キーンランドカップ2019の過去10年データ分析|いかにも夏場らしい傾向が…

Pocket

キーンランドカップ2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
キーンランドカップ2019で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はキーンランドカップが行われますが
私はこのレースを現地で観戦していました。

東京在住の私にとって、なかなか北海道まで行く機会がなく

「札幌競馬場なんて行く機会ないだろうなぁ」

って、思っていたんですが

昨年札幌に行く機会に恵まれたので
「これはいかなきゃいけない!」と
思って、ちょっとでしたが立ち寄りました。

 

主戦が東京競馬場である私にとって
札幌競馬場はなんだか競馬場ではなく、
別のテーマパークに来たような気分になりました。

すごくアットホームで温かい雰囲気でしたよ。

 

私は勝つことに拘った予想スタイルで馬券を買っていますが

その根底には ”競馬を楽しむ”

というテーマがあるので、色々な競馬場に遊びに行きたいですね。

 

という事で、キーンランドカップ2019のデータ分析に行っていきたいと思います。

 

 




 

 

キーンランドカップ2019は札幌競馬場芝1200mで行われています。

小回りの札幌競馬場で行われる重賞という事で

”機動力と枠順”

が重要となるコースですね。

 

そんなキーンランドカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

キーンランドカップ、過去10年のデータ分析

小回りの短距離戦、もちろん先行馬が優勢

まず、最初に注目したのはキーンランドカップで活躍する馬の脚質です。
以下はキーンランドカップでの4コーナーでの順位別成績です。

この成績を見てみると「先行馬有利」が顕著に出ていますね。

 

ここはシンプルな理論になりますが

小回りの短距離戦なので、物理的に先行した馬が有利になります。

うーん、分かりやすい。

 

ここでキーンランドカップの過去10年における
上がり3ハロン順位別成績を見てみましょう。

上がり3ハロン順位が1位の馬、2位の馬は
回収率150%以上の水準を保っていますが

複勝率は40%前後と低迷しています。

 

末脚の破壊力よりも、いかにうまく前のポジションを取って
ゴールまで粘り込めるかがポイントになりますね。

 

 

キーンランドカップはあの馬を買っておけば楽勝!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料でキーンランドカップの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

 

 

四の五の言わず牝馬だけを買っとけ!というレース

次にキーンランドカップの牝馬成績を見てみましょう。

 

複勝率が全体の数値より約10%上

複勝回収率は全体の数値より約40%上

という、圧倒的な力を発揮しています。

 

まさに夏は牝馬というのに最適な傾向を見せていますね。

 

ちなみにキーンランドカップの過去10年における
種牡馬別成績を見てみると

ダイワメジャー、クロフネ、スウェプトオーヴァーボード、

オンファイア、ファルブラヴ、ウォーエンブレム

といったパワータイプの種牡馬が上位にランクイン

 

牝馬が優勢でも洋芝をこなせる
パワー型の馬が強いレースである事が分かりますね。

 



 

夏場の暑い時期での連戦は禁物!

次にキーンランドカップのレース間隔別成績を見てみましょう。

3週(中2週)で出走した馬はほぼ全滅

4週(中3週)で出走した馬も複勝率は冴えないように

レース間隔を詰めた馬の成績は非常に悪いです。

 

近年の夏の暑さは北海道にいても異常なレベル

間隔を詰めてレースを使う馬は
確実に体力を削られている事が分かります。

 

最後にキーンランドカップの前走レース名別成績を見てみます。

もっともナチュラルに見える函館スプリントステークスからの臨戦は

複勝率こそ悪くありませんが、回収率はかなり低いです。

そして、札幌で行われるUHB賞(以前はUHB杯)経由の馬も
全く言っていいほど成績を残せていません。

 

余力がどれだけ残っているのか?

という点に重視して予想をしたいですね。

 

 

以上がキーンランドカップ2019を攻略するための主たるデータです。

 

まとめ

小回りの平坦コースとかなりトリッキーな条件で行われる
キーンランドカップは、理屈通り先行馬が有利です。

また厳しい夏場に行われる重賞なので
使い詰めで体力を削られている馬は厳しいレースです。

そして、牝馬の成績が圧倒的に良いので
牝馬を積極的に狙っていくと、期待値の高い馬券が買えそうですね。

 

 

私がキーンランドカップ2019で注目しているのは
ここで力をフルに発揮できそうなあの牝馬です。

ここは一発狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。