぼ現状考えうる正解の乗り方をしてくれました。

 

 

すごく体力のあるタイプの馬なので

本当は2,3番手で折り合って先行押し切り

みたいな戦法があうと思うんですが

ずっと先行させていませんでしたからね。

 

川田騎手も前の位置をとろうとしていましたが
そんなに簡単には前には行けないよね

という感じでした。

 

騎手が替わってブラストワンピースの長所を伸ばす
騎乗をしてくれたので、今後ブラストワンピースはもっと強くなるかもしれません。

凱旋門賞で消耗しなければ…

の話ですけどね。

 

という事で、キーンランドカップ2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

キーンランドカップ2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

キーンランドカップ(札幌芝1200m)の
過去10年における傾向(データ)を見てみると

・逃げ、先行馬が圧倒的に強いレース

・パワーのある馬が強いレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、先週とは違い
良馬場で行われそうですね。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ナックビーナス

昨年のキーンランドカップ勝ち馬で
高松宮記念3着の実績があるナックビーナス

今年は前走で香港遠征をしており
前々走の高松宮記念で惨敗と
昨年と比べてリズムが良くありませんが
地力面で見ると侮れない存在です。

ただ、気分よく先行してパワーで粘るタイプの馬なので
今回の最内枠はナックビーナスにとって大きなマイナスですね。

 

2枠4番 セイウンコウセイ

今年の高松宮記念では2着と華麗な復活を遂げて
前走のCBC賞でも馬場が悪い中、3着になったセイウンコウセイ

完全復活を思わせるレースぶりである事に加えて
気分よく先手を取りやすい内目の偶数枠は
セイウンコウセイにとってベストの枠順だと言えます。

 

4枠7番 タワーオブロンドン

前走の函館スプリントステークスでは初めてのスプリント戦という事で
緩いペースながらも流れに上手く乗れなかったタワーオブロンドン

今回のキーンランドカップでは真ん中の枠をゲットしました。
本質的には外目の枠がいい馬ですが、外目だと距離ロスがある分
ポジショニングを下げてしまう可能性がある事を考えると
7番枠はちょうどいい枠順だと言えますね。

 

4枠8番 シュウジ

前走の函館スプリントステークスでは無念の除外となったシュウジ

3年前のキーンランドカップでは1番人気で3着と
この舞台における適性はある馬です。

もともと体力がある馬ではないですし
往年のようなスピードもないので
様子を見ながら走れる4枠8番という枠順は
シュウジにとって競馬しやすい枠順だと言えますね。

 

 

キーンランドカップ2019、あの馬を買わない人はハズレ確定!!

徹底分析して出てきた結論から
キーンランドカップはあの馬の独壇場!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはキーンランドカップ

TAZUNAではキーンランドカップの無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

 

 

5枠10番 アスターペガサス

前走の函館スプリントステークスでは2番手追走から
タワーオブロンドンの追撃を抑えて2着に粘ったアスターペガサス

特に内でも外でもこなせるタイプの馬ですが
真ん中の10番枠は良いところに入ったと言えますね。

順調に使われている強みを生かして
ダノンスマッシュやタワーオブロンドンに挑みたいですね。

 

6枠11番 ライオンボス

前走のアイビスサマーダッシュではロケットスタートを見せて
そのままゴールまで先頭を守ったライオンボス

今回はコーナーのあるキーンランドカップという事で
その実力は半信半疑ではありますが
先頭を切らないと力を出せないタイプの馬なので
揉まれない外枠は歓迎材料だと言えますね。

 

7枠13番 ダノンスマッシュ

高松宮記念では横綱競馬を見せながらも
内有利の馬場に屈して4着に敗れたダノンスマッシュ

スピードと立ち回りの上手さが最大の武器である
ダノンスマッシュにおいて、もう少し器用さが活かせる
内目の枠の方が良かったですね。

あとはGIを本気で狙う馬にとって
除外明けのローテーションでも迎える
今回のキーンランドカップでどこまで本気度があるか、ですね。

 

8枠16番 リナーテ

函館スプリントステークス除外の鬱憤を晴らすかのように
前走のUHB賞では後方から豪快に追い込んで勝ったリナーテ

京都牝馬ステークス、京王杯スプリングカップと連続2着で
既にG3クラスでは勝ち負けレベルの地力を見せていますが
今回のキーンランドカップでは大外枠を引いてしまいました。

前走も勝負所で若干もたついたように
距離ロスを被る大外はプラス材料とは言えません。

武豊騎手がどの位置につけるのか、注目ですね。

 



 

まとめ

キーンランドカップ2019で良い条件の枠をゲットしたのは

2枠4番 セイウンコウセイ

4枠7番 タワーオブロンドン

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

札幌を締めくくる重賞となるキーンランドカップ

どの馬が勝つのか、注目ですね。

 

 

私がキーンランドカップ2019で注目している馬は
枠順は微妙でも、現在成長期にあるあの馬です。

展開には気を付けたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑