【北九州記念2019】昨年王者アレスバローズは馬群に沈む!!

Pocket

北九州記念2019に出走を予定している
馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬について
根拠を交えながら話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

毎週行っている

「今週の危険な人気馬」のコーナー

 

今週は札幌記念が行われるので

「さあ、MOTOは何を切ってくれるんだ??」

というような感じで、わざわざ

「今週、MOTOさんは○○を切るでしょ?」

 

というようなメッセージまで頂いていたのですが

「札幌記念で切れる人気馬はいない!!」

という結論に達しました。(泣)

 

 

もうこればかりはどうしようもないんですよね~

だって、切る要素に乏しいんですもん。

 

嘘をついてもしょうがないし、
当てずっぽうをいってもしょうがないので

今週の切り馬は北九州記念にすることにしました。

 

という事で、注目度は低いと思いますが

北九州記念の危険馬にいってみましょう!!

 

 

北九州記念2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

アレスバローズ

です。

 

 

アレスバローズは昨年の北九州記念の勝ち馬

前走のCBC賞では久しぶりに力を見せて2着に入り
夏馬である事を誇示した実力馬です。

その実績と能力から北九州記念でも人気になる事が予想されます。

 

そんなアレスバローズがなぜ
北九州記念2019で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

それでは、いきましょう。

 

 

MOTOの無料競馬メールマガジンへのご案内

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

 

アレスバローズの不安要素

昨年の出来を期待するのは酷?斤量面も厳しいか

アレスバローズは昨年北九州記念を勝っていますが
北九州記念に出走する前に出たCBC賞でも勝っていました。

それ以前はオープン特別でも馬券に入れないような
イマイチの走りが続いていたので
昨年の夏に一気にピークに達したといえる馬です。

 

一般的にディープインパクト産駒は
レースを使えば使うほど消耗していきます。

(成績を見てみると年齢を重ねるごとに綺麗に成績が落ちています)

アレスバローズは昨年のCBC賞を勝つまでは
消耗度合いの高いレースを使っていませんでしたが

重賞を連続して勝った事で消耗度合いが上がってきました。

 

その証拠に、北九州記念を制した後は
GIスプリンターズステークスに出走し14着と惨敗

その次に出走した京阪杯でも10着と惨敗しています。

 

今年に入って出走したシルクロードステークス
高松宮記念、CBC賞では勝ち星こそないものの
悪いレース内容ではないことから

徐々に使い減りしている事が想定されます。

 

 

そして、北九州記念はハンデ戦

昨年は56kgで出走できましたが

その後、実績を重ねた事で今回は57kgでの出走

 

勢いを失い、徐々に能力が削られている
アレスバローズにとって苦しい条件である事に変わりはありません。

 




 

いかにも2走ボケしそうなローテーションは危険

アレスバローズは前走のCBC賞で2着と復活した事で

「強いアレスバローズが戻ってきた!今年の北九州記念もいける!」

と、思う方は多いと思いますが

私は前走の2着は危険なサインだと見ています。

 

昨年はレースを使いながら状態を上げていき
CBC賞、北九州記念を連勝という形でしたが

今年のCBC賞は休み明けでの参戦でした。

 

休み明けでありながらマイナス4kgと馬体を減らし

57.5kgのハンデを背負い
決して得意とは言えない不良馬場で出走しての2着

かなりの力を使わないと出来ない芸当です。

 

叩き2走目というのは状態が大きく上がる事が期待されますが

2走ボケという言葉があるように

いきなり好走してしまうと、その次のレースでは
反動がきて凡走してしまう

という事は良く起こる事です。

 

今回のアレスバローズは

いかにも2走ボケしそうなローテーションで
北九州記念に出走しているので、過度な期待は禁物です。

 

 

以上、2つの理由から

北九州記念2019で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

アレスバローズ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

昨年の北九州記念を制しており
今年も前走のCBC賞で好走して復活を予感させる
アレスバローズですが、前走激走の反動は心配です。

また、昨年はレースを使いながら徐々に調子を上げていき
重賞連勝を果たしましたが、何度も重賞(GIを含む)に
出走しているアレスバローズに上がり目は望みづらく
昨年ほどの勢いはない事が想定されます。

 

これらの点からアレスバローズは北九州記念において
危険な人気馬であると言えます。

北九州記念ではアレスバローズを切って勝負したいですね。

 

 

北九州記念2019で私が注目している馬は
アレスバローズとは違い、ここに向けて調子を上げているであろうあの馬です。

混戦ムードなので、この馬は期待値が高いですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ